ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

オルガ 【ニコニコ動画用イラスト】


身長60m
全長75m
体重4万t

概要

ゴジラの体にある自己再生能力を司る物質「オルガナイザーG1」を異星人ミレニアンが吸収したが、その力を制御できずに怪獣になってしまった姿。名前の由来はオルガナイザーだと思われるが、「オーガ」(鬼)の読み方を変えた可能性もあるだろうか。

未完成の生物だからか、その姿は左右非対称の歪な形状をしている。ゴリラのような長い腕を持ち、移動時はナックルウォークで歩いたり、腕をバネにして空高くジャンプできるなど巨体に見合わず身軽である。

武器はミレニアンが乗ってきたUFOと同じく、左肩に波動ビーム弾発射口が存在し、その威力はゴジラを長距離吹き飛ばすほど。また不可視の触手も健在であり、UFOを遠隔操作して同時攻撃する事もできる。

最大の特徴は、体内に取り込んだオルガナイザーG1の力を利用した驚異的な再生能力である。例え肩を丸ごと吹き飛ばされても瞬時に再生が可能で、ゴジラを一瞬うろたえさせている。

ゴジラとの戦闘では鋭い牙で噛みつくことでゴジラの細胞からオルガナイザーG1を吸収。体にウロコや背鰭のようなものが生え始め体色も緑がかったものへと変化している。これはオルガのフェイズⅡと呼ばれる形態であり、スーツも通常のオルガとは別に用意されている。

私の名を


その目的は不完全な今の姿を捨ててゴジラと同等の生命体に進化することであり、首ごと顎を割いて巨大な顎とし、ゴジラを丸呑みにしてゴジラ化しようとした。しかしゴジラは自分から進んで体内に取り込まれており、オルガはゴジラの策にはまってしまい体内放射によって上半身を粉砕され、絶命。その亡骸は炭化してしまった。

ミレニアン

身長40m
体重1万t

銀色に輝くUFOに乗って地球にやってきた宇宙人で、長い旅の間に肉体を変化させて量子流体化している。超古代の時代に地球へと飛来しUFOと共に海底に沈んでいたが、探査船の照明を浴びて復活。地球の大気を自分たちに合うように改良しようとした。UFOがゴジラのオルガナイザーG1を吸収することで肉体を取り戻した(その肉体は、半透明のタコのような外見)が、ゴジラ以外の生命体ではオルガナイザーG1を制御できずに上記のように怪獣化(オルガ化)してしまった。

漫画版

「ゴジラ2000ミレニアム」のコミカライズ作品では「地球に眠っていた宇宙人がオルガナイザーG1を吸収して怪獣化した」という点は共通しているが詳細がかなり異なっている。UFOに乗っていた宇宙人はタコに似た姿をしたミレニアンと違いヒューマノイドで、しかも一人ではなく母星の全住民の意識を一つの流体を移植した結果量子流体化したという設定。個体を捨て一つの意識となったというSF作品などで見られる設定だが、彼らの場合地殻変動で滅んだ母星から全住民を脱出させるための苦肉の策であり、それ故失った肉体を取り戻すためにオルガナイザーG1を求めたのである。量子流体の状態でも人間の姿を借りたり(不純物が少ないため、幼生体(子供)の方がコピーしやすいとのこと)、流体を圧力をかけて弾丸にするなどの能力を発揮している。

オルガナイザーG1を得て人間としての身体を取り戻したと思ったもつかの間、拒絶反応が出て崩れ始める。そして用済みとなったゴジラに仕向けたUFOを破壊されたと同時に憤怒と共にオルガに変貌した。大激戦の末、追い詰められるも最終手段としてゴジラを吸収して最強生物になろうとする。映画と違い巨大ゴジラというべき姿にまで変わっていくも吸収途中で覚醒したゴジラの放射火炎で焼き尽くされる。一部は生き残っていたがすでに虫の息であり、ゴジラに問いかけた後返答代わりの放射火炎が直撃、断末魔を上げながら滅び去った。

「バ、バカな……。たった一匹の獣ごときに我々が……。なんだ…、なんなのだおまえは……ゴジラ…!!」

怪獣惑星および怪獣黙示録

2017年公開のアニメ版ゴジラでは作品の歴史上において過去に登場した怪獣として言及されており、ダガーラなどと同じように映像でもワンカットだけ映っている。

作中では2022年のトルコに出現。推定死傷者数は115万人と、言及されている怪獣災害の中では最下位だったが、前日譚である『怪獣黙示録』にて衝撃の事実が発覚。オルガが襲撃した場所はトルコ最大の難民キャンプであり、死傷者数が少なかったのは難民の被害者がその数に計上されていなかったためであった。そして難民の被害者を計上した場合、一千万人ではとても足りないであろうという特撮史上でも類を見ないほどの死傷者を出していたことが語られた。

さらには、黒海からロシア艦隊がオルガに対して生物兵器を利用したが難民に多大なコラテラルダメージを与えたとの報告もあるが、難民キャンプの崩壊後の難民の流出を防ぐためか、ロシア艦隊が生物兵器を使用したのはオルガではなくて難民であったという話も存在する。

だがオルガ自体の描写は歴史年表資料で言及された他の怪獣と違いほとんど無く(語り手も直接オルガを見たわけではないので語りようがないが)、原典での特殊な出自も相まって不自然さと不気味さを醸し出しているという声もある。

その後の研究では、採取した体組織から宇宙由来の成分が発見されたため、宇宙生物ではないかという仮説が出ている。また、研究者ごとに意見の相違が大きいものの、ゴジラの近似種あるいは、ゴジラから直接派生した怪獣ではないかという説も存在している。

ちなみに、能力は不明だが肩の発光や反動をつけたような姿勢、前方のアスファルトのようなものが吹き飛ばされるような描写から、波動砲または飛び道具を使えるのかもしれない。

余談

  • オルガの顔のデザイン元は、この作品の前に公開されたハリウッド版「GODZILLA」(1998)に出てくるゴジラ(ZILLA)である。これは、「本物のゴジラが偽物のゴジラをぶっ倒す」という思いが込められているからである。だが、はるか彼方の昔に自身の乗ったUFOが海に落下し、体が粒子状になっても生き続ける。その後人類に見つかり復活し、UFOを使って地球侵略を行う。ゴジラのオルガナイザーG1を取り込み再生し、しまいにはゴジラを完全に取り込もうとする一連の行動をみるとこの生命体に近い。(ゴジラ自身のコンセプトデザインにもハリウッド版を大きく意識したものもあったことも事実であるが)。
  • 一部では『没デザインがサンドロス魔デウスに流用されるもそこでも採用には至らず、最終的にディノゾールとして日の目を見ることになった』と言われているが、これは間違いな模様(とある冊子に掲載されていたデザイン画の中にはそれっぽいものも多数見受けられるので、同じようなデザイン論で制作されたものと思われる)。中には『背中にある傘状の翼が変形して口となる』と言う後のボガールを先取りしたかのようなデザインもあった。


関連イラスト

オルガ
オルガ ジアザー?


関連タグ

ゴジラ ゴジラ2000ミレニアム ゴジラ怪獣 東宝怪獣 宇宙人
ZILLA - オルガのモデルとなった怪獣。

関連記事

親記事

ゴジラ怪獣 ごじらかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オルガ(ゴジラ怪獣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29916

コメント