ピクシブ百科事典

レントゲン

れんとげん

この項目では医療現場などで行われるX線撮影について解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • ヴィルヘルム・レントゲン(Wilhelm Röntgen)。X線を発見して第1回ノーベル物理学賞を受賞したドイツ物理学者
  • X線やガンマ線の照射線量を表す単位。記号はR
  • 6401レントゲン小惑星の名称。
  • HYDEのアルバムのタイトル。→ROENTGEN
  • X線撮影、もしくはそれによって撮影された「レントゲン写真」。→本項目で解説

概要

目的の物体にX線を照射し、透過したX線を写真乾板やフィルムなどに焼き付けて画像化したもの。主に体内のなど、体内の硬組織の様子を見るために行われる。
また非破壊検査の一種でもあるため、空港の手荷物検査や建築物の内部構造の調査など医療現場以外でも用いられる。

表記ゆれ

X線撮影 レントゲン写真

関連項目

X線 ガンマ線
CT/CTスキャン MRI

関連記事

親記事

X線 えっくすせん

pixivに投稿された作品 pixivで「レントゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11917

コメント