ピクシブ百科事典

バグバズン

ばぐばずん

特撮番組『ウルトラマンネクサス』に登場する怪獣(スペースビースト)の一体。ここでは未放映話数に登場したグローラーとブルードも紹介する。
目次[非表示]

概要

  • 体長:40メートル
  • 体重:3万5000トン


甲虫にビースト細胞が取りついて誕生したインセクトタイプビースト。
逆立ちさせたGを思わせる姿をしており、皮膚が固く、尻尾の部分にも顔がある。
普段は地面の中に潜んでおり、地上に出た際はを羽ばたかせて空を飛び獲物を探す。

武器は鋭いと尻尾の口から出す伸びる舌。爪は地面を掘り進む時にも使う。
また、尻尾の顔には鋏のような顎があり、これを不意討ちに使うこともある。

スペースビーストの例に漏れず人間を主食としており、羽が傷つき飛べなくなった際は地中から舌を出して地上の人間を喰っていた。ペドレオンにも匹敵する食いしん坊でもある。
ちなみに金属は食えないようで、人間が乗っていた自動車や、喰われた人間が持っていたスプレー缶をペッと吐き出していた。また、人間を喰った後に爪で歯を掃除するなど、妙に人間臭いところもある。

また、鳴き声にあの怪獣が使われている。
一部は加工を施しているものの、かなり豪華な面子である。

活躍

第5話から第8話まで登場。

出現当初は空中から走行している自動車を掻っ攫い、乗っていた人間を捕食していた。やがて現地に駆けつけた姫矢准が変身するウルトラマンネクサスと交戦。ネクサスの素早い格闘攻撃の前に圧倒されてしまう。
しかし、現地に到着したナイトレイダーは吉良沢優の命により、バグバズンだけではなく、ウルトラマンネクサスに対しても攻撃を開始したために形勢逆転(最終回において、ネクサスを攻撃した理由は「対ビースト用の抗体を作り出すための戦いの調整」であったことが判明)。ネクサスがクロムチェスターαの攻撃を受けて倒れた隙を見計らい、脚に鋭い爪を突き刺して深手を負わせてしまう(ネクサスのダメージはデュナミストにも通るため、姫矢の足にも傷が出来ていた)。
クロムチェスター部隊が更に追撃を続ける中、バグバズンは空へと脱出しようとするがクロスレイ・シュトロームで羽を傷つけられて墜落、地中へ逃亡した。

その後、工場跡の地中に潜伏し、伸びる舌を使って付近に近づいた人間を捕食していた。捕食行為を察知したナイトレイダーの追撃を受けるが、付近でダークファウストがダークフィールド発生に伴う電波障害を発生させたり、工場に迷い込んだ少女への対処を巡って孤門が対立した影響もあり、戦いを優位に進める。

しかし、最期は和倉、石堀、詩織が一斉発射した冷却弾で凍らされ、トドメに西条凪が放ったディバイドランチャーのナパーム弾を受けて爆死した。

椎名高志によるコミカライズ版では尺の都合上、孤門のディバイドランチャーで一撃死している。

バグバズングローラー

インセクトタイプビースト バグバズングローラー


  • 体長:53メートル
  • 体重:3万5000トン
DVDに収録されている未放送回「詩織 -ロストメモリーズ-」に登場したバグバズンの別個体。詳細はリンク先を参照。

バグバズンブルード

インセクトタイプビースト バグバズンブルード(等身大)
インセクトタイプビースト バグバズンブルード(巨大化)


  • 体長:1.8-40メートル
  • 体重:150キロ-3万3000トン

バグバズングローラーの部下であり、いわゆる戦闘員ポジション。詳細はリンク先を参照。

余談

デザインは頭部がカブトムシの幼虫、尾部がイナゴをモチーフとしている。初期案ではシロアリゴキブリクワガタムシなどもモチーフとして検討されていた。

着ぐるみは『ウルトラマンネオス』に登場したシルドバンの改造。

関連項目

スペースビースト
ウルトラマンネクサス ウルトラマンX

関連記事

親記事

スペースビースト いせいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バグバズン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4714

コメント