ピクシブ百科事典

フェミゴン

ふぇみごん

フェミゴンとは、『帰ってきたウルトラマン』及び『ウルトラマンメビウス』に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ


別名:ひとだま怪獣(帰マン)/人魂怪獣(メビウス)
身長:70m
体重:5万t

帰ってきたウルトラマン

第47話「狙われた女」に登場。
元々は高い知能を持つ人魂のような宇宙生物
実体を持たないが、物体生物憑依することで怪獣化する性質を持つ。

時期は不明だが地球に飛来し、地球上で行動するためにMATの隊員に憑依した。そのため丘隊員は人間時に通信電源を切るなど、普段ではありえないミスをしている。
怪獣に変化すると、房総半島コンビナートを襲撃、壊滅させた。ウルトラマンとの戦いでは背中串刺しにしたり頭に噛みつき引き摺り回すなどして圧倒した。
さらにはMAT海底基地の破壊まで目論むが、駆け付けたウルトラマンによって丘隊員との融合を解かれ、倒された。

ウルトラマンメビウス

第33話「青い火の女」に登場。
初代フェミゴンの別個体で、外見や能力の差からフェミゴンフレイムと呼ばれる。
GUYSのドキュメントMATにデータが記録されている。
初代同様最初は実体を持たないが、他の生物に乗り移ることで実体化出来る。しかし初代よりもシンクロ率が高く、フェミゴンフレイムがダメージを受けると乗り移られた生物もダメージを受けてしまう厄介な性質を持っている。

テッペイの大学先輩タカムラの・ミサに憑依して、石油コンビナートを襲撃した。
メビウスとの戦いでは劣勢に陥るが、ミサの命を救いたいテッペイにメビュームシュートを止められ、その隙に逃亡する。
そののちに再び出現、火炎攻撃でメビウスと戦う。
かつてのウルトラマンとフェミゴンの戦闘を分析したテッペイが開発したメテオール「スピリットセパレーター」とメビュームシュートの連携に敗北。ミサと切り離され、消滅した。

余談

帰マン」のフェミゴンの着ぐるみの頭部は、キングザウルス三世の物の改造。

メビウス」のフェミゴンフレイムは初代と頭部の位置が異なっている。
また着ぐるみは後にブラックキングの着ぐるみに改造された。

関連タグ

ウルトラ怪獣 帰ってきたウルトラマン ウルトラマンメビウス
キングザウルス三世 ブラックキング

pixivに投稿された作品 pixivで「フェミゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14733

コメント