ピクシブ百科事典

サンダ対ガイラ

さんだたいがいら

サンダ対ガイラとは、東宝制作の特撮映画である。
目次[非表示]

概要

フルタイトルは「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」。

前作「フランケンシュタイン対地底怪獣」が興行的に成功したため制作された映画で、前作とは一部設定や出演者が共通している。今作も日米共同制作。

作風は前作同様シリアスアダルトな雰囲気になっている。今作の根底には日本の神話「海彦山彦」があり、親子でも兄弟でもないクローン怪獣・サンダガイラの対決はどこか哀愁を漂わせている。

東宝自衛隊の特殊兵器メーサー殺獣光線車が初登場した映画でもある。

あらすじ

嵐の夜、三浦半島を航行中の漁船が巨大なタコに襲われ沈没する。

生き残った船員は「仲間は全員タコに続いて現れたフランケンシュタインみたいな怪物に喰われた」と証言し、海からは喰われた船員の衣服が引き上げられた。

フランケンシュタインを研究しているスチュワート研究所のスチュワート博士は、バラゴンと戦い死んだフランケンシュタインが復活したのではないかと問われるが、仮に復活したとしても海にいたり人を襲う事はあり得ないと答え、所員の戸川アケミも否定する。

その後もフランケンシュタインと思われる怪物の目撃情報は相次ぎ、スチュワートとアケミは昨年フランケンシュタインが消えた富士山へ、科学者間宮博士は横須賀へ向かう。果たして引き上げられた漁船からは海棲生物の細胞が、富士山では巨大な足跡が発見された。

体細胞の調査の結果フランケンシュタインと同一のものであることが判明した直後、羽田空港に怪獣ガイラが出現。またしても犠牲者を出してしまう。

自衛隊は最新兵器メーサー殺獣光線車を使用したL作戦でガイラを追い詰めるが、そこにもう一人のフランケンシュタイン、サンダが現れた。

登場怪獣

サンダ
ガイラ
大ダコ

関連タグ

東宝特撮

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダ対ガイラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21820

コメント