ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

別名:暗黒怪獣
身長:無限大
体重:無限大
出身地:宇宙

第23話「暗黒怪獣星を吐け!」に登場


概要

宇宙天体を吸収しながら無限に巨大化していく怪獣。劇中ではザニカの故郷であるかに座北斗七星等と言った様々な惑星、天体を吸収していった。

その姿は黒い煙状の姿をしている不定形生物で、体内には地球を角砂糖1個分に圧縮してしまうほどの圧力を有している。その為、「生命を持ったブラックホールという見方もできる。

星を吐き出させるために体内に入ったウルトラマンジャックをその圧力で苦しめるものの、ブレスレットニードルで切り裂かれ、食べた星を吐き出して消滅した。


だが、よくよく考えればそんな圧力で吸収されたら天体が元に戻るはずはないが、そこは深く考えてはいけない。


また、北斗七星は地球から100光年以上離れている(つまりバキューモンが星を食ったのは100年以上前になるはず)が、作中ではバキューモンが星を吐き出してからたった一晩で地球でも観測できるようになっていた。どうなっとんねん。怪獣に人間の常識は通用しないということだろうか……。


余談

劇中ではであり、その全貌も分からなかったバキューモンだが、初期のデザイン画では人の顔のような姿の、なかなか不気味な怪獣だったようだ。

空想科学生物図鑑 暗黒怪獣バキューモン(簡易版)

また、エネルギーを吸収し膨張するという点でバルンガを連想するファンも多いが、関連性は不明。


後に、「膨張」する「暗黒怪獣」バキューモンとは逆の、限りなく「凝縮」された「光怪獣」プリズ魔という怪獣も出現した。


更にそのとんでもない規模ややった行為から、下手したらラスボス怪獣に匹敵するか、平成以降辺りならば本当にラスボスとして登場していた可能性もあると推察できる。時代が時代とは言え、よくこんなのをストーリー中盤に差し掛かろうとする辺りで一怪獣として出せたな…。


関連タグ

帰ってきたウルトラマン

バルンガ ウルトラ怪獣 超巨大怪獣


一寸法師:まさにこれな攻撃のされ方で退治された為。


ルーゴサイト:「星を喰らう」、「本来は黒いガス状の姿をしている」等、バキューモンと共通点が多く、ファンの間では近似種なのではないかという意見もある。

ベムスター:真船一雄の漫画『ウルトラマンSTORY0』において、バキューモンと規模は少し違うが惑星サイズの大きさで首が五つもある個体が登場し、ガツガツと星を食らっていた

関連記事

親記事

帰マン怪獣 きまんかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103319

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました