ピクシブ百科事典

流星キック

りゅうせいきっく

ウルトラマンジャックが使用した飛び蹴り。
目次[非表示]

概要

帰ってきたウルトラマン』第4話に登場した怪獣キングザウルス三世は、角から放つバリアで身を守る能力を持ち、スペシウム光線八つ裂き光輪シネラマショットといったウルトラマンジャック飛び道具をことごとく防ぎ、一度は敗退に追いやった。
しかしこのバリアは上側が死角になっており、さらにを折られると使用できなくなるという弱点があった。
このため、郷秀樹が猛特訓の末体得した飛び蹴りこそが、流星キックである。

結果は大成功で、バリアを飛び越えて角を一発で破壊し、バリアを使用不能にする事に成功している。

なおウルトラマン(ジャック)は飛べるはずなのに、何故飛んで空から攻撃しなかったのかは永遠の謎である。

その後、長らく使用の機会はなかったが、『ウルトラファイトオーブ』第4話でグドンに対して久々に使用している。坂本監督もかなりこだわったそう。

また、後にウルトラマンメビウスプロトマケットゼットンに対して使用している他、ウルトラマンオーブもジャックの力を使うハリケーンスラッシュで、類似の技:流星スラッシュキックメトロン星人タルデに対して使用している。
ウルトラマン超闘士激伝新章』では1年の猛特訓を経て、闘士ウルトラマンジャックが強化技「彗星キック」を使用。この際にはウルトラブレスレットを足に嵌めることでより強力な破壊力を生み出している。

そのほか、『ウルトラマンメビウス』に登場するイカルガ・ジョージはおそらくこの技をモチーフにしている「流星シュート」というサッカーの必殺シュートを持つ。

なお、『ウルトラマンDASH』での作戦VTRでは人数の都合上、トリを飾ったため、蹴りではなくヘディングをしていた。

余談

ウルトラマンSTORY0』ではキングザウルスの祖先(?)と戦った際に、空中高く放り投げ真下から蹴りをブチ込む技を使用している。

なお『帰マン』OPでは「大地を跳んで流星パンチ♪」という歌詞があるが、映像作品では一度もジャンプパンチを使っているシーンは無い。

関連項目

ウルトラスピンキック:発展技 
レオキック スワローキック
ライダーキック 跳び蹴り

pixivに投稿された作品 pixivで「流星キック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6141

コメント