ピクシブ百科事典

長島☆自演乙☆雄一郎

ながしまじえんおつゆういちろう

長島☆自演乙☆雄一郎**(ながしま じえんおつ ゆういちろう)は、1984年7月2日生まれの日本のコスプレイヤー兼キックボクサーである。本名は長島雄一郎。
目次[非表示]

概要

バックボーンは柔道フルコン空手日本拳法。特に日本拳法の技術は他の格闘技と全くセオリーが違うせいか、戦いが雑に見え、実際にそういった批判も少なからずあり、ネット掲示板ではそのことに起因するいざこざが発生することもしばしば…。
テレビの実況中継では魔裟斗が「カウンターがうまい、フェイントを入れながら確実に当ててる」と解説しているが格闘技素人では分からない。

格闘技をを目指したきっかけは中学3年時にK-1でアンディ・フグを見て憧れたことからで、「選手ではなく観客が満足する試合をやりたい」とインタビューで語るなど魅せる意味でのプロ意識は高い。
また、猪木が引退後に主宰したプロレス団体UFOに入団を問い合わせたこともあるというぐらい、プロレスにも興味を持っており、2011年5月に佐藤耕平戦でプロレスデビュー。見事白星で飾る。

実弟はプロボクサー(スーパーウェルター級の日本ランカー)の長島謙吾。

戦績

2005年~2006年の間総合格闘技に取り組み、2007からリングネームに☆自演乙☆を加えNJKF(ニュージャパンキックボクシング連盟)でプロキックボクシングデビュー。

2008年11月9日に古川照明を下し同連盟の初代スーパーウェルター級王者になった。この時のコスプレは初音ミク。その後、DEEP PROTECT IMPACT2008にてサクシー・ケイ・リバーに勝利後「アニオタによるK-1制圧作戦が実行に移されようとしています」と、K-1出場をアピールした。

2009年2月23日、K-1 WORLD MAX~日本代表トーナメント~に出場。初戦で昨年準優勝のHAYATOをKOで倒しベスト4に残るも1回戦でカットした傷口が開きドクターストップ。
この大会での目標であった「3回入場する」は達成できなかった。この時はマクロスFランカ・リーの衣装と入場曲を3種類用意していた。
(後日、ランカ・リーの衣装で映画版マクロスFRONTIERイツワリノウタヒメ舞台挨拶に参加している。)

同年4月21日に行われた世界トーナメント開幕戦にファンの推薦を受けて出場するも、初代世界王者アルバート・クラウス(オランダ)に1Rにデビュー後初のKO負け。
ファンに謝罪するとともに再び這い上がることを宣言。
敗戦後、2009年8月から魔裟斗が所属していたシルバーウルフで練習している。
この時の入場は乃木坂春香の秘密乃木坂春香だった。

同年10月26日のK-1 WORLD MAX 2009FINALにワンマッチで出場。シュー・イェン(中国)に1RKO負け。試合後の会見では引退を示唆する発言を残した。
この時の入場は涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒだった。

2010年3月27日、K-1 WORLD MAX 2010~-70kg Japan Tournament~に出場。
MAX史上初となる全試合KO勝利で優勝。試合後リング上で涙をこらえながら残念に引退した魔裟斗やファンにむけて「ポスト魔裟斗にはなれないが自分なりのやり方でMAXを引っ張っていく。MAXは潰させない」と宣言した。
この時は東方Project博麗霊夢八意永琳霧雨魔理沙のコスプレで入場翌日の会見も魔理沙コスで参加した

2010年7月5日、K-1 WORLD MAX 世界トーナメント開幕戦にて、アンドレ・ジダ(ブラジル)に判定勝ち(2-0)。
この時の入場は新世紀エヴァンゲリオンサキエルだった。

2010年11月8日K-1 WORLD MAX世界トーナメントファイナルに出場しマイク・ザンビディス(キリシャ)に3RKO負け。しかし、前年の対外国人戦に比べ、前蹴りで動きを止めてペースを作るなど、キックボクサーとしても成長がみられた。この時ファンの中には『ザンビディスに勝てないようでは世界では無理』といった声もあったが、この年のザンビディスはこの大会で優勝したジョルジオ・ペトロシアンと好勝負を演じ、あわやダウンというシーンもあったため、『この年のザンビディスにあそこまでやれたのはむしろすごい』という意見もあるため、一概に実力を測れる試合ではなかったのかもしれない。この時の入場はSTEINS;GATEフェイリス・ニャンニャンだった。

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜にて、青木真也に2RKO勝ち。ルール上完全に不利だったうえ、レフェリーも対戦相手よりなジャッジをし、誰もが『あぁ、これは腕なり足なり潰されて長期戦線離脱だな』という予想をしていた中、相手有利のルールに切り替わって早々のKO勝ちだったためファンだけでなく関係者も大いに盛り上がったのは、普段解説ではめったに感情を表に出さない魔裟斗が「偉い!!」「乙~!乙~!!よくやった!!」「K-1なめんなよ!!」と、立ち上がって叫んだ事からも明らかである。この時の入場は探偵オペラミルキィホームズ明智小衣だった。

関連イラスト

/筋肉はパワーだぜ!!\
自演乙おっつおつ 画質改善



関連動画



外部リンク

プロフィール(マネジメント契約先アミュレート公式サイト)
公式ブログ
Wikipedia

関連タグ

K-1 格闘技
自演乙

pixivに投稿された作品 pixivで「長島☆自演乙☆雄一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127865

コメント