ピクシブ百科事典

バリオニクス

ばりおにくす

中生代白亜紀前期のイギリスに生息していた獣脚類の大型肉食恐竜。
目次[非表示]

データ

足にある大きなカギ爪とワニによく似た細長い頭部が特徴で、名前はラテン語で「重たい爪」を意味する。当初はワニ類の可能性が指摘されていた。
前足の親指に当たる指に長さ30cmにもなる大きな爪があり、これが名前の由来となっている。
歯や顎の形状、発見された化石の胃の部分から消化されかかった魚が発見されたことなどから、魚食性と考えられている。
特に胃の部分から消化された痕跡のある魚の化石が発掘されている点から見ても、少なくとも魚を食べることがあったのは間違いない(余談だが魚の化石と共にイグアノドンの骨の破片も胃の内容物として保存されている。屍肉を食べたのか、生きている個体を襲って捕食したかは不明)。

全長は約8メートルから10メートルほど。体重は約2トン程度と考えられている。
化石の発掘数が極端に少ない非常に珍しい恐竜であり、ほとんど化石は発掘されていない。

本種の近縁種には、後に研究が進んで判明したスピノサウルスなどがいるが、スピノサウルスは本種よりもかなり大型であった。
またバリオニクスには見られない大きな帆が背中にあった。
スピノサウルスは第二次大戦によって化石が失われ、長い間研究が進んでいなかったが、バリオニクスの発見を機に研究が進み、バリオニクスの近縁種だと判明している。

このためこの種類の恐竜で最初に詳しい研究が行われたのは本種である。熱心な恐竜ファンならばスピノサウルスよりも真っ先にバリオニクスの名を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。
他に近い種類の恐竜はスコミムスイリテーターなどもいる。
中でもスコミムスは、バリオニクスと同一種だと考える古生物学者もいる。

ちなみに本種を含めた上記の4種はいずれも恐竜キングやカセキホリダーシリーズにも登場している。

関連イラスト

バリオニクス
バリオニクス




関連タグ

恐竜 爬虫類 古生物
スコミムス イリテーター スピノサウルス
恐竜キング
ワニ

pixivに投稿された作品 pixivで「バリオニクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9276

コメント