ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

バット星人怪獣墓場で確保した、過去にウルトラ兄弟を苦しめた強豪怪獣たちの死体をベースに、宇宙球体スフィアの細胞を移植して製造した生物兵器で、スフィア合成獣の発展系。

生物兵器とは言うものの、その実態はバット星人の指令にのみ従い暴れるだけのリビングデッドであり、ゼロからは「怪獣とはいえ命を弄ぶとは許しがたい」と吐き捨てられている。(そもそもベロクロンは生体兵器だと突っ込んではいけない。)
不気味に白く濁った目と、胸から身体各所に張り巡らされたスフィア細胞の発光器官が特徴で、その出力は生前を遥かに凌駕するとされる。

怪獣兵器一覧

各個体の詳細についてはリンク先を参照。

怪獣兵器バードン怪獣兵器アントラー
怪獣兵器 バードン
怪獣兵器 アントラー
怪獣兵器キングパンドン怪獣兵器ブラックキング
怪獣兵器 キングパンドン
怪獣兵器 ブラックキング
怪獣兵器ベロクロン怪獣兵器タイラント
怪獣兵器 ベロクロン
怪獣兵器 タイラント

「怪獣兵器」というカテゴリについて

これらバット星人のゾンビ兵器群に限らず、侵略用の兵器として扱われる怪獣は総じて「怪獣兵器」と呼ばれる傾向がある。
これら以外にも、明確に怪獣兵器と称されているものとして、映画『THE BLUE PLANET』に登場したスコーピスが存在する。

テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の登場ユニット群は当初、プロモーション側の都合で「ロボット」と定義されていたが、現在では公式で「怪獣兵器」と認定されている

余談

この怪獣兵器として登場した怪獣達は、全て『ギンガ』および続編の『ギンガS』にて、着ぐるみを再改造された上で登場している。

このシーンがカットされた理由としては、「すでにウルトラマンサーガに合体変身するという最大の奇跡が起こっているため、ウルトラ兄弟の登場という奇跡が連続して起こるのは不自然」「そもそもウルトラ兄弟がどうやってフューチャーアースに来たのか説明できない」「サーガとハイパーゼットンの戦いが始まってしまっているため話のテンポが悪くなる」といったものがあるらしい。
ソフト化もされていない(色々事情があって難しいらしい)ため、見たければテレビ放送を待つしかない
しかし、2021年4月27日発売のウルトラマンゼロ10周年記念ブルーレイBOXにて、ディレクターズカット版が収録される事が決定した

当初、レオと戦うのはタイラントではなくシルバーブルーメブラックエンドなどの案があった。

関連タグ

ウルトラマンサーガ ウルトラ怪獣
ハイパーゼットン バット星人 宇宙球体スフィア スフィア合成獣 サイボーグ

ヴァイタル・ガーダーT-ウィルス感染者、三式機龍:似た者同士
超獣:同じ改造型の侵略兵器だが、こちらは生きた動物のみをベースにしたれっきとした生物であり、痛覚も死の恐怖も持たないが高い知能と戦闘力を有する。

関連記事

親記事

ハイパーゼットン はいぱーぜっとん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「怪獣兵器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5406

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました