ピクシブ百科事典

ステゴン

すてごん

ステゴンとは、「帰ってきたウルトラマン」に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

全長70メートル
体高20メートル
体重1万3000トン


概要

帰ってきたウルトラマン」10話「恐竜爆破指令」に登場した怪獣。別名「化石怪獣」。

小学生が発掘した恐竜の化石で、実は仮死状態になって生き存えており、発掘現場が工事されることになった際に、ダイナマイトのショックを受け復活した。
強酸性の溶解液を体から汗の様に分泌し、口からは毒ガスを吐き出す。

化石を発掘した子供たちは「ステゴンを殺さないで!」と言ったが、その危険性や死者が出た事もあって、MATが処分を決行。しかしこれは失敗に終わった。
再び暴れ出すが、ウルトラマンのスペシウム光線を背中に食らい致命傷を負ってしまう。
子供たちの意思を汲んだウルトラマンが生け捕りにしようとするが、毒ガスを吐いて抵抗されてしまう。
しかしその後麻酔を打たれて大人しくなり、ストップ光線を浴びて完全に活動を停止、宇宙に運ばれていった。

膝をつかない

ステゴンは後ろ足の膝をついていない。普通、四足歩行の怪獣を人間が演じようとすると“四つん這い”の格好となり、どうしても膝をついてしまう。
ドドンゴスーツの前後に演者が入って“直立”を表現したが、ステゴンは前足に“高下駄”を入れて膝をつかないようにしている。その為、足が長く胴体が高い位置にある、独特のシルエットを持っている。
なお、一人用のスーツとしては、キングザウルス三世に次ぐ二体目の“膝をつかない”怪獣である。(ウルトラシリーズトータルでは三体目)

レッドマン

Battle-47、49、50に登場。
一度も単独では登場せず、他の怪獣たちと同時に出現してレッドマンに戦いを挑んだ(ただし、50話では一緒に登場した怪獣を倒した後、レッドマンと一対一の戦闘を行っているため、実質的にステゴンがメインを張る形となっている)。
47話ではグロンケンとザウルス(『戦え!マイティジャック』の登場怪獣)、49話ではグロンケン、50話ではキングストロンと共に出現した。

着ぐるみは『帰マン』のものをそのまま使っているが、四足歩行でのアクションが困難だったのか、他の怪獣たちに合わせて二足歩行で戦闘を行っているため、かなり違和感がある(47話でレッドマンの方へ走っていく際にのみ四足歩行で移動している)。

関連項目

帰ってきたウルトラマン ウルトラ怪獣
シーボーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ステゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19492

コメント