ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

東京都の企業についてはウィキペディアの記事「ゴーガ」を参照。

データ

身長20m
体重2万t
別名貝獣
出身地西アジア・アーブ国

※身長体重はいずれも最大時。

概要

第24話「ゴーガの像」に登場。
約6000年前にアランカ帝国に出現し、瞬く間に滅ぼしたと言われている伝説の怪獣。
サザエの殻のような貝殻にカタツムリのような体を持ち、目から発射する溶解液で人間を溶かす。この溶解液はジェット機なら10秒、東京タワーなら20秒でたちまち溶けてしまうほどの恐ろしい効果を持つ。また、貝殻をドリルのように高速回転させて30kmの速さで地底に潜ることもできる。この部位は発光し、水爆でも破壊することができないほどの頑強さを誇る。(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)

ゴーガ


美術品密輸団によって東京に持ち込まれた「ゴーガの像」の中に封印されていたが、像をレントゲン撮影するときに照射された放射線の影響で復活し、巨大化して密輸団を皆殺しにすると東京の街を破壊し始める(なお、密輸団はゴーガがアジト内で暴れ回っている事に気付いていたが、とっとと逃げようとせず自分達の正体を知った万丈目たちの抹殺に執着したせいで全滅している。生き残りがいたものの、ボスが残した「万丈目たちの抹殺」という命令を頑なに遂行しようとしてすぐ後ろに迫るゴーガに気付かず踏み潰された。ウルトラシリーズにおいて怪獣によって殺される悪党は数あれど、ここまで状況を読もうとしない悪党は珍しい)。
「ゴーガは火と共に没す」という伝説に従い、水酸化カリウム入りの火薬で両目を潰されて溶解液が発射できなくなったところを自衛隊の火炎放射器による一斉攻撃で倒された。

以降のシリーズでの登場

ウルトラマン
OPの影絵で登場するが、本編には登場していない。

ウルトラマンオーブ
エピソード10構想の第3章にてビランキが召喚した怪獣の一体として登場。
他の怪獣軍団共々、オーブグランドカリバーで地獄へ送られた。なお、ゴーガがウルトラ戦士と戦ったのはこれが初となる。

余談

  • ウルトラQのスチール写真に、東京タワーをバックにパゴスカネゴンペギラと一緒に写っている写真がある。
  • 着ぐるみは合計3体が作られたが、一番大きな着ぐるみは劇中描写のため本当に燃やされてしまった。
  • 復活してまだ間もない小さなゴーガに顔を消され殺されてしまう密輸団のメンバーは、後にウルトラマンスーツアクターとなる古谷敏である。
  • ウルトラ銀河伝説に登場するベリュドラの左腕を構成する怪獣の一体として登場した。
  • 小学館から販売された児童書「ウルトラ怪獣入門」では、劇中に無い怪獣同士の戦いをシミュレーションした企画ページにて、ゴーガもナメゴンスダールとともに登場。三つ巴の戦いを繰り広げた。ゴーガはスダールを尻のドリルで倒すが、ナメゴンの目から放つ溶解液で殻を溶かされ、更に自身の目からの溶解液も通用せず、そのままナメゴンに敗北する。


関連イラスト

ウルトラQ图鉴1
ウルトラ5番目の使い魔 『六千年の呪い』



関連タグ

ウルトラQ ウルトラ怪獣 
アントラー レッドキング バニラ アボラス:ウルトラQの続編ウルトラマンに登場した古代文明を破壊した怪獣(アントラーとレッドキングはマックスで)。

ビカリアマギア:同じく身体の貝殻を高速回転させて地中を移動する巻き貝モチーフのライダー怪人

関連記事

親記事

ウルトラQ うるとらきゅー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゴーガ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゴーガ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10092

コメント