ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
NEVER(仮面ライダーW)
34
NEVERとは、「劇場版仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ」に登場する集団。

概要

仮面ライダーW』劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場する生物兵器にして、彼らが結成した傭兵部隊の通称。

人間の死体を人体蘇生酵素により蘇生させた「死者蘇生兵士」であり、正式名称はNECRO OVER(ネクロオーバー)。意訳すると死者を超えた者

厳密には『NEVER』とは大道克己が率いる組織名そのものではなく、上記のような種族を指す言葉である(とはいえ、劇中でNEVERというと後述の傭兵集団を指す)。


生前よりはるかに向上した身体能力に加え、銃弾や炎など単純な物理攻撃では死ぬことはない高い耐久力を誇る。

またユートピア・ドーパントの生きる希望を奪う能力など相手が生物であることを突いた攻撃や能力にも高い耐性を持つ。


死体を酵素により動かしているだけであるため、

  • 酵素を定期的に投与し続けないと肉体を維持することができない。
  • 細胞分解酵素を投与されると肉体が崩壊を始めてしまう。
  • 生前の記憶や人間性は時間が経つにつれて失われていき、残虐性が強くなっていってしまう。

という副作用もある。

また、ドーパントに変身した状態で仮面ライダーのマキシマムドライブを受けると通常の生きた生身の人間とは異なり、肉体が維持できなくなり、崩壊をはじめやがて塵に還る。


大道克己によって選ばれNEVERとなった克己本人も含む5人は傭兵部隊として活動しており、その不死性と圧倒的な戦闘力を武器に世界各地で雇われるがままに暴れ回り、様々なテロ行為や破壊活動を行ったことで任務達成率100%の部隊として裏世界で恐れられていた。

これは実戦での調整と自分たちの計画の為の資金調達を兼ねていた。


ロゴは4匹の蛇がリンゴが刺さった剣を囲むというもの。蛇が4人のメンバー、剣が克己を表す。

黒地に赤ラインのジャケットが5人のユニフォームとなっており、フィリップにももう1着プレゼントされた(その後どうなったかは不明)。


Vシネマ『仮面ライダーエターナル』ではかつて財団Xの投資先としてガイアメモリと競合していたが、ガイアメモリの持つ能力の多様性から敗北し投資を打ち切られたことが語られた。

(しかし冒頭の加頭の語りようからもし競合相手がガイアメモリでなければ出資対象になるのはほぼ確実だったようである)


メンバー

踊るぞ、死神のパーティータイムだ…!


泉京水/ルナ・ドーパント

ワタシもそろそろ…イこうかしら…!


羽原レイカ/ヒート・ドーパント


芦原賢/トリガー・ドーパント

堂本剛三/メタル・ドーパント


協力者

???/サイクロン・ドーパント


関連人物

加頭順財団Xの投資担当エージェントとして、NEVERの技術を自身の体でテストしている。


双見光TV本編終了後の正統続編『風都探偵』に登場。NEVERによる風都タワージャック事件を見てそれに強く影響された者たちで事件の後日に結成された、NEVER(特に克己)を崇拝するガイアメモリユーザーの半グレ集団蒼炎群(せいえんぐん)の一員。彼自身も克己の熱狂的崇拝者で、T2エターナルの纏う「青い炎」に強い憧れを抱いている。


備考

5人の苗字の頭文字を並べると「ダイ ハード」(英語で「なかなか死なない」)になる。

関連雑誌によると、『運命のガイアメモリ』のストーリー自体が「アマチュアが戦いのプロ相手に奮闘する」という映画の『ダイ・ハード』に近いものであったため、モチーフとして採用したとのこと。


関連タグ

仮面ライダーW 仮面ライダーエターナル ドーパント

NEVER


???/??????:NEVERの遺した負の遺産というべき存在


仮面ライダーアマゾンシグマカラスアマゾン…死人を蘇生させた改造人間繋がり。

概要

仮面ライダーW』劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場する生物兵器にして、彼らが結成した傭兵部隊の通称。

人間の死体を人体蘇生酵素により蘇生させた「死者蘇生兵士」であり、正式名称はNECRO OVER(ネクロオーバー)。意訳すると死者を超えた者

厳密には『NEVER』とは大道克己が率いる組織名そのものではなく、上記のような種族を指す言葉である(とはいえ、劇中でNEVERというと後述の傭兵集団を指す)。


生前よりはるかに向上した身体能力に加え、銃弾や炎など単純な物理攻撃では死ぬことはない高い耐久力を誇る。

またユートピア・ドーパントの生きる希望を奪う能力など相手が生物であることを突いた攻撃や能力にも高い耐性を持つ。


死体を酵素により動かしているだけであるため、

  • 酵素を定期的に投与し続けないと肉体を維持することができない。
  • 細胞分解酵素を投与されると肉体が崩壊を始めてしまう。
  • 生前の記憶や人間性は時間が経つにつれて失われていき、残虐性が強くなっていってしまう。

という副作用もある。

また、ドーパントに変身した状態で仮面ライダーのマキシマムドライブを受けると通常の生きた生身の人間とは異なり、肉体が維持できなくなり、崩壊をはじめやがて塵に還る。


大道克己によって選ばれNEVERとなった克己本人も含む5人は傭兵部隊として活動しており、その不死性と圧倒的な戦闘力を武器に世界各地で雇われるがままに暴れ回り、様々なテロ行為や破壊活動を行ったことで任務達成率100%の部隊として裏世界で恐れられていた。

これは実戦での調整と自分たちの計画の為の資金調達を兼ねていた。


ロゴは4匹の蛇がリンゴが刺さった剣を囲むというもの。蛇が4人のメンバー、剣が克己を表す。

黒地に赤ラインのジャケットが5人のユニフォームとなっており、フィリップにももう1着プレゼントされた(その後どうなったかは不明)。


Vシネマ『仮面ライダーエターナル』ではかつて財団Xの投資先としてガイアメモリと競合していたが、ガイアメモリの持つ能力の多様性から敗北し投資を打ち切られたことが語られた。

(しかし冒頭の加頭の語りようからもし競合相手がガイアメモリでなければ出資対象になるのはほぼ確実だったようである)


関連人物

加頭順財団Xの投資担当エージェントとして、NEVERの技術を自身の体でテストしている。


双見光TV本編終了後の正統続編『風都探偵』に登場。NEVERによる風都タワージャック事件を見てそれに強く影響された者たちで事件の後日に結成された、NEVER(特に克己)を崇拝するガイアメモリユーザーの半グレ集団蒼炎群(せいえんぐん)の一員。彼自身も克己の熱狂的崇拝者で、T2エターナルの纏う「青い炎」に強い憧れを抱いている。


備考

5人の苗字の頭文字を並べると「ダイ ハード」(英語で「なかなか死なない」)になる。

関連雑誌によると、『運命のガイアメモリ』のストーリー自体が「アマチュアが戦いのプロ相手に奮闘する」という映画の『ダイ・ハード』に近いものであったため、モチーフとして採用したとのこと。


関連タグ

仮面ライダーW 仮面ライダーエターナル ドーパント

NEVER


???/??????:NEVERの遺した負の遺産というべき存在


仮面ライダーアマゾンシグマカラスアマゾン…死人を蘇生させた改造人間繋がり。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎
  2. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  3. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー