ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

種別変身超獣
身長65m
体重8万3千t
出身地宇宙空間
武器手の先から発射するビーム、火炎放射、スネーク光線


概要

ウルトラマンA』第6話「変身超獣の謎を追え!」に登場した超獣

ブロッケン


ヤプールワニと宇宙怪獣を基に作成した超獣で誕生過程が劇中登場している。

ケンタウロス型の姿をしており、部分が大きく上に突き出した独特の形状をしており、後部には鞭のような2本の尻尾がある。また体重は『ウルトラマンA』に登場した超獣の中ではバラバに次ぐ重量の持ち主である。

鼻からは10万度の火炎を吹き、爪の先から破壊光線を放つ。そして二本の尻尾の先からは40万度の高熱を持つビーム「スネーク光線」を放つ。

人間憑依する能力を持ち、TACの小山彰隊員(演:小林昭二)に乗り移り、TAC基地壊滅を目論む。

TAC 新星号 小山彰隊員



ところが憑依時には手の目玉と口が消えないという欠点があり、それを隠すために手袋をはめていた(変身超獣とは)。しかしながら常時手袋をしている点(と髪)以外に目立った違和感を持たせず、握手を求められた際も話術で乗り切り、就寝中に手袋の中身を見られるまで正体が発覚しなかったという具合に、かなりの知能派というか演技派である。

結局正体がバレたために本来の姿に戻って破壊活動を開始。右手に北斗星司をつかんでいたこともあり、ウルトラマンエースの変身により緒戦から右腕を吹き飛ばされるダメージを食らう。しかし火炎やビームに加え、『ウルトラマンA』登場超獣で二番目の重量のくせにメタリウム光線を走って回避して動けるデブっぷりを見せつけ、挙句スネーク光線でダウンさせるといった具合にウルトラマンエースを終始圧倒する。

最期はウルトラ兄弟の「立て、撃て、斬れ」というウルトラサインを見て奮起したエースが初使用したウルトラギロチンにより、頭部と両腕と尻尾を切断され爆発四散した(ちなみに開幕吹き飛ばされた右腕がいつの間にか再生していたりする)。

ウルトラマンエースを終始圧倒した実力から、放映当時は最強超獣の一角と評され、児童誌でのウルトラの父による採点ではゼットンより強い」スペシウム光線では効かないだろう」「エースも兄弟の力を借りてやっと倒せたので満点はやれない」とかなり手厳しく書かれた。

ちなみに、ゾフィーの最強光線・M87光線を使えば倒せるとのこと。

派生作品

漫画大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではナックル星人と手を組んだヤプールが、敵対するペダン星人全滅させるために送り込んだ超獣軍団の一体として登場。

ペダン星の基地を襲撃するが、ブラックキング隊共々キングジョーブラックの放ったペダニウムランチャー凶弾の前に倒れた。
 …するってーとペダニウムランチャーはスペシウム光線より強いってことか!?

ウルトラマンタイガ』のボイスドラマ「トライスクワッドボイスドラマ」ではグア軍団イムビーザの配下である改造ブロッケンが登場する。

余談

ジャンボキングEXタイラントは明言こそされていないがこのブロッケンが素体として組み込まれている可能性がある。

ブルマァクのソフビでは足裏の怪獣名の表記がグロッケンになっていて復刻版でも修正されていない。

関連項目

ブロッケン ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

超獣 ちょうじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「変身超獣ブロッケン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8059

コメント