ピクシブ百科事典

プロレス総合格闘技で使用される絞め技の一つで、かつては裸締めと呼ばれていた。(別表記で“裸絞め”及び“裸〆”がある。後者は余り使われない。)
片腕で相手の首を締め付け、もう片方の腕でしっかりホールドする。この時首を締め付けている腕の肘がほぼ正面に来るのが特徴である。
ダメージ部位は喉となるが、気管を塞ぐ状態になり相手を窒息させかねないため、プロレスでは現在多くの団体で禁じ手とされているが、かつては認められていた。
実際アントニオ猪木は得意技の一つにしていたし、後藤洋央紀もかつては得意技にしていた。
チョークスリーパーがいつ反則技になったかは詳細は不明だが、パンクラス旗揚げ時にこの技の使用を認めた事が話題になった事からもその頃には既に反則技と言う認識があったものと思われる。
チョークスリーパーを掛けられた時の返し技も存在し、そのまま持ち上げて後ろへ体重をかけて倒れこみマットに叩きつけるものなのだが、体格差がある事が条件になる。かつてケニー・オメガはこれをコーナートップからやってのけた。なおこの返し技は柔道では危険との理由で禁じ手になっている。
ちなみにではあるが、本来“チョーク”とは手で首を絞めることであり、腕で絞める技はチョークとは言わなかった。

なお技の形が似てはいるが反則にはならないスリーパーホールドは、腕の筋肉で頸動脈を絞め、脳への血流を止めて失神に持ち込む技で全く別の技である。
一部でスリーパーホールドとチョークスリーパーを混同し、スリーパーホールドを「裸締め」と呼称する例があるが、スリーパーホールドの和名は「頚動脈締め」である。

一方で総合格闘技においては正規の技として認められている。柔道でも絞め技の一種として認められており、寝技でメイン画像の体勢で一本を奪った場合は「裸絞(はだかじめ)」が決まり技に記録される。

関連タグ

田井中律 ジャーマンスープレックス

パンクラス:旗揚げ時はプロレス団体でチョークスリーパーを有効とした。その後総合格闘技団体化していった。

関連記事

親記事

プロレス技 ぷろれすわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「チョークスリーパー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「チョークスリーパー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8016851

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました