ピクシブ百科事典

ウルトラホーク1号

うるとらほーくいちごう

ウルトラホーク1号とは、ウルトラセブンに登場する大型戦闘機である。
目次[非表示]

データ

所属ウルトラ警備隊
全長42m
全幅20m
重量74t
最高速度マッハ4(平成版では4以上)
定員6名
武装レーザー、ミサイル
オプション武装特殊噴霧装置、投下式磁力吸着爆弾マグネチックセブン
オプション武装(平成版)ホルバスターミサイル、冷凍弾、大型ミサイル
型式名TDH UH001


概要

ウルトラ警備隊の所有する大型戦闘機で、状況に応じてα号(UH001-1)、β号(UH001-2)、γ号(UH001-3)の3機に分離することができ、フォーメーションを組んで攻撃を行う。
合体後はα号がメインコクピットとなる。3機とも一人ずつで運用可能で、合体後も一人で操縦することができ、追加装備なしで宇宙に行くこともできる。
平成版では、内部にポインター号格納することもできる。
様々な宇宙人を相手に戦闘し、特にビラ星人の円盤は撃墜後にウルトラセブンが倒したビラ星人の上に墜落したことで間接的にとは言え止めを刺している。
これ以外でも、メトロン星人スペル星人ブラコ星人ボーグ星人シャドウマンペロリンガ星人フック星人の円盤を撃墜している。
唯一3機すべてが破壊されたのは、第32話でリッガーに蹴飛ばされた時のみ。この時は飛んでいなかったので飛行中で3機すべてが破壊された事は実質ない。
本編では長きにわたって使われており、平成版では既存の機体を改修して電子機器等をアップデートすることによって使用している。とはいえ昭和版ほど目立った活躍はなく撃墜される事も多かった。

余談

  • デザインは美術チーフだった成田亨が手掛けている。自著によると、あるとき飛行機の設計をおこなっている人物に「ウルトラホーク1号は飛びますよ。」といわれたことが、とてもうれしかったと語っている。
  • 元々、1966年に企画されていた東宝特撮映画「空飛ぶ戦艦」の空中戦艦として描かれてものの、企画自体がお流れになったため、合体戦闘機にアレンジしつつ、流用されたという逸話がある。
  • ウルトラマンダイナ』に登場するガッツイーグルのモデルにもなっている。
  • また、『ウルトラマン超闘士激伝』では闘士ウルトラセブンの装鉄鋼「ホークウェポン」に改造された。ツイフォン編では体重3万5千tのセブンを載せてホバーボードのように飛ぶなど何気に凄いことをしていた。


関連タグ

ウルトラ警備隊 ウルトラセブン 戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラホーク1号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9101

コメント