ピクシブ百科事典

キングザウルス三世

きんぐざうるすさんせい

「帰ってきたウルトラマン」に登場するウルトラ怪獣の一種
目次[非表示]

プロフィール

身長105メートル(体高45メートル)
体重2万7,000トン
登場第4話
別名古代怪獣


概要

帰ってきたウルトラマン

帰ってきたウルトラマン初の四足歩行型怪獣で背中の鰭が特徴で、このヒレで太陽エネルギーを吸収する。ウランを主食としており、ダンプカー100台をけろりと平らげられるほどの大食い。『ウルトラビッグファイト』によれば70階建てのビルを推し潰し、掠めただけで国会議事堂粉砕するほどのパワーを有しているらしい。
からは熱線(厳密には放射能)を放ち、は後述するバリアーを張るほかショック光線を放てる。からは催眠光線が出せるらしい。

箱根の山の中から現れた。身体全体をバリアーで守る事ができる為ウルトラマンジャックの得意技である数々の光線技を防いだ。
その影響でジャックを追い込むが、光線技ではない必殺技流星キック」を会得したジャックにバリアーを出す為の角をへし折られてしまい、首を蹴り上げられてぶん投げられてしまう。これは敵わぬと逃げようとした背中に今まで防いでいたスペシウム光線を受け絶命してしまった。

「空飛んで真上からスペシウム撃てばいいじゃん」は禁句である。

ウルトラマンSTORY0

ウルトラレディ・ソラ対キングザウルス(story0版)


漫画ウルトラマンSTORY0』ではウルトラマンジャックが訪れた海洋惑星に生息する怪獣として登場。ラゴンに似た水棲人類からは「魔王」、「怪獣王(キングザウルス)」と恐れられていた。
元はヒレ状の手足を持つ首長竜のような姿だったが、ジャックが破損した変身用のブレスレットのプラズマ鉱石を食べた事により陸上にも適応できるように進化した。陸上生活を始めた水棲人の村を襲い一度はジャックに片目を潰され退散。その後ヒレを完全な足に変え片目も再生し再度村を襲うが、変身能力を取り戻したジャックに倒された。

余談

  • 元々は没エピソード『呪われた怪獣伝説』(脚本:伊上勝)の古代アトランティス人に品種改良された怪獣キングザウルスの末裔という設定で、名前の「三世」はその名残。
  • 後ろ足の膝をつかない四足歩行怪獣であり、一人用の着ぐるみとしてはウルトラシリーズでは初である(二人用に限ればドドンゴが最初)。
  • 頭部はフェミゴンに改造された。
  • デザイン画の時点では頭の角が短く頭が小さめだった。
  • 脚本では工事現場から出現する場面が存在していた。

怪獣バスターズパワード

パワードで新規登場した怪獣の一体。
防具をザウルスシリーズ/KZオリジンシリーズで統一するとMAリンク『カウンターガード』が発動し、攻撃を受けた後一定時間防御力が10%上昇する。

キングザウルス三世(ノーマル)

ミッション『第3のキング』『古代恐竜』『4大キング』『レラトーニ怪獣決戦(ランダム)』『王の名を持つ者』(惑星レラトーニ)、『てっぺきのバリア』『とぎすました二本角』『ジャングルパニック』『ピリカ怪獣決戦(ランダム)』(惑星ピリカ)に出現。
旋回、突進踏みつけ、角からの光線、口からの熱線、地中潜行からの奇襲、バリアー等の能力を持つ。原作どおり、角を破壊して能力を封じることも可能。
ドロップする素材アイテムは『王者』『まがった角』『細く長いしっぽ』『ウランぶくろ』『バリアーセル』『王者のせびれ』『まがった長角』『太く長いしっぽ』『白の玉』『シールドチップ』および『シールドチップ+』。フリーズロック成功時は『白銀クォーツ』が得られる。
研究によって開発できるのは『ザウルス防具』『ザウルス防具Ⅱ』『エンシェントソードⅢ』『ダブルホーン』『ジャイアントホーン』および『ディノブースター』。10体倒すと『恐竜マニア』の称号が得られる。

キングザウルス(祖種)

キングザウルス三世の祖先とされる褐色の種。
ミッション『原始の大怪獣』『はじまりの恐竜』『ピリカ怪獣決戦(ランダム)』(惑星ピリカ)に出現。
戦闘スタイルは三世に近いが、主人公を閉じ込める形でバリアーを使用してくる。
ドロップする素材アイテムは『強者の皮』『まがった角』『細く長いしっぽ』『ウランぶくろ』『バリアーセル』『強者のせびれ』『まがった長角』『太く長いしっぽ』『白の玉』『シールドチップ』および『シールドチップ+』。フリーズロック成功時は『白銀のクォーツ』が得られる。
研究によって開発できるのは『KZオリジン防具』『KZオリジン防具Ⅱ』『はじまりの剣』『ジュラシックホーン』および『グランドブースター』。10体倒すと『原始マニア』の称号が得られる。

キングザウルス二世

ウルトラマンオーブ 完全超全集』に収録されているウルトラマンオーブクロニクルのエピソード5-1「ルサールカより愛をこめて」に登場したキングザウルス三世の同族と思しき怪獣。属性は光。
20世紀初めごろである1908年に魔王獣復活の兆しである太陽光線の異常によって溶け出したツンドラ地帯の永久凍土から復活、バイカル湖に現れ、湖畔の集落を襲撃するが、ウルトラマンオーブに撃破される。尚、地元の貴族がこの怪獣の一部を持ったガイの写真を撮っていた。またジャグラスジャグラーがダークリングでこの怪獣のカードを入手し、超コッヴプリズ魔のカードと共にマガゼットン復活に利用した。
ちなみに上記の写真がTV本編で登場していた為、一応カメオ出演(といっても尻尾の部分のみだが)しているといえばしている。

関連タグ

帰ってきたウルトラマン ウルトラ怪獣 ウラン バリアー
ゴジラパゴスガボラ:こちらもウランが主食で、放射能を吐くという共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「キングザウルス三世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27864

コメント