ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ゴーガを眠りの谷より起こすな

驕れる者たちへ 六千年の呪いを込める

アランカは罪とともに没す


曖昧さ回避編集

東京都の企業についてはウィキペディアの記事「ゴーガ」を参照。


データ編集

別名貝獣
身長20m(最大時)、一般的なカタツムリと同程度(最小時)
体重2万t(最大時)
発見地西アジア・アーブ国

概要編集

第24話「ゴーガの像」に登場。

約6000年前にアランカ帝国に出現し、瞬く間に滅ぼしたと言われている伝説の怪獣。

サザエの殻を背負ったカタツムリのような姿をしていて、目から発射する溶解液で人間を溶かす。この溶解液はジェット機なら10秒、東京タワーなら20秒でたちまち溶けてしまうほどの恐ろしい効果を持つ。また、貝殻の一部をドリルのように高速回転させて30kmの速さで地底に潜ることもできる。この部位は発光し、水爆でも破壊できないほどの頑強さを誇る。(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)

美術品密輸団によって東京に持ち込まれた「ゴーガの像」の中に封印されていたが、像をレントゲン撮影する時に照射された放射線の影響で復活し、巨大化して密輸団を皆殺しにすると東京の街を破壊し始めた。

「ゴーガは火の海とともに滅びる」という言い伝えに従い、苛性カリウム入りの火薬で両目を潰されて地中に逃走。神田に現れたところを、自衛隊・火炎放射隊に攻撃されて焼死を遂げる。


なお、密輸団はゴーガがアジトの中で暴れまわっている事に気付いていたが、とっとと逃げようとせず、自分たちの正体を知った万城目たちの抹殺に執着したせいで全滅した(ボスの岩倉はゴーガの像とは別の盗掘品の像に埋め込まれたダイヤモンドを持ち逃げしようとして倒れた像の下敷きになり死亡)。生き残りがいたものの、ボスが残した「万城目たちの抹殺」という命令を頑なに遂行しようとしてすぐ後ろに迫るゴーガに気付かず踏み潰された

ウルトラシリーズにおいて怪獣によって殺される悪党は数あれど、ここまで状況を読もうとしない悪党は珍しい。


以降のシリーズでの登場編集

映像作品編集

ウルトラマン

OPの影絵で登場するが、本編には登場しない。


ウルトラ銀河伝説

ベリュドラの左腕を構成する怪獣の一体として登場。


ウルトラマンオーブ

エピソード10構想の第3章にてビランキが召喚した怪獣の一体として登場。

他の怪獣軍団共々、オーブグランドカリバーで地獄へ送られた。なお、ゴーガがウルトラ戦士と戦ったのはこれが初となる。


シン・ウルトラマン

ウルトラマン出現以前に人類と戦った禍威獣の一体として、「溶解禍威獣カイゲル」という名前で登場。


詳しくは当該項目参照。


書籍・小説・漫画編集

ウルトラ怪獣入門(小学館入門百科シリーズ15)

小学館から販売された児童書「ウルトラ怪獣入門」では、劇中に無い怪獣同士の戦いをシミュレーションした企画ページにて、ゴーガもナメゴンガイロスとともに登場。三つ巴の戦いを繰り広げた。ゴーガはガイロスを尻のドリルで倒すが、ナメゴンには自身の溶解液も通用せずナメゴンの放った溶解液を浴び敗死。


余談編集

  • ウルトラQのスチール写真に、東京タワーをバックにパゴスカネゴンペギラと一緒に写っている写真がある。広報用の宣材と思われ実際の劇中にはこのようなシーンは存在しない。
  • 造形物は合計3体が作られたが、一番大きな着ぐるみは劇中描写のため本当に燃やされてしまった。
  • 復活してまだ間もない小さなゴーガに顔を溶かされ死んでしまう密輸団のメンバーは、後にウルトラマンスーツアクターとなる古谷敏である。『Q』ではケムール人海底原人ラゴンのスーツアクターも務めている。

関連イラスト編集

ウルトラQ图鉴1ウルトラ5番目の使い魔 『六千年の呪い』


関連タグ編集

ウルトラQ Q怪獣 ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

Q怪獣 きゅーかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188154

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました