ピクシブ百科事典

イズマエル

いずまえる

『ウルトラマンネクサス』に登場した最強のスペースビースト
目次[非表示]

データ

種別:フィンディッシュタイプビースト
身長:60メートル
体重:6万千トン
出身地:東京

第36話「決戦 -フェアウェル-」登場

概要

イズマエル


ウルトラマンネクサスの終盤に登場した合体怪獣であり、最強のスペースビースト
ダークザギウルトラマンネクサスナイトレイダーに倒されたガルベロスの死骸をベースに、これまでダークザギが回収していた全てのビーストの細胞を組み込み、核となったガルベロスがビースト・ザ・ワンに戻ろうとした結果誕生したスペースビーストである。
言うなれば強化版ザ・ワンといった存在であり、ザ・ワンにこれまでのビーストの強い部分(ノスフェルの爪、ゴルゴレムの口など)や顔が合体している様な異様な外見である。
また、鳴き声は同じ合体怪獣であるタイラントなどとは異なり、各怪獣の頭がそれぞれ固有の鳴き声を次々と出す(後のファイブキングに近い)。

武器は今までのビースト達のものを全て兼ね備えており、全方位にまるで死角が無い。
スペースビーストにしては珍しく1話のみの出演だが、一斉射撃によりこれまで禄に撃墜された事が無かったクロムチェスター全機撃墜するという圧倒的な力を魅せつけた。
漫画版では「今まですべてのビーストの能力を持ち合わせている!!」と断言されていた。

デュナミストである千樹憐が弱りきっていたというハンデを差し引いても強力であり、その火力と特殊能力をフル活用しネクサスとナイトレイダーを終始圧倒するが、一瞬の隙にオーバーアローレイシュトロームを放たれ倒されてしまった。

だが、メガフラシ戦よりメタフィールド無しで市街地での戦闘を繰り返した為に、TLTの隠蔽工作は最早不可能なレベルに陥ってしまう。
来訪者の装置「レーテ」による記憶操作が行われることになったのだが…そして事態は最終局面へ向かっていく

合体しているスペースビースト

イズマエル
イズマエル


頭部ザ・ワンガルベロスの中央の首
左肩グランテラリザリアスグローラーの頭部
右肩ノスフェルメガフラシの頭部
バンピーラの顔
背中ガルベロスの肩から背中全般、ザ・ワンの背中の突起物
腹部クトゥーラの顔
右腕ノスフェルの腕・ラフレイア花弁
左腕ゴルゴレムの頭部
尻尾グランテラの尻尾の先端
右足ペドレオンの頭
左足バグバズンの頭

フログロスアラクネアに相当する部分がないが、設定上は合体していると思われる。

主な使用武器

“生きてこの光を繋ぐ”


  • 口から放つ熱線
  • ペドレオンの火球
  • ラフレイアの花粉
  • ノスフェルの爪
  • ゴルゴレムの口吻、電撃、火球
  • グランテラの火球
  • バンピーラの糸
  • リザリアスグローラーの熱線
  • メガフラシの電撃

余談

  • デザイナーによると「ガルベロスが全てのビーストと融合し、元のザ・ワンへと戻ろうとした姿」とのことである。
  • バグバズンの頭部、ノスフェルの腕と頭部、ゴルゴレムの口吻、グランテラの頭部と尻尾はそれぞれの着ぐるみからの流用。その他のパーツは新規造形である。
  • 頭部から発せられている鳴き声はメルバの流用。次回作ラゴラスにも使われている。
  • 本編では使用されなかったが、児童誌では「アローレイ・シュトロームやシュトロームソードも通じなかった」と記載している。
  • その複雑なデザインや子供受けの悪いスペースビーストという理由から商品化に恵まれなかったが、2020年に株式会社キャストの特撮大百科シリーズにて、完成品のレジンキャストモデルとして初フィギュア化となった。


関連項目

ウルトラ怪獣
全部乗せ
ジャンボキング
暴君怪獣タイラント
ギガキマイラ
ベリュドラ
ファイブキング
合体戦闘員

関連記事

親記事

スペースビースト いせいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イズマエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69814

コメント