ピクシブ百科事典

ジュラシック・パークIII

じゅらしっくぱーくすりー

『ジュラシック・パークIII』とは、2001年に公開された映画で、『ジュラシック・パーク』シリーズの第3作目。
目次[非表示]

未だ見たことのない世界があった…

概要

2001年に公開された映画で、『ジュラシックパーク』シリーズ第3作。前作までの哲学的な要素はほぼ見られず、ファミリー向けパニックアドベンチャーに仕上がっている。
また、今作以降マイケル・クライトンの原作に相当する作品がない完全オリジナルストーリーとなっている。一応、原作1作目で描かれた翼竜を飼育する鳥籠が登場するなどの共通点はある。

新たに本作の目玉として、T-REXをも凌ぐ戦闘力を持つとされる恐竜スピノサウルスが登場する。ただし、実際にスピノサウルスが本作のような生態を持つかは、疑問視されている。

第22回ゴールデンラズベリー賞にて最低リメイク及び続編賞にノミネートされた。ラジー賞にノミネートされるのは前作も同様である。

あらすじ

8年前のジュラシック・パーク事件の生存者アラン・グラント博士は、研究資金を得るため実業家・カービー夫妻によるソルナ島の恐竜飛行見学のガイドを引き受ける。

しかし島の上空を飛ぶだけという約束は破られ、飛行機は島に上陸。カービー夫妻の真の目的はソルナ島で行方不明になった息子・エリックを捜すことだったのだ。

やがて肉食恐竜が一行に襲い来る。それはT-REXよりも巨大な、そして強力な恐竜だった。

登場人物

演:サム・ニール(吹:小川真司
古生物学者で、8年前のパークの事件の当事者。
第1作のような子供嫌いの面は失せているが、機械音痴は今でも変わらない。
発掘資金に困っていたところ、それをエサにカービー夫妻にまんまと騙され、再び恐竜とのサバイバルに巻き込まれることとなる。

  • ポール・カービー
演:ウィリアム・H・メイシー(吹:納谷六朗
実業家でカービー・エンタープライズの社長。というのは嘘で、実際にはしがないタイル塗装業者。アマンダとも実は離婚している。
頼りない中年だが、恐竜から身体を張って家族を守るなど、次第に父親としての信頼と家族の絆を取り戻して行く。

  • アマンダ・カービー
演:ティア・レオーニ(吹:渡辺美佐
エリックの母でポールの元妻。当初は息子を心配する余り島で何度も大声を出し、グラントたちをヒヤヒヤさせるが、その後徐々に用心深くなっていった。

  • ビリー・ブレナン
演:アレッサンドロ・ニヴォラ(吹:内田夕夜
グラントの助手。若さゆえに研究資金のためと称しラプトルの卵を盗み出してしまい、一行を危機に陥れる。
その後エリックを守るためプテラノドンの攻撃に身を晒し行方を暗ますが、ラストで奇跡的に米軍に保護され生還した。

  • エリック・カービー
演:トレヴァー・モーガン(吹:北尾亘
カービー夫妻の息子。ソルナ島付近でパラセール中に遭難してしまい、以後2ヶ月も単独で生き延びたタフな少年。イアン・マルコムに対する評価でグラントとは気が合う。最終的には両親と再会し無事に島から生還する。

  • ユデスキー
演:マイケル・ジェッター(吹:佐々木敏
カービー夫妻に雇われた飛行機の操縦士。夫妻に騙されても怒らない温厚な中年男性。ポールに「戦争のプロだなんて嘘だろう」と言われたが、本人はそんな事は一言も言ってないらしい。
ラプトルに重傷を負わされ他の人間を誘き出す囮に使われる。その後頭部を噛み切られ絶命する。

  • M・B・ナッシュ
演:ブルース・A・ヤング(吹:辻親八
カービー夫妻に雇われた飛行機の操縦士。スピノサウルスに衛星電話ごと捕食される。
このために腹から着メロを流しながら佇むスピノサウルスという迷シーンが誕生した。

  • クーパー
演:ジョン・ディール(吹:落合弘治
カービー夫妻に雇われた銃器のプロ。ドヤ顔で恐竜に見立てた飛行機を銃撃し吹っ飛ばしていた。
だがその腕前もスピノサウルスには通用せず、呆気なく食われてしまう。彼が捕食される際、グラントたちを乗せた飛行機がスピノサウルスの背びれの先端に激突し森に墜落したため、一行は島から出られなくなった。

  • エリー・デグラー
演:ローラ・ダーン(吹:安藤麻吹
第1作にも登場した古植物学者で、グラントの元恋人。国務省の男性と結婚し子供が2人いる。
ラストで夫の伝手で米国海軍を出動させグラントたちを救う。
ちなみにカービー夫妻がどんなに助けを求めても国は動かなかった。世の中コネが全てである。

  • ベン・ヒルデブランド
演:マーク・ハレリック(吹:内田直哉
アマンダの現在の恋人で、エリックとともにソルナ島のパラセールを行い遭難する。
後にパラシュートで木に吊るされたままのミイラ化した死体がグラントたちに発見される。未公開シーンではラプトルに襲われるシーンがあったらしい。

  • エンリケ・カルドソ
演:ジュリオ・オスカー・メチョソ(吹:楠見尚己
違法のパラセーリングを行う会社のオーナー。物語冒頭で船の操縦士とともに船上から突如姿を消す。プテラノドンの巣にあった人骨は恐らく彼らのものだと思われる。

登場する恐竜及び古代生物

アンキロサウルス、ケラトサウルス、コリトサウルス、スピノサウルスはインジェン社の公式リストには含まれていないそうだ。

今作の目玉恐竜。制作に携わったジョン・ホーナー博士によると、最大の肉食恐竜であることが、目玉恐竜として選ばれた理由だとのこと。

劇中ではT-REXを倒すが、実際に戦えば、体の大きさによってはT-REXが勝つだろうと当時から言われていた。陸上だけでなく水中からでもグラントたちを襲い、執拗に苦しめる。さらに、T-REXを上回る体格に似合わぬ俊敏な動き、長大な腕を持つなど圧倒的な戦闘力を誇るが、その反面知能は低く、間抜けな場面も結構目立つ。

スピノサウルスによる河川での襲撃シーンは、第一作目でカットされたティラノサウルスによる河川での襲撃シーンを意識しているとも言われている。


今作の影の目玉恐竜。
前作までとは異なり、今作ではオスとメスとで外見上に違いがある(オスは頭に羽毛が生えている)。1つの群れの中のほとんどの個体はオスで、メスは1・2頭いる程度。どうやら群れを支配するのはメスの様である。
今作では、終盤になってやっと姿を現した前作までとは対照的に、序盤でいきなり登場(グラント博士の悪夢の中ではあるが)。その後中盤で本格的に登場。草原では時速72kmというものすごいスピードで走っており、森林では罠を仕掛けるというこれまで以上に知能的な行動も捕っている。
問答無用で襲ってきた前作までと違い、今回はビリーに卵を盗まれたことに怒り、どこまでもしつこく襲ってくる。ラストで卵を取り返した後、グラントのラプトルの鳴き声の真似に混乱して立ち去る。

少しだけ登場。シリーズ皆勤賞。

少しだけ登場。名前のみを含めるとシリーズ皆勤賞。

少しだけ登場。シリーズ皆勤賞。

通称コンピー。中盤で虫を捕らえるなどで少しだけ登場。彼らのような小型の恐竜は、T-REXの尿の臭いで逃げるというが、スピノサウルスのような一部の大型の恐竜には効果がないらしい。

ビリーを失ったと思い意気消沈する一行の前に姿を現し、その雄大な姿で希望を与える。

前作までの「王者」だが、今作ではスピノサウルスの噛ませに甘んじる。その後は全く登場しない。ジュニアと同じ個体だと推測するファンもいるが、実情は不明。

ビリーの台詞にのみ登場。設定上は第1作から存在することになっている。

バリオニクスと同様ビリーの台詞にのみ登場。

シリーズ初登場。パラサウロロフスの群れの中に何頭も混じっている。

シリーズ初登場の鎧竜類。森や水辺に登場する。

こちらもシリーズ初登場。グラントたちの前に現れるが、スピノサウルスの糞にビビって、結局何もせずに立ち去る(何がしたかったのだ)。
この恐竜の見た目は、T-REXのCGを流用して造られているため、何の恐竜なのかほとんどわからない姿となっている。

スピノサウルスと並ぶ今作の目玉恐竜…もとい翼竜
エリックを攫い雛の餌にしようとすると言う恐ろしく古典的な役で登場。鳥の様に羽ばたいての飛行が本作では出来ている(実際は滑空していたのでは?と言われる)。
そしてなぜか歯が生えている。

余談


スピノサウルスとティラノサウルスのオリオン竜類同士の戦闘の結果については、国内外でかなりの物議を醸したが、恐竜学会で著名な人々 (ジョン・ホーナー博士・ニザール・イブラヒム博士・ポール・セレノ博士) は2001年発売の英語版の公式DVDや2014年のナショナルジオグラフィック(参照) にて (そもそも両種が全く異なる時代と大陸に生息していた事を踏まえた前提で) このように述べている。

  • 「恐竜についてはどれ程すごかった(または凶暴だった/猛々しかった)のかよくわかっていない。その度合いを体長で測るのなら、地球上の陸棲肉食動物でスピノサウルスほどの大きさを持つ存在は他に存在しない。私の個人的な考えでは、ティラノサウルスは捕食者というよりもスカベンジャーだったのかもしれないが、スピノサウルスは捕食者だった。」
  • 「スピノサウルスが水棲であり、四足歩行だという可能性も上がってきたので、他の捕食者との戦闘が起こっても、映画での描写とは全く異なるものになるかもしれない。」
  • 大型の捕食者同士は、お互いに避けていた可能性が高い。スピノサウルスが上陸しても、他の捕食者と戦わなかっただろう。
  • 戦うとしたら、最初に強力な噛みつきが決まった方が勝利するだろう。


  • 咀嚼力はティラノサウルスの方が圧倒的なのは事実だが、生物の戦闘において、身体の大きさと体重が重要なファクターを占める事は事実であるため、再考が必要である。2007年に、スピノサウルスに関する新たな説が唱えられ、12.6~14.3mぐらいとこれまでの推定体長よりも短いが、体重がおそらく12~20.9tになった可能性が発表されている。ティラノサウルスは、推定体重がこれまで4.5~18.5tと激しく変動してきたが、近年は最大で9t以上、または別の計算方法の推定値の上下の値にエラーがあるため、9.5~18.5tの間を取って14tとしている。
  • もっとも、スピノサウルスが半水棲であった事もあり、両者が平等にポテンシャルを発揮できる条件など存在しない。
  • スピノサウルスが暮らしていた当時のエジプトには、生態系のポジションがティラノサウルスと似るカルカロドントサウルスも暮らしていたが、スピノサウルスの獲物や狩場が大きく減少する乾期などに獲物や縄張りをめぐる争いをしていたようで、その際に負ったと思われる傷跡が残るスピノサウルスの化石も見つかっている。そのため、スピノサウルスはそうしたカルカロドントサウルスとの戦闘には敗れたという説もあるが、襲われたのが小型の個体だったのかもしれないし、乾期が年中続くわけではないので、雨季には本来のポジションに戻ったのだと思われる。または、そのような状況に対応するためにスピノサウルスが巨大化した可能性もあるのかもしれない。

関連タグ

映画 洋画 恐竜 2001年
アラン・グラント
ジュラシックパーク ジュラシック・パーク ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク ジュラシック・ワールド
スピノサウルス ティラノサウルス ヴェロキラプトル プテラノドン

ダークスパイナースピノサパー…本作の影響で生まれたと言われる事もある。
ギャオス…排泄物からアイテムが見つかってしまう描写が似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュラシック・パークIII」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20364

コメント