ピクシブ百科事典

怪獣兵器

かいじゅうへいき

映画『ウルトラマンサーガ』に登場するバット星人のエリートが考え、制作した生物兵器の総称。
目次[非表示]

概要

バット星人怪獣墓場で確保した過去にウルトラ兄弟を苦しめた強豪怪獣たちの死体をベースに、ネオフロンティアスペースで捕獲した宇宙球体スフィアの細胞を移植し制作した生物兵器(早い話がゾンビ兵器)。

スフィア合成獣の発展型ともいえるもので、死体を加工して作られた生物兵器だけあり、命や意思を持たずにただバット星人の指令のみを遂行するだけのリビングデッド的存在である。
不気味な白く濁った目と胸から体の各部分に張り巡らされたスフィア細胞の発光器官が特徴で生前よりも遥かにパワーアップしているとされる。
モチーフとなった怪獣も、それぞれウルトラ6兄弟に対応した強敵となっている。

劇中ではそれほど活躍する場面は見られず、意外とあっさり破壊されてしまっていることから、戦闘員ポジション的な意味が大きく、所詮はかませ犬の存在であった…。

ウルトラマンゼロからは「怪獣とはいえ命を弄ぶとは許しがたい」と吐き捨てられている。(それ言ったら超獣のベロクロンは元々生体兵器だろうがと突っ込みたくなるが)

怪獣兵器一覧

怪獣兵器バードン

怪獣兵器 バードン


詳細はリンク先を参照。

怪獣兵器アントラー

怪獣兵器 アントラー


詳細はリンク先を参照。

怪獣兵器キングパンドン

怪獣兵器 キングパンドン


詳細はリンク先を参照。

怪獣兵器ブラックキング

怪獣兵器 ブラックキング


詳細はリンク先を参照。

怪獣兵器ベロクロン

怪獣兵器 ベロクロン


詳細はリンク先を参照。


怪獣兵器タイラント

怪獣兵器 タイラント


詳細はリンク先を参照。

余談

この怪獣兵器として登場した怪獣達は、全て『ウルトラマンギンガ』および続編の『ウルトラマンギンガS』にて着ぐるみを再改造された上で登場している。

これら以外に怪獣兵器と称されているものとして、映画『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』に登場した怪獣兵器スコーピスが存在する。

ウルトラマンX』第9話では暗黒星団チームサメクジラを怪獣兵器と呼んでおり、彼らの界隈では「兵器として扱われる怪獣」を総称してこう呼んでいるものと思われる。

テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の登場ユニット群は当初、プロモーション側の都合で「ロボット」と定義されていたが現在では公式で「怪獣兵器」として認定されている

このシーンがカットされた理由としては、「すでにウルトラマンサーガに合体変身するという最大の奇跡が起こっているため、ウルトラ兄弟の登場という奇跡が連続して起こるのは不自然」「そもそもウルトラ兄弟がどうやってフューチャーアースに来たのか説明ができない」といったものがあるらしい。
ソフト化もされていない(色々事情があって難しいらしい)ため、見たければテレビ放送を待つしかない。しかし2021年4月27日に発売予定の『ウルトラマンゼロ』10周年記念!Blu-ray BOXにてディレクターズカット版が収録される事が決定した

当初、レオと戦うのはタイラントではなくシルバーブルーメブラックエンドなどの案があった。

関連タグ

ウルトラマンサーガ ハイパーゼットン バット星人 スフィア(ウルトラ怪獣) スフィア合成獣 サイボーグ

エヴァンゲリオン ヴァイタル・ガーダー 拘束具

バイオハザードT-ウィルス感染者→意味合いは違うが似た者同士

穢土転生→死体がゾンビの様に生き返るという共通点

関連記事

親記事

ハイパーゼットン はいぱーぜっとん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「怪獣兵器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4854

コメント