2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

メタル・ドーパント

めたるどーぱんと

メタル・ドーパントとは、劇場版『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「テメェはもう引っ込んでろってことだろうぜ!」

データ

身長200.0cm
体重276.0kg
CV中村浩二
スーツアクター横田遼

(※)一部出典は『仮面ライダー図鑑』より。

概要

NEVERのパワーファイター・堂本剛三がT2メタルメモリを背中に挿して変身したT2ドーパント(変身する際には上半身のジャケットを脱ぐ)。
鉄壁の防御力を誇り、変身前同様怪力を生かした格闘術を得意とする。槌状のメタルシャフトと左腕の鉤爪を武器としている。
当初はその怪力と、合流したルナ・ドーパントヒート・ドーパントとの連携でWを苦しめたが、風都タワーによる仮面ライダージョーカーとの決戦では、ジョーカーメモリの能力と翔太郎の戦闘センスを最も活かせる姿という事もあり、メタルシャフトをはたき落とされ、クロスカウンターで放たれたライダーパンチで倒された。
なお、撃破されてからしばらくは死んでおらず、大道克己がエクスビッカーを作動させてメモリが手元から離れたタイミング(羽原レイカが克己にトドメをさされるのとほぼ同時期)で消滅している。

外見

銀色の体色をした金属質の身体をしている。複眼状の右目が仮面ライダーを思わせる。
剛三が元々持っていたロッドも変形して槌のような形状のメタルシャフトになっている。
変身後も細マッチョではあるのだが、変身前の方が強そうというのは多分禁句。

派生作品

ロストヒーローズ2

トリガー・ドーパントと共に風都タワーの警護を担当。

天下分け目の戦国MOVIE大合戦

武神鎧武傘下の量産型怪人として登場。
最後は仮面ライダーバロンオーズアームズオーズバッシュを受けてルナ・ドーパント共々爆死した。

バトルスピリッツ

コラボブースター『相棒との道』で登場。
破壊時にコアシュートを行う事で疲労状態でフィールドに残るというNEVERの不死性を再現した効果を持つ。
死んでもエターナルへの疲労効果を防ぐという設定通りの防御担当でもある。

備考

声と人間態を演じた中村浩二氏は平成ウルトラマンTDG三部作TDG三部作スーツアクターとして知られており、狙ったものか不明だがメタル・ドーパントはウルトラマンと同じ銀と赤のカラーリングが成されている。また、監督の坂本浩一氏はかつて中村浩二氏と同じ事務所の所属であった。
ただし、メタルのスーツアクターは横田氏が担当している。

余談

人間の姿の時点でロッドを所持しており、変身する際は武器ごと変身する(変身前後でロッドのデザインが変わる)珍しい怪人である。

関連タグ

仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ
NEVER(仮面ライダーW) 堂本剛三 ドーパント 棒術
トリガー・ドーパント ルナ・ドーパント ヒート・ドーパント

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15183

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました