ピクシブ百科事典

マリア・S・クランベリー

まりあえすくらんべりー

AtoZ/運命のガイアメモリの登場人物の1人。その正体は…。

演:杉本彩

概要

映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場。
NEVERを追って日本に来日した国際特務調査機関の女性捜査員。
NEVERの凶行を止める為に風都を護る戦士である仮面ライダーW正体である左翔太郎フィリップに協力を依頼する。

2人に情報を提供しつつ2人をしっかりとサポートする頼もしい味方であるが、時折フィリップを気遣うような素振りを見せる事もあり、翔太郎やフィリップは彼女事がシュラウドその人だと推測しているが…。

以下ネタバレ













実は彼女の経歴は全てでっち上げであり、その正体は映画で起きた事件の元凶を作ってしまった張本人でありサイクロン・ドーパントの正体で、NEVERの開発者にして大道克己の実の母親“大道マリア(大道美樹)”その人。

2人に近付いたのも彼らに風都中にばら撒かれたT2ガイアメモリを集めてさせてから奪い取る為であった。

元々は風都工科大学における遺伝子工学の権威であったが、息子である克己の交通事故死を切っ掛けにかつて自身が取り組み倫理感や道徳感から封印していた死者蘇生研究を財団Xの援助の元に完成させ息子を蘇生させるが、自身のエゴの為に人間としてのを持たない死なない怪物と生まれ変わってしまった自身の息子への深い愛情から息子の望むものを全て手に入れようと修羅の道へと突き進むことを決意する。

しかし心の底では自身の行いを悔いているようで、完全には非情に徹し切れておらず、戦いに巻き込まれた無関係の風都市民や追い詰められたWを助けたり、トリガー・ドーパントの攻撃から亜樹子を守るなどの行動をとっていた。

劇中、かつての息子の姿と重なったフィリップとの交流を得て少しずつ自身の過ちに気づいて行き、物語の終盤で“風都の市民全員を自分と同じ死なない怪物へと変える事でミュージアムガイアメモリモルモットから解放して救済した上で、自身の様なNEVERが怪物とみられる事のない世界を築き上げる”という狂気に走る克己を止める為にNEVERにとってのと言える“細胞分解酵素”を注入して葬り去ろうと試みるが、で致命傷を負い、かつての息子の姿と重ね合わせたフィリップへの贖罪と感謝の言葉を残し、彼の腕の中で静かに息を引き取った…。

なお、『仮面ライダーW RETURNS/仮面ライダーエターナル』ではNEVERを影からバックアップする様子が描かれているが、このころから既にNEVERしか仲間として認めない姿勢の息子に対して一抹の不安を感じていたようだ。

関連項目

大道克己 NEVER(仮面ライダーW) 哀しき悪役 サイクロン・ドーパント 仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ

pixivに投稿された作品 pixivで「マリア・S・クランベリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29

コメント