ピクシブ百科事典

オルガ(ゴジラ怪獣)

おるが

東宝制作の特撮映画「ゴジラ2000ミレニアム」に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

オルガ 【ニコニコ動画用イラスト】


身長60m
全長75m
体重4万t

概要

ゴジラの体にある自己再生能力を司る物質「オルガナイザーG1」を異星人ミレニアンが吸収したが、制御できずに怪獣になってしまった姿。
左右非対称のいびつな形をしている。ゴリラのような長い腕を持ち、ナックルウォークで歩く。
鈍重な外見の割に、腕をバネにして空高くジャンプできるなど身軽。
ミレニアンが乗ってきたUFOと同じく左肩に波動ビーム弾発射口がある。発射前にタメが必要だが、ゴジラを長距離吹き飛ばす威力をもつ。
また不可視の触手も健在であり、UFOを遠隔操作することもできる。
オルガナイザーG1の効果からか、腕を丸ごと吹き飛ばされても瞬時に再生が可能で、ゴジラをうろたえさせたほど。
ゴジラと戦闘に突入し、噛みつくことでゴジラの細胞からオルガナイザーG1を吸収。体にウロコのようなものが生え始めた。その目的はゴジラと同等の生命体に進化することであり、
最後は首ごと顎を割いて巨大な顎とし、ゴジラを丸呑みにしてゴジラ化しようとした。ゴジラの体を飲み込み、背びれまでは手に入れたが、ゴジラの体内放射によって上半身を粉砕され、完全に絶命した(ゴジラはこれを行うためわざと飲み込まれた)。

ミレニアン

身長40m
体重1万t

UFOに乗って地球にやってきた宇宙人で、長い旅の間に肉体を変化させて量子流体化している。
UFOと共に海底に沈んでいたが、探査船の照明を浴びて復活。地球の大気を自分たちに合うように改良した。
UFOがゴジラのオルガナイザーG1を吸収することで肉体を取り戻した(その肉体は、半透明のタコのような外見)が、ゴジラ以外の生命体ではオルガナイザーG1を制御できずにオルガ化してしまった。

余談

オルガのデザイン元は、この作品の前に公開されたハリウッド版「GODZILLA」(1998)に出てくるゴジラ(ZILLA)である。これは、「本物のゴジラが偽物のゴジラをぶっ倒す」という思いが込められているからである。
1部では『没デザインがサンドロス魔デウスに流用されるもそこでも採用には至らず、最終的にディノゾールとして日の目を見ることになった』と言われているが、これは間違いな模様。
実際にとある冊子に掲載されていたデザイン画の中にはそれっぽいものもあるが、中には『背中にある傘状の翼が変形して口となる』と言うボガールを先取りしたかのようなデザインもあった。

2017年公開のアニメ版ゴジラでは、イベント配布の資料の中で過去に登場した怪獣として言及されている。こちらでも宇宙怪獣なのかは不明。
トルコに出現、推定死傷者数は115万人と、言及されている中では最下位(これで最下位だというのだから恐ろしい世界観である)。

関連イラスト

オルガ


関連タグ

ゴジラ ゴジラ2000ミレニアム ゴジラ怪獣 東宝怪獣 宇宙人
ZILLA - オルガのモデルとなった怪獣。

pixivに投稿された作品 pixivで「オルガ(ゴジラ怪獣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20724

コメント