ピクシブ百科事典

EXタイラント

いーえっくすたいらんと

『ウルトラマンタロウ』に登場したタイラントの進化形態。
目次[非表示]

概要

初登場作品はPS2格闘ゲームウルトラマンFighting Evolution Rebirth』。市街地で暴れまわっていたタイラント(タロウ本編とは別個体と思われる)が倒されたのちに、月面に出現する。
当初の名称は「改造タイラント」であったが、その後大怪獣バトルで登場するにあたりEXタイラントと呼ばれるようになる。

改造タイラント(EXタイラント)

実写版EXタイラント


何者かがタイラントを改造して生み出した。
ウルトラ戦士を中心としたほかのキャラを大きく上回る巨体を有し、縦だけで2倍。さらに前後に伸びた胴体にはゴモラの足が後ろ足として追加され、ケンタウロスのような体格を得た。分かりやすく言えば派手なジャンボキング
このほか、頭部にはジェロニモンの羽根飾りが追加されており、両腕の武器も大型化、体色も全体的に黒ずんでいる。あと目つきがヤバイ。
その巨体故に掴み技が通じず、改造タイラントからも掴みかかれないため、(自他含め)戦う際はほかのキャラと戦う場合とはやや戦法を変える必要がある。
基本的にタイラントのモノをベースにしたモーションで戦うほか、左手の鉄球は仕様が変わり、鉄球からを伸ばしていたタイラントと異なり、鎖に先についた鉄球ごと射出している。最強必殺技は、隕石を引き寄せてフィールドごと敵を粉砕する代物。勿論というべきか、自分は無事。

改造タイラントⅡ(EXタイラント(デスボーン))

EXタイラント デスボーン(再挑戦)


上記の改造タイラントが、さらに怨念を取り込んで復活……というより、取り込みすぎて肉体的にはすでに死んでいる状態にある。いわばゾンビ
見た目はタイラントの骨格(サイズは元に戻っている)。『帰ってきたウルトラマン』のステゴンだとかデジモンスカルグレイモンだとかに近い。上述の通り肉体的には抜け殻だが、怪獣たちの怨念が憑りついていることで活動している。まさにゾンビ
モーションはやや元のタイラントより遅く、加えて体力もほかのキャラの半分ほどしか無いためぶっちゃけ決して強くはないが、周囲に浮遊している怨念を吸収することで回復でき、一部必殺技は命中させると相手に状態異常を引き起こすことが可能。ねちっこい攻め方ができる。最強必殺技は体内から解き放たれた怨念が相手を食らい尽くすとんでもない代物。
ちなみにウルトラボーンで商品化された。

派生作品でのEXタイラント

この二体は、のちに大怪獣バトルシリーズにも登場したが、残念ながら着ぐるみは作られず映像作品には未登場である(当たり前か)。

漫画大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではペダン星人基地を壊滅させるためにナックル星人がぶつけた最強怪獣として登場。余りに強大なパワー故に全くコントロールできず、味方の超獣ブラックキングまで殺してしまったが、キングジョーブラックを軽々と全滅させる実力を見せた。ペダン星人の女将軍ドロシーの作成したバトルナイザーにより一時はペダン軍の配下に置かれるが、自力で洗脳を破り隕石落としを慣行、ペダン星人を基地ごと吹き飛ばした。主人公少年イオの操るゴモラも全く相手にならない実力を見せたが、ゴモラの超振動波で足元の地面を崩され、溶岩の中に落下した。

しかし死後もデスボーンとして復活し、ドロシーとイオの乗るキングジョースカーレットに襲いかかる。最後はキングジョースカーレットの攻撃を受け溶岩に落下し、ペダン星人たちと運命を共にした。

関連項目

ウルトラ怪獣 EXゴモラ EXレッドキング EXエレキング EXゼットン

pixivに投稿された作品 pixivで「EXタイラント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7524

コメント