ピクシブ百科事典

首領ヤプール

どんやぷーる

『ウルトラマン超闘士激伝』に登場する異次元人ヤプールの王。
目次[非表示]

概要

 『ウルトラマン超闘士激伝』第2部「ヤプール編」のラスボスであり、ヤプール次元全てのヤプール人を指揮するヤプールの。作中では単に「ヤプール」と称される場合彼の事を差す。
 かつて(何十年か前、と本人が語っているので恐らく30~31世紀ごろ闘士ウルトラマンエースが戦ったヤプールは彼らの一族の中で最下層の落ちこぼれにすぎず、末端のヤプールコマンドすら、それを凌駕する実力を有する。

 彼らの住むヤプール次元は超高熱、超高圧、超重力の三重苦が宇宙全てを覆い尽くす地獄の如き環境であり、超獣はそのヤプール次元でも生活できるように改造された種族である(前述の落ちこぼれヤプールは地球の前線基地で超獣を作っていたため、その生き残りであるバキシムエースキラーはヤプール次元の事情を知らなかった)。そのヤプール次元がいよいよ滅亡の危機に瀕したため、全ヤプール族の移住をかけM78宇宙に侵攻を掛けた。

形態

ループ星人ヤンド

ヤプールと側近


 所謂ヤプール人に似た姿。溢れ出る戦闘力と凶暴性を抑え込むために特殊な防護服を着用しており、この形態ではオカマじみた軟派な言動をとる。
 常に浮遊する椅子に座っているが、これは重力を軽減しているのではなく、逆に自分自身に猛烈な重力をかけて弱体化させている。
 滅茶苦茶弱体化した姿にも拘らず、本拠地のマイナス宇宙メビウス星での戦いでは一撃でメフィラス大魔王を吹き飛ばすほどの戦闘力を発揮した。

 宇宙有数の大富豪のフリをして第2回銀河最強武闘会を開催し、部下の女ヤプールアンチラ星人と結託し、自身を脅かす存在になる「超闘士」のサーチ・アンド・デストロイを目論む。裏で大会を操る傍ら、大会本戦に怪僧マザロンを出場させ、彼に超闘士候補を始末させようとするも、あまりに策を弄しすぎたがために超闘士ウルトラマンの覚醒を招く結果となってしまった。
 結局マザロンはウルトラマンと刺し違えたたため、目的は一応完遂。本性を現したヤンドはヤプール次元に戻り、全軍での侵攻を開始する。
 なお、偽名はドン・ヤプールを逆さから読んだだけである。

 言うまでもなく、モデルはド●ゴンボールフ●ーザである。

闘士ヤプール

 超闘士ウルトラマンタロウとの戦いで防護服が破壊されたことに伴い、本来の凶暴性を取り戻した首領ヤプールが、装鉄鋼を装着した姿。
 『ウルトラマンA』などに登場する巨大ヤプールに準拠した外見をしている。
 装鉄鋼はマザロン同様、有り余る力を抑え込むための拘束具にすぎず、当然ながらループ星人ヤンドの比ではないほどの戦闘力を有する。気合一発で惑星全てを覆い尽くすほどの衝撃波を放つこともできるが、どちらかといえば光線技より武闘を好む。

暴走態

 闘士ウルトラセブン闘士ウルトラマンエースメフィラス大魔王の三者が装鉄鋼を破壊したためにパワーがセーブしきれなくなった姿。肉体は闘士ヤプールの3倍近い巨体に膨れあがり、鉤爪、長いを生やした悪鬼の如き姿と化す。
 本来ならメフィラスらのもくろみ通り5分と生きていられないほど肉体を酷使しているらしいが、勿論それに準じて戦闘力も膨れ上がっている。精神を思い切り集中すれば1分ほどでパワーをセーブできるらしい。
 完全覚醒したタロウに敗れたかに思えたが…?

最終形態

 ヤプール次元における本来の姿(メイン画像参照)。比較的ウルトラ戦士に似た姿をしているが、これは彼らヤプール人も本来はヒューマノイドタイプの生物から進化したため。
 小指一本でエースキラーを破壊可能なほどの頑強な肉体と、宇宙トップクラスの闘士たちですら見ることも敵わないようなスピードを有するが、最後は冥界から闘士ウルトラマンの激励を受けたタロウに敗れる。

 敗北後、ヤプール次元の全エネルギーがM78宇宙に流出しヤプール次元が消滅する危機にさらされるも、タロウが仲間たちのエネルギーを受けて放ったコスモミラクル光線でテリブルゲートは破壊され、ヤプール次元は救われる。味方のみならず敵であったヤプール軍まで救ったタロウの強さと優しさに敬服し、最後は二度とM78宇宙に攻め込まないと約し、タロウに感謝しつつ元の次元に還って行った。

関連項目

ウルトラマン超闘士激伝 ウルトラ怪獣  パワーインフレ

pixivに投稿された作品 pixivで「首領ヤプール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55

コメント