ピクシブ百科事典

彗星戦神ツイフォン

すいせいせんじんついふぉん

彗星戦神ツイフォンとは、ウルトラマン超闘士激伝のOVA版に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「何故は無い、それが俺だ。もう何万年もの間繰り返してきた、そしてこれからもだ」
CV:梁田清之

概要

何万年もの間、怪彗星ツイフォンとして宇宙を彷徨いながら軌道上にある惑星を次々と破壊してきた闘争心の塊のような存在。

ツイフォン 【ニコニコ動画用イラスト】


外見はツイフォンの眷属たるドラコに似ており、皮膚の模様や、そして第一形態はを除くと完全にドラコである(設定からすれば、ドラコがツイフォンに似ている、という方が正しいのだろうが)。
全身から超強力な真空波を放ち周囲数十㎞を破壊できるほか、自らの身体を意図的にバラバラにして再構築できる。
表皮はなどのあらゆるエネルギーを常時吸収可能であり、地球破壊できるほどの打撃にも無傷で耐え、一兆度の火球も余裕で吸収してしまった。

スーパーツイフォン 【ニコニコ動画用イラスト】


第二形態こと「スーパーツイフォン」はより人型に近付いており、頭の角や腕などの特徴から「再生ドラコ」がモチーフと思われる。
第一形態を遥かに凌ぐ強さを見せ付けた。
また前の形態が「ツイフォーン!」と言う鳴き声を上げるのみだったのに対し、この形態になって初めて人の言葉を話すようになった。

彼の旅に目的や終着点は無く、ただ破壊しつくすことのみが彼の存在意義である。

来歴

彗星破壊の任務を帯びた闘士ウルトラマンタロウウルトラ兄弟feat.エースキラーと遭遇し、超闘士タロウのストリウム超光波をあびて彗星は破壊された。
しかし潜伏していた本体は無傷で、あろうことか全エネルギーを吸収しタロウたち6人を軽くあしらうと地球に飛来。超闘士ウルトラマンに月におびき寄せられ、駆け付けたセブンメフィラス大魔王闘士ゼットンなどと戦うことで様々なエネルギーを吸収し人型の第二形態へと進化する。

第二形態になると超闘士ウルトラマンをまるで寄せ付けずに地球まで殴り飛ばし、その仲間達を軽軽と蹴散らすと地球を第二の彗星に変えるべく体をバラバラにして地球へ再度飛来し、地殻をぶち破って地底に突入。マグマコントロールすることで天変地異を巻き起こした。
この悪魔の計画を止めさせるために地球防衛軍とセブン、80地底へ潜るがツイフォンはこれを簡単に退ける。続いて月面でメフィラスと戦うが彼のの全てを破壊するほどのエネルギーを纏わせた超魔光閃を浴びても死なず、メフィラスを力尽かせてしまう。
その後はメフィラスのに奮起した超闘士ウルトラマンと再戦するも、カラータイマーを砕いて完全に彼を殺害した
しかし人々の祈りによって再びデルタスターが出現したことでウルトラマンが復活(どこかで聞いたような話だ)。再びカラータイマーを破壊しようとするものの逆に自分のを粉砕されてしまい、至近距離からスペシウム超光波を浴びせられて完全消滅した。

余談

  • ウルトラマン第25話の「3026年7月2日午前8時5分にツイフォンが次に地球に衝突する」といった設定をもとにしている。
  • 漫画版ではエンペラ星人編での回想内に登場した。


関連タグ

ウルトラマン超闘士激伝 ドラコ(ウルトラ怪獣) ウルトラ怪獣
メフィラス大魔王

pixivに投稿された作品 pixivで「彗星戦神ツイフォン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5919

コメント