ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
エドモントニア
1
白亜紀後期のアメリカやカナダに生息した鎧竜の一種。

概要

全長7m、体重4トン近くになる大型の鎧竜ノドサウルス科に属し、尻尾のハンマーを持たない代わりに、肩の上のスパイク状の皮骨板が大きく発達する。このスパイクは性的ディスプレイや、肉食恐竜への威嚇、攻撃に用いられたと考えられる。


白亜紀最後の1000万年間に、アメリカとカナダでは入れ代わり立ち代わり3種のエドモントニア属(E.ルゴシデンス→E.ロンギケプス→E.シュレスマニ)が登場した。最後の種であるE.シュレスマニは、恐竜時代の終わりを見届けたようだ。E.シュレスマニは、同じ鎧竜のアンキロサウルスのほか、ティラノサウルストリケラトプスと共存していた。

一時期、E.ルゴシデンスには「カススターンバーギア」、E.シュレスマニには「デンヴァ―サウルス」の属名が与えられていたが、現在ではいずれもエドモントニア属とされている。


ノドサウルス科では珍しく、かなり完全な化石が見つかっている。全身骨格も復元されており、イベントなどで見る機会もあるだろう。


古代王者恐竜キング

第6紀から登場したが、強さ1600と低めに設定された。第6紀ではまもりタイプ、2007第1紀から2007第4紀+はそっこうタイプ、激闘!ザンジャークではゆうきタイプ。土属性


キャッチコピーは「突撃重戦車」。


北米のたまご使用時に出てくる事もある。


テレビアニメでは第55話で宇宙海賊ザンジャークのグーネンゴの恐竜として登場。わざカードは「ビッグロックローラー」を使用していた。



関連項目

恐竜

パノプロサウルス

概要

全長7m、体重4トン近くになる大型の鎧竜ノドサウルス科に属し、尻尾のハンマーを持たない代わりに、肩の上のスパイク状の皮骨板が大きく発達する。このスパイクは性的ディスプレイや、肉食恐竜への威嚇、攻撃に用いられたと考えられる。


白亜紀最後の1000万年間に、アメリカとカナダでは入れ代わり立ち代わり3種のエドモントニア属(E.ルゴシデンス→E.ロンギケプス→E.シュレスマニ)が登場した。最後の種であるE.シュレスマニは、恐竜時代の終わりを見届けたようだ。E.シュレスマニは、同じ鎧竜のアンキロサウルスのほか、ティラノサウルストリケラトプスと共存していた。

一時期、E.ルゴシデンスには「カススターンバーギア」、E.シュレスマニには「デンヴァ―サウルス」の属名が与えられていたが、現在ではいずれもエドモントニア属とされている。


ノドサウルス科では珍しく、かなり完全な化石が見つかっている。全身骨格も復元されており、イベントなどで見る機会もあるだろう。


古代王者恐竜キング

第6紀から登場したが、強さ1600と低めに設定された。第6紀ではまもりタイプ、2007第1紀から2007第4紀+はそっこうタイプ、激闘!ザンジャークではゆうきタイプ。土属性


キャッチコピーは「突撃重戦車」。


北米のたまご使用時に出てくる事もある。


テレビアニメでは第55話で宇宙海賊ザンジャークのグーネンゴの恐竜として登場。わざカードは「ビッグロックローラー」を使用していた。



関連項目

恐竜

パノプロサウルス

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー