ピクシブ百科事典

ラフレイア

らふれいあ

ブルームタイプビーストに属するスペースビーストの名称。メイン画像一番右の怪獣。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマンネクサス
Episode.09「警告 -ワーニング-」
Episode.10「突入 -ストライク・フォーメーション-」登場

  • タイプ:ブルームタイプビースト
  • 身長:55m
  • 体重:4万8千t
  • 出身:不明

概要

色い巨大なが特徴的な植物型のスペースビースト
日中は地底に身を潜めているが、になると地上に出て活動する夜行性のビーストで、ダークファウストの指示に従い行動している。

武器は花弁から放出する猛毒の黄色い花粉で、この花粉は付着すると瞬時に気化して超高熱を発し、付着した物を瞬く間に炭化させてしまうという性質があり、更に可燃性な上、花粉自体の質量が水素と同等(簡単にいうとむちゃくちゃ軽い)ため拡散しやすく、その為、このビーストへの無暗な攻撃は大惨事を招きかねないという厄介な代物である。

このため、ナイトレイダーネクサスが登場してこのビーストと交戦する為に、メタフィールドを展開し、ラフレイアを隔離した上で、その内部に突入した上で殲滅する作戦を強いられることになった。

一回目は、ネクサスを斃そうとするダークファウストが展開したダークフィールド内でファウストと共にネクサスを挟み撃ちにするが、ファウストがネクサスのパーティクルフェザーを受けてに大ダメージを負ったため、ファウストと共に一時撤退。
続く2回戦目ではファウストが後ろから羽交い絞めにした隙を突き、ネクサスに花粉を浴びせて苦しめるも、和倉隊長から攻撃管制を託された孤門がネクサスにアイコンタクトした後、弱点である花弁へとストライクバニッシャーを照射。これの直撃を受けたラフレイアは花弁内に大量に貯蔵されていた花粉が粉塵爆発を起こし、そのまま大爆発を起こして死滅し、その際の爆風に巻き込まれたファウストも大ダメージを受けたため溜まらず、その場より離脱した。

なお、ネクサスは攻撃の前に孤門の意を察して、打ちを放ってファウストの拘束を解き、事前に脱出していたため無事であった。

余談

スーツはレザイトの改造。

デザイン画の第1稿は直立二足歩行風のデザインであったが、「弱点の花粉袋を目立たせるため花を突き出した怪獣的なものに」という監督の阿部雄一の要望により、ゴルゴレムの前身としてデザインされていた岩怪獣ゴーラムのデザインラインを流用したものに修正された。

花弁はガボラのオマージュである。

関連タグ

スペースビースト ウルトラマンネクサス

pixivに投稿された作品 pixivで「ラフレイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8118

コメント