ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初登場作品はPS2格闘ゲームウルトラマンFighting Evolution Rebirth』。市街地で暴れ回っていたタイラント(『ウルトラマンタロウ』本編とは別個体と思われる)が倒された後に、小惑星に出現し、凶悪な再生能力でタロウを苦しめたが、弱点の日光を浴びて弱体化した後に敗れ去る。
続いて、ウルトラマンコスモスの能力が自らの計画に支障を来たすと見たメフィラス星人カオスワロガとの交戦後の隙を突いてコスモスを異空間へ引きずり込み、置き土産として別個体を召喚したが、これもコスモスに敗れて異空間を脱出されてしまう。

当初の名称は「改造タイラント」であったが、その後大怪獣バトルで登場するにあたり「EXタイラント」と呼ばれるようになる。

改造タイラント/EXタイラント

暴君怪獣 EXタイラント


何者かによって強化改造を施されたタイラント。
ウルトラ戦士を始めとするキャラを大きく上回る巨体を有し、縦だけでおよそ2倍。さらに下半身には新たに二本の後ろ脚が追加され、四本の脚を持つケンタウロスのような姿になっており、しかもその脚はゴモラのものである
他にも、頭部にはジェロニモンの毒羽根が追加され、両腕の武器も大型化し、体色も全体的に黒ずみ、目付きや鳴き声もさらに凶悪になっているなど、邪悪且つ狂暴な印象がさらに強調されている。

ネオカオスダークネスⅡに次いで体力が多い(プレイヤーキャラクターの中では一番)。
その巨体故に掴み技が通じず、改造タイラントからも掴みかかれないため、(自他含め)戦う際はほかのキャラと戦う場合とはやや戦法を変える必要がある。
基本的にタイラントのモノをベースにしたモーションで戦う他、左手のトゲトゲの鉄球は仕様が変わり、鉄球からアンカー付きの鎖を射出していたオリジナルと異なり、鉄球ごと射出するようになっている。最強必殺技は、巨大な隕石に射出した鉄球を打ち込み、地表まで引っ張ってフィールドごと敵を圧殺するという豪快に過ぎる代物。勿論というか自分は無事。頑丈過ぎる。
ウルトラモードでは仕様上、ゲージが一定数減らされると鉄球でタロウを引き摺り回してこちらのゲージも減らされる。

改造タイラントⅡ/EXタイラント(デスボーン)

暴君怪獣 EXタイラント(デスボーン)


上記の改造タイラントが、さらに怨念を取り込んで復活した姿…というより取り込み過ぎて肉体的にはすでに死んでおり、抜け殻になった体が、取り憑いた怪獣たちの怨念の力だけで意思も持たずに動いているゾンビのようなもの
通常のタイラントがそのまま白骨化したような外観だが、その姿を詳細に記すと骨格が残ったというより全身の組織が骨化し、申し訳程度に残った黒く腐り切った組織がその隙間を埋めていると言う、地獄の亡者の形容すら生温い醜悪なものであるシーボーズステゴンの方がずっと可愛げがある。腹にあったはずの吸引アトラクタースパウトは見る影もないが、一応開閉するらしい。
ウルトラダイナマイトストリウム光線を何発食らっても復活する恐ろしい特性を持っているが、怨念を取り込み過ぎたせいで太陽光には弱くなっており、長時間太陽光を浴びると復活できなくなってしまう。

ゾンビであるだけにモーションはややオリジナルより遅く、加えて体力も他のキャラより一番少ない為、ぶっちゃけそんなに強くはないが、周囲に浮遊している怨念を吸収することによる回復や、命中した相手を状態異常に陥れることが可能な必殺技を駆使した陰湿な戦法が得意。最強必殺技は体内に内包した莫大な怨念を解放し、怨念に飲み込まれた相手を漏れ無く呪殺するというヤバ過ぎる代物。
腹部からは冷気ならぬ霊気を放つ。

ちなみにウルトラボーンで通常のタイラントが商品化されたことで、無印のEXタイラントを差し置いて商品化されたことになる。

派生作品でのEXタイラント

この二体は、後に大怪獣バトルシリーズにも登場したが、残念ながら着ぐるみは作られず、現在映像作品には未登場である(当たり前か)。

漫画『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』では、ペダン星人の基地を壊滅させるためにナックル星人がぶつけた最強怪獣として登場。強大過ぎて主人のナックル星人達でも全くコントロールが利かず、キングジョーブラックの軍団を味方の超獣ブラックキングもろとも圧倒的なパワーで薙ぎ払い、殺戮の限りを尽くす。
ペダン軍の女将軍ドロシーの作成した擬似バトルナイザーにより一時はペダン軍の配下に置かれるが、自力で支配を破って隕石落としを敢行、ペダン軍を基地ごと吹き飛ばしてしまったイオの操るゴモラも全く相手にならない実力を見せたが、ゴモラの超振動波で足元の地面を崩され、燃え盛るマグマの中に落下し絶命した。
しかし死後もデスボーンの姿でしぶとく復活し、ドロシーとイオの乗るキングジョースカーレットに襲いかかる。最期はスカーレットの反撃を受けて再びマグマへと落下し、今度こそ引導を渡されてペダン星人達と運命を共にした。

データカードダスにもEXタイラント、EXタイラント(デスボーン)共々EX7弾よりプレイアブルで参戦。EXタイラントはディフェンス以外のステータスが最大で1000を突破し最大アタック1400、最大パワー1600を誇る超パワータイプ。必殺技はゴモラの後ろ脚で立ち上がってレッドキングの前脚で相手を踏み潰す「タイラントストンピング」、吸引アトラクタースパウトから超低温の冷凍ガスを噴き出す「冷気放出」、そして前述の「隕石落とし」が設定されている。
巨大過ぎて画面からちょっと見切れているが、その巨体から繰り出す必殺技は圧巻の迫力である。そして最上位カードは堂々のウルトラレアで初収録。初登場にして暴君の貫禄をこれでもかと見せつけた。
EXタイラント(デスボーン)はパワー以外のステータスが最大で1000を超えるオールラウンダータイプ。
必殺技は怨念を乗せた紫色の炎を口から吐き出す「怨念火炎放射」、腹部から紫色のガス状の怨念オーラを噴き出す「怨念ガス」、前述の大規模呪殺攻撃「怨念全開放」が設定されている。供養してもし切れない怨念攻撃のオンパレードである。こちらの最上位カードはスーパーレアで初収録。
NEOではEXタイラントはブルトンとのタッグ必殺技が使用でき、その名も「四次元ハンマー」

ゲーム『大怪獣バトルウルトラコロシアム』ではダダに使役される個体、メフィラス星人が異次元空間から召喚した個体、メフィラス星人の使役する別個体(デスボーン)の複数体が登場するが、再生能力は見せていない。

てれびくん2011年4月号の付録DVD『ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー』ではヤプール配下の怪獣として登場している。

関連項目

ウルトラ怪獣 合体怪獣
EXゴモラ EXレッドキング EXエレキング EXゼットン

変身超獣ブロッケンジャンボキング:ケンタウロス体型のウルトラ怪獣(超獣)。
シーボーズステゴンムードンスカルグレイモン:外見が骨のモンスター。

関連記事

親記事

暴君怪獣タイラント ぼうくんかいじゅうたいらんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「EXタイラント」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「EXタイラント」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25782

コメント