ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミルコ・クロコップ

みるこくろこっぷ

クロアチア出身のキックボクサー、総合格闘家。K-1やPRIDEに参戦し、日本では知名度が高い。
目次 [非表示]

概要編集

本名:ミルコ・フィリポヴィッチ(1974年9月10日~)

クロアチア出身の格闘家。ニックネームは「クロアチアのターミネーター」。

警察官であり、リングネームのクロコップは、英語で「クロアチア人のコップ(警官)」の意。

キックボクシング出身のストライカーであり、左ハイキックが得意技。パンチも中々強烈。


入場曲はワイルド・ボーイを使用。


来歴編集

1996年K-1GPに初出場開幕戦でバンナに判定勝ち、準々決勝でホーストにTKO負けしベスト8。当時は100キロ以下で軽かったため徐々に増量していくようになる。


1999年のK-1GPで準優勝したが、アーネスト・ホーストに3連敗するなど伸び悩んでいた。


2001年、プロレスラー藤田和之と対戦し、総合格闘技にも挑戦するようになった。

2003年、K-1からPRIDEに移籍し本格的に総合格闘技に専念。2003年や2005年のタイトル戦ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラエメリヤーエンコ・ヒョードルに敗れ、中々王者に届かなかった。

2006年、「PRIDE無差別級グランプリ」でヴァンダレイ・シウバジョシュ・バーネットをKOしてついに優勝。無冠の帝王を返上した。PRIDEから離脱しUFCへの参戦を表明。


2007年、「UFC 67」でエディ・サンチェスに1RTKOで勝利。「UFC 70」でガブリエル・ゴンザーガに失神KO負け。「UFC 75」でシーク・コンゴと対戦し0-3の判定負け。この頃からたび重なるケガに悩まされ、PRIDE時代のようなキレを失う。

2011年、「UFC 137」でロイ・ネルソンと対戦しTKO負け。試合後に引退を示唆した。


2012年よりキックボクシングに復帰。ザグレブ(クロアチア)で開催された「Cro Cop Final Fight」でレイ・セフォーに判定勝ち。

2015年よりUFCに復帰。全米アンチドーピング機関の抜き打ち検査で肩の治療のためヒト成長ホルモンを使用している事を認め、引退。

2016年、引退を撤回し、日本のRIZINに参戦。

2019年2月16日、Bellatorに参戦し、「Bellator 216」でロイ・ネルソンに判定勝ち。


2019年3月2日、頭痛が続くため診断を受けたところ脳卒中と分かり、現役引退を表明した。この引退表明に関しては健康状態的に今度こそ復帰の可能性はない旨を本人が説明している。


おまえは何を言っているんだ編集

おまえは何を言っているんだ」とは、彼が2004年のPRIDE男祭りの煽りVTRの中で発言した言葉である。

彼が描かれていなくても、上記発言のパロディ画像にはこのタグが付けられることがある。

関連記事

親記事

格闘家 かくとうか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290933

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました