ピクシブ百科事典

アンチラ星人

あんちらせいじん

アンチラ星人とは『ウルトラマンA』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

「俺を殺してもザイゴンがいる・・・・ザイゴンは不死身だぁ!」

データー

登場作品『ウルトラマンA
第10話『決戦!エース対郷秀樹』登場

別名:変身怪人
身長:2メートル
体重:150キログラム
出身地:アンチラ星

人間体(演):団次郎
CV/:高田裕史

概要

ヤプールより譲り受けた超獣ザイゴンを操るギロン人メトロン星人Jr.と並ぶヤプール配下の宇宙人の1人。

その使命はTAC基地に侵入し,内部から破壊することで、得意の変身能力を使い殉職した事になっている元MAT隊員の郷秀樹に化けTACの前に現われ、『ウルトラレーザー』なる見せ掛けの新兵器でザイゴンを撃退する芝居を演じ、まんまとTACに入り込むことに成功した。

しかし街中で偶然再会したルミ子や次郎少年に大好物のおはぎを殆ど食べなかったり利き手が違うなどの不可解な行動から不審がられ、正体が露見してしまう。

次郎少年や梶隊員をザイゴンによって火災に見舞われた病院の病室に閉じ込めて抹殺を図るものの、最後は北斗のTACガンと夕子のTACバズーカの怒りの集中砲火を受けて爆死した。

次郎少年を遇らう際には「ほらほら、どしたどした」と言ったり、噛み付かれた際には「いてっ」と言うなどコミカルなシーンもチラホラ(なお、シチュエーションはシリアスだったが)。

遺品

なお遺品で自作自演で使われ、「私にしか使えない」とかアンチラ星人本人が言っていた「ウルトラレーザー」だが、その後TACが兵器として実戦投入しており、第13話、第43話、第47話などで登場し、第13話ではタックアローに搭載している。…あれは嘘だったのか、それともTACの連中がオーバーテクノロジーを使いこなせたり、使えるように改造できるスゴイ奴等なのかは不明。

派生作品

ウルトラマン超闘士激伝

Qと共にヤプールの側近を務める。バラバアプラサールと並ぶヤプール軍最強の戦士とされ、こちらはウルトラレーザーを実際に武器とする。ジャックに成り代わりセブンを騙し、本物のジャック共々葬り去ろうとする。露見するとザイゴンに跨り戦いとなったようだが、詳細は描かれていない。完成した新型ホークウェポンで倒される。
尚本物のジャックは氷漬けにされており、ドロボンにカラータイマーを奪われアシュランに轡をはめられた原典を踏まえているようだが変なところにこだわらなくともという気がしなくもない。

余談

名前の由来は十二神将の一人安底羅大将、もしくはポンプ座の学名「Antlia」と思われる。

関連タグ

スラン星人クワイラ - 同じく過去のウルトラマンの変身者に化けている
ナリズマ・シボンズ-こちらも同じく、ヒーローの変身者に化けて防衛組織基地を壊滅させようとした。
バランガス-怪獣を撃退するフリをして防衛チームに潜入した手口が酷似している

関連記事

親記事

ヤプール やぷーる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンチラ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80433

コメント