ピクシブ百科事典

ダガーラ

だがーら

ダガーラとは、平成モスラ三部作の二作目「モスラ2 海底の大決戦」に登場する敵怪獣である。
目次[非表示]

概要

別名「魔海獣」。
古代ニライカナイ文明が毒を分解するバクテリアと太古の海洋生物を合成して作り出した人工生命体のなれの果てであり、もともとは海洋の汚染除去を目的として設計されたが、取り込んだ汚染物質をベーレムという生物に作り変えるという能力を持ってしまった。ヘドラとは毒を使う能力が共通しているが、互いにアンチテーゼのような存在である。

地上では4足歩行するが、後ろ足で立ち上がる事もできる。海洋生物を元にしているため全身にヒレを持ち、海中を自在に泳ぎ回る。のみならずヒレを利用して空中をマッハ10という俄かには信じられない速度で飛翔する事も可能。

能力・スペック

全長:73メートル
体重:1万7千トン
翼長:36メートル
飛行速度:マッハ10
水中速度:150ノット

豊富な光線攻撃を持ち、そのほとんどがを帯びている。口から放つ稲妻状の光線を主な攻撃手段とするほか、肩口の開閉式砲口からベーレムを弾丸のように射撃する、頭部から稲妻を放つ、背中からもビームを連射する等の能力を持つ。
また海中で高速旋回する事で竜巻を作りだし、それにベーレムの大群を乗せて敵にぶつけ、敵を汚染しつつ自由を奪い、水中に引き込んで痛めつけるという戦法も繰り出す。
登場時は成熟しきっておらず、成熟すると肩口の砲口の外側にさらに巨大なビーム砲突起が出現する。

ベーレム

ダガーラが体内で生成する生物。外観はオニヒトデに似ている。オニヒトデのような棘こそ無いが、生物を探知して強酸性の体液を吹きかける能力を持つため単独でも危険である。
また、ダガーラの肩口から砲弾として発射されたり、竜巻に乗って敵にまとわり付いて自由を奪うという攻撃方法にも利用される。
ダガーラの体内にはベーレム生成器官が存在し、これがダガーラの弱点となっている。

作中での活躍

古代ニライカナイ文明により生体海洋浄化システムとして改造されたが、暴走して海洋を汚染し、ニライカナイ文明を滅ぼした。その後は海底に封印状態で眠っていたが、現代において海洋が汚染されたため、復活を遂げ活動を再開する。

沖縄の海をベーレムで埋め尽くし、次いで日本中の海を汚染。そしてニライカナイの遺跡であるピラミッドが出現すると、自身も姿を現し、石垣島を蹂躙する。そこへ飛来したモスラと空中戦を繰り広げ、モスラを海に誘導すると竜巻攻撃でモスラを海中に引きずり込み、散々に痛めつけた。モスラは何とか海上へ脱したが、大ダメージを受けてピラミッド上に着陸、その場から飛び立つ事もできなくなる。
ダガーラは完全に成熟し、再び空中へ飛び出してモスラを爆撃。

しかしモスラがニライカナイの秘宝の力でレインボーモスラに変身すると、あらゆる光線攻撃をバリアに弾かれ、さらに無数のミクロモスラに自身の体内に潜入される。体内のベーレム発生器官を破壊されて失神し、最期はモスラの能力で空中高く吊り上げられたのち、ピラミッドに叩き付けられ、ニライカナイの遺跡とともに消滅した。

漫画版での活躍

漫画版では映画版と同様の設定に加えてダガーラという名が古代ニライカナイ語で掃除機を意味する単語であることや改造される前は1匹の小さな魚であったことが語られた。
そして、レインボーモスラとの戦いに敗れ、死の間際にベルベラに対して「母親に再会する夢を諦めてモスラを助けた航平のような人間がニライカナイにいれば、自分が改造されることはなかっただろう」と言い残すと1粒の魚卵を遺している。

商業的には

優れたデザインの怪獣であるにもかかわらず、ソフビ人形が発売されないなど冷遇されている。

余談

2017年始動のアニメ映画シリーズ『GODZILLA』の歴史年表によると劇中年代における2017年のオーストラリアにこのダガーラが出現したと記載されている。これでダガーラとドゴラは正式にゴジラシリーズの怪獣として扱われたことになる。
ベーレムによる汚染が感染症を発生させるようになっており、このおかげか推定死傷者数は670万人と単独ではゴジラに次いで2位。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダガーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20799

コメント