ピクシブ百科事典

シャドウマン

しゃどうまん

本稿ではウルトラセブンに登場するシャドウマンと、彼らを操っていたとされる謎の宇宙人ユーリー星人について紹介する。
目次[非表示]

もしかして:シャドーマン

データ

登場作品:『ウルトラセブン
第33話『侵略する死者たち』登場

別名:蘇生怪人
身長:不明
体重:不明
出身地:死体置き場

概要

謎の宇宙人(後述)のもつ強い念動力(サイコキネシス)で操られた霊魂達で、その正体は怪獣でもなければ宇宙人でもなく人間(幽霊)である。

地球侵略の下調べとして地球にある防衛施設の場所やその構造が記されたマイクロフィルムを盗み出すことを使命としており、霊体なので実体が無い上にどんな場所でもすり抜けて侵入が出来る。攻撃も一切通じることはないが、強い念動力で使役されている影響なのか、影のみが壁面などに投影されるため、霊感が無くてもその存在を確認することだけはできたり、一部の扉をくぐる際は機械のセンサーが反応して扉を潜って部屋に入らなければならない。

主な戦力としては相手をコップサイズに小さくするミクロ化フォグと呼ばれる白い霧上の光線で、その気配を感じたセブンをミクロ化しコップに閉じ込める等の戦果を上げている。
自分たちの存在に気づいたセブンをミクロ化フォグでミクロ化しコップへ幽閉した後、首尾よくマイクロフィルムを奪い、データを通信室の送信機で操っている宇宙人たちが待機している母船へ送信した後、その使命を果たし消え去った。

その後の末路は不明だが、操っている宇宙人がセブンやウルトラ警備隊によって倒された為、再び安らかな眠りについたと推測される。

ユーリー星人

ウルトラセブン#33~36


※上記のイラストはユーリー星人達の母船。

登場作品:『ウルトラセブン』
第33話『侵略する死者たち』登場

別名:不明(一部の情報によれば念力宇宙人)
身長:不明
体重:不明
出身地:ユーリー星

概要

蘇生怪人シャドウマンを操っているとされる単眼の宇宙人。描写から察するに異星人の死者の思念(霊魂)をその卓越した念動力により操ることが出来るようだ。

地球侵略の下調べとして地球にある防衛施設の場所やその構造が記されたマイクロフィルムの存在を知り、それがウルトラ警備隊に保管される事を突き止めたため、それを奪おうと病院から解剖用の死体10体を盗み出し、一時的に念動力で蘇生。さまざまな手口(劇中ではポインターの前に飛び出しなど)でウルトラ警備隊本部にまんまと侵入させ、そしてその強い念動力により一般人の霊魂をシャドウマンに仕立て上げてマイクロフィルムを盗み出すことに成功。そのデータを送信させることによりまんまと最重要機密である防衛軍基地の所在地や構造に関する情報を手に入れ、母星へと帰還しようとした。

しかしデータ転送用の小型衛星である装置を回収し忘れていたという痛恨のミスによって電波の逆探知された結果、ウルトラ警備隊に居場所を特定されてしまう。その後にダンの乗るウルトラホーク2号に発見されるが、母艦に搭載した敵の動きを停止させてしまう光線を使ってホーク2号を操縦不能にさせて操り爆破させる。しかしダンがセブンとなって脱出した為にセブンと対峙。先ほどと同じく敵の動きを停止させてしまう光線を使ってセブンを捕らえる事に成功した。

救援としてやってきたウルトラホーク1号も小型円盤で妨害をしながら宇宙への逃亡を図るが、ホーク1号の活躍でセブンは救出された事で形勢逆転。最後は小型円盤全機をホーク1号の攻撃で撃墜され、母艦もセブンのワイドショットの直撃を受け大破、円盤群諸共爆死した。

補足

この宇宙人、裏設定的な存在であり、またこのお話の準備稿では登場予定となっていたそうだが、(多分大人の事情で)決定稿では完全に削除されていたため、後に発売される書籍などで取り上げられることがあまりなく、その姿や名称は永らく謎であり、(多分)存在そのものすら一部のファン以外には知られていなかったようだ。デアゴスティーニから出版されたオフィシャルデータファイルにもその存在が触れられていなかった(リッガーを送りこんだと勘違いされているマンダラ星人は触れられていたのに‼)。

なお、このユーリー星人、頭部のデザイン画が存在しており、「昭和42年 ウルトラセブン誕生」(『ジェネオン・ユニバーサル』出版)にて初めてそのデザイン画が公開された。

関連タグ

ウルトラセブン

pixivに投稿された作品 pixivで「シャドウマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4127

コメント