2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

身長50m
体重2万トン
別名モグラ(もぐら)怪獣、地底怪獣
出身地東京近郊・伊


概要

第8話「甘い蜜の恐怖」に登場。
伊佐山農業農地試験場の研究員、木村重夫(演:黒部進)が開発したロイヤルゼリーの数百倍の効力を持つ特殊栄養剤・ハニーゼリオンの影響で大きくなった地蜂を食べて巨大化してしまった土竜
超高速で地底を掘り進み、1日36km掘り進むことができるが、火山灰地だと20kmしか進めない。(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)
武器は風速50mの鼻息で重さ30tの戦車を踏み潰すほどの腕力を持つ。
太陽光線が苦手で、普段は地底に潜んでおり夜間か曇天の日にしか現れない。
尚、ハニーゼリオンの地蜂がいた温室にモグラが侵入した原因は自分の管理ミスと木村は傷ついていたが実は温室にモグラを入れた真犯人は木村の学会進出と場長の娘長谷川愛子(演:沢井桂子)との婚約を妬んだ同僚の伊丹一郎(演:岩下浩)の差し金であった。
農業試験場近辺の農村を荒らし回った後、巣に侵入した伊丹の爆破によって地上に出てきたところを自衛隊の攻撃で地底に逃走したが、最後は地底のマグマ層に突っ込み焼死した。
劇中では大モグラと呼ばれており、劇中での自衛隊の看板でも「大モグラ対策司令本部」と書かれている。

その後の作品では

ウルトラゾーン

第15話「東京ジュラ紀」にてアカンバロの瞳の魔力で東京に出現する。
およそ44年ぶりの再登場だが、鳴き声と言及だけの登場に終わっている。

ミニコーナー「怪獣漫才」ではモングラーとともに漫才コンビ「n&ms」を組んでいる。
こちらでは都会でモグラ叩きの店を開いて一発逆転を試みた田舎者という設定であるが、農村に現れて戦車部隊の袋叩きにあったという出来事はこちらの個体も経験していて、トラウマになっている。
なお、地底育ちの本人からすれば田舎も立派な都会とのこと。

ウルトラ怪獣モンスターファーム
モングラー自体は登場しないが、ハニーゼリオンが怪獣達のエサとして登場予定。

余談

あまりにもモグラそのまんまな生態だが、柳田理科雄空想科学読本2にて地底怪獣の地底生活適正を検証した際、参考資料でモングラーは変身怪獣に分類されていたため見落としていた。後に山本弘から指摘本内で「一番地底生活に向いている怪獣はモングラーだろがい」と突っ込まれたが、柳田は「それじゃ何の面白味もないだろ」ということで、新装版の際にもモングラーについては参考覧にその経緯を載せた程度でほとんど言及していない。

尚、ハニーゼリオンは制作時には「ラゼリーB1」、シナリオ準備稿では「キムラ・スーパー・ゼリー」と呼称されていた。

本エピソードには次回作主人公を演じることになる黒部進氏がゲスト出演している。

関連タグ

ウルトラQ 土竜 巨大生物

ゼミストラー次回作主演俳優がゲスト出演したエピソード繋がり

関連記事

親記事

Q怪獣 きゅーかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モングラー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「モングラー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5674

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました