ピクシブ百科事典

ジュラシック・パークIII

じゅらしっくぱーくすりー

『ジュラシック・パークIII』とは、2001年に公開された映画で、『ジュラシック・パーク』シリーズの第3作目。
目次[非表示]

未だ見たことのない世界があった…

概要

2001年に公開された映画で、『ジュラシックパーク』シリーズ第3作。前作までの哲学的な要素はほぼ見られず、ファミリー向けパニックアドベンチャーに仕上がっている。
また、今作以降マイケル・クライトンの原作に相当する作品がない完全オリジナルストーリーとなっている。一応、原作1作目で描かれた翼竜を飼育する鳥籠が登場するなどの共通点はある。

新たに本作の目玉として、史上最大の肉食恐竜スピノサウルスが登場。これに伴い、タイトルロゴのシルエットもスピノサウルスのものに変更されている。

第22回ゴールデンラズベリー賞にて最低リメイク及び続編賞にノミネートされた。余談だが、ラジー賞にノミネートされたのは前作に引き続きシリーズ2度目である。

あらすじ

8年前のジュラシック・パーク事件の生存者アラン・グラント博士は、研究資金を得るため実業家・カービー夫妻によるソルナ島の恐竜飛行見学のガイドを引き受ける。

しかし島の上空を飛ぶだけという約束は破られ、飛行機は島に上陸。カービー夫妻の真の目的はソルナ島で行方不明になった息子・エリックを捜すことだったのだ。

そして島に降り立った一行の前に、見たこともない肉食恐竜が現れる。それはあのT-REXをも凌ぐ巨体を持つ捕食者、スピノサウルスだった。

登場人物

演:サム・ニール(吹:小川真司
古生物学者で、8年前のパークの事件の当事者。
第1作のような子供嫌いの面は失せているが、機械音痴は今でも変わらない。
発掘資金に困っていたところ、それをエサに観光ガイドを依頼してきたカービー夫妻にまんまと騙され、再び恐竜とのサバイバルに巻き込まれることとなる。
1作目と吹き替えが異なるのは、グラント役を担当した富山敬が本作発表前に他界したため。

  • ポール・カービー
演:ウィリアム・H・メイシー(吹:納谷六朗
実業家でカービー・エンタープライズの社長。というのは嘘で、実際にはしがないタイル塗装業者。アマンダとも実は離婚している。
頼りない中年だが、恐竜から身体を張って家族を守るなど、次第に父親としての信頼と家族の絆を取り戻して行く。

  • アマンダ・カービー
演:ティア・レオーニ(吹:渡辺美佐
エリックの母でポールの元妻。当初は息子を心配する余り島で何度も大声を出し、グラントたちをヒヤヒヤさせるが、恐竜の脅威に晒されてからは徐々に用心深くなっていった。

  • ビリー・ブレナン
演:アレッサンドロ・ニヴォラ(吹:内田夕夜
グラントの助手。パラグライダーが得意。
若さゆえに研究資金に目が眩んでラプトルの卵を盗み出してしまい、一行を危機に陥れる。
その後、エリックを守るためプテラノドンの攻撃に身を晒し行方を晦ますが、ラストで奇跡的に米軍に保護され生還した。

  • エリック・カービー
演:トレヴァー・モーガン(吹:北尾亘
カービー夫妻の息子。ソルナ島付近でパラセール中に遭難してしまい、以後2ヶ月も単独で生き延びたタフすぎる少年。ソルナ島に降り立った後はインジェン社が遺棄したトレーラーに隠れながら生活していた。イアン・マルコムに対する評価でグラントとは気が合う。
最終的には両親と再会し無事に島から生還する。

  • ユデスキー
演:マイケル・ジェッター(吹:佐々木敏
カービー夫妻に雇われた飛行機の操縦士。夫妻に騙されても怒らない温厚な中年男性。ポールに「戦争のプロだなんて嘘だろう」と言われたが、本人はそんな事は一言も言ってないらしい。
ラプトルに重傷を負わされた後、他の人間を誘き出す囮に使われる。その後、失敗したことを悟ったヴェロキラプトルに殺されてしまう。
本来は拾った木の枝でヴェロキラプトルに立ち向かうシーンがあったが、尺の都合でカットされた。

  • M・B・ナッシュ
演:ブルース・A・ヤング(吹:辻親八
カービー夫妻に雇われた飛行機の操縦士。スピノサウルスに衛星電話ごと捕食される。
このために腹から着メロを流しながら佇むスピノサウルスという迷シーンが誕生した。
元の脚本ではナッシュと役回りが逆で、ヴェロキラプトルに殺される予定だった。

  • クーパー
演:ジョン・ディール(吹:落合弘治
カービー夫妻に雇われた銃器のプロ。ドヤ顔で恐竜に見立てた飛行機を銃撃し吹っ飛ばしていた。
だがその腕前もスピノサウルスには通用せず、冒頭であっさりと食べられてしまう。
捕食される寸前、滑走路に飛び出してきたことでスピノサウルスを誘導してしまい、グラントたちを乗せた飛行機とスピノサウルスの接触事故の遠因になった。

  • エリー・デグラー
演:ローラ・ダーン(吹:安藤麻吹
第1作にも登場した古植物学者で、グラントの元恋人。国務省の男性と結婚し子供が2人いる(姓が変わっているのはこのため)。
ラストで夫の伝手で米国海軍を出動させグラントたちを救う。
ちなみにカービー夫妻がどんなに助けを求めても国は動かなかった。世の中コネが全てである。

  • ベン・ヒルデブランド
演:マーク・ハレリック(吹:内田直哉
アマンダの現在の恋人で、エリックとともにソルナ島のパラセールを行い遭難する。
後にパラシュートで木に吊るされたままのミイラ化した死体がグラントたちに発見される。未公開シーンではラプトルに襲われるシーンがあったらしい。

  • エンリケ・カルドソ
演:ジュリオ・オスカー・メチョソ(吹:楠見尚己
違法のパラセーリングを行う会社のオーナー。物語冒頭で船の操縦士とともに船上から突如姿を消す。プテラノドンの巣にあった人骨は恐らく彼らのものだと思われる。

登場する恐竜及び古代生物

前作『ロストワールド/ジュラシックパーク』の舞台となった「サイトB」に棲息する恐竜たちが登場。
今作で初登場となるアンキロサウルス、ケラトサウルス、コリトサウルス、スピノサウルスについては、前作の事件の後にインジェン社(を買収したマスラニ社)により秘密裏に誕生した恐竜とされ、インジェン社の公式リストには含まれていない。

全長13.3m、体高4.9m、体重4t。
今作の看板恐竜。シリーズ史上最大の恐竜として喧伝された。
サイトBにおける頂点捕食者の一つで、T-REXの縄張りを積極的に侵す凶暴性に加え、若いT-REXを真正面から打ち負かすほどの戦闘力を持つ。運動能力も高く、地上ではおよそ時速43kmで走行できるほか、浅い河川では泳ぐことも可能。ただし監督の言によれば知能は低いとされており、劇中でもあまりお利口でなさそうなシーンがいくつか見られる。

制作に携わったジョン・ホーナー博士によれば、前作までの主役だったT-REXに代わる目玉として、「最大の肉食恐竜」というアピールポイントを持つスピノサウルスを抜擢したとのこと。

余談だが、河川での襲撃シーンは第一作目でカットされた「ティラノサウルスが河川でボートを襲う」シーンのオマージュとして採用されたものである。別の脚本では、グラントの鳴き真似に呼応して現れたヴェロキラプトルの群れに襲撃され、激しい戦闘の末に倒される……という流れだったようだ。

全長4m、体高1.5m。
もはや常連となったシリーズの看板恐竜。
今作では大きくデザインが変更され、前2作どころか続編とも異なる形態の個体が登場する。舞台は同じソルナ島のはずだが、前作の個体群となぜこれほどの差異が生じているのかは不明。知能が更にパワーアップしており、いわゆる生き餌を使って人間を罠に嵌めようとする場面が見られる。

今作ではグラント博士の悪夢の中で序盤から顔見せ。その後、ソルナ島に生息していた個体群が本格的に登場する。問答無用で襲ってきた前作までと違い、今回はビリーに卵を盗まれたことに怒り、どこまでもしつこく襲ってくる。ラストで卵を取り返した後、グラントのラプトルの鳴き声の真似に混乱して立ち去っていった。
草原で疾走するシーンが印象的だが、裏設定では走行速度は時速65km~72kmとされており、意外にも1作目のラプトル達(最高時速100km)よりも遅い。

翼長9.8m、体長3.1m。
スピノサウルスと並ぶ今作の目玉恐竜、もとい翼竜
放棄されていた「鳥籠」に生息していたオスの個体群が登場。恐らく冒頭においてボートの乗組員を襲ったのもこのプテラノドンである。
前作では脚本変更により出番をほぼ失ったため、ファンにとっては待望の登場だったが、役回りはエリックを攫い雛の餌にしようとするという恐ろしく古典的なものだった。エンディングでは、閉まりきっていなかった鳥籠の扉から脱出した個体がソルナ島から飛び立っていく。

ちなみに、今作では不可能だったと思われる「鳥の様に羽ばたいての飛行」を行っている(実際には高所から滑空する形で飛翔していたと考えられている)。また、なぜか歯が生えている

全長11.3m、体高4.4m。
シリーズの常連恐竜。成長途中の若オスで、前作のオスと比べると小柄かつやや体色が薄い。前作のジュニアと同じ個体だと推測するファンもいるが、実情は不明。

密林で遭遇したグラント一行を追いかけた先でスピノサウルスと鉢合わせし、格闘の末に頸椎をへし折られて死亡。有り体に言えば、目玉恐竜の噛ませ犬としての登場だった。その後、この個体のものと思われる排泄物が意外な形で登場する。

全長10.7m、体高4.6m。
シリーズ皆勤賞の恐竜。今作の個体はスピノサウルスにも引けを取らない体格を誇るが、序盤に飛行機から眺める景色にチラッと登場するのみ。

全長15.5m、体高15.8m、体重50t。
前作ではリストラされたが、今作にて復活。ビリーを失ったと思い意気消沈する一行の前に姿を現し、その雄大な姿で希望を与える。
第1作および第5作の個体と体色が異なるのは、性別が異なるためとされている。

全長12.2m、体高5.8m。
全長、体高ともに上記のT-REXを上回る驚異の図体で登場。前述した飛行機のシーン、川岸でブラキオサウルスと出会うシーンに群れと親子が映っている。
なお、名前だけならばシリーズ皆勤の恐竜である。

全長7.1m、全高4m。
シリーズ皆勤賞の恐竜。草原でのんびり暮らしていたが、グラント達のせいでヴェロキラプトルの群れから逃げ惑う羽目に。
後の川岸のシーンでも遠方で草を食んでいるのが確認できるほか、序盤で若いT-REXが貪っていた死骸もパラサウロロフスのものとされている。

全長7.1m、全高4m。愛称はコリー。
シリーズ初登場。パラサウロロフスの群れの中に何頭も混じっており、同じような目に遭った。
第5作目の裏設定において移送先のヌブラル島で絶滅したとされており、本作がJPシリーズにおける遺作になる可能性がある。

全長8.5m、全高2.7m。愛称はアンキー。
シリーズ初登場の鎧竜類。ジャングルのシーンでカメオ出演している。

全長1.5m、全高60cm。愛称はコンピー
中盤、エリック達が隠れていたトレーラーが映るシーンでほんの少しだけ登場。

全長9.3m、体高3.7m。
シリーズ初登場。グラントたちの前に現れるが、スピノサウルスの糞にビビって結局何もせずに立ち去る。何がしたかったんだ…。
本作のケラトサウルスのモデルCGはT-REXのCGを流用して造られており、劇中でもパッと見では種別が少々わかりにくい。
コリトサウルス同様、後に移送先のヌブラル島で絶滅してしまったとされる。

ビリーの台詞にのみ登場。設定上は第1作からジュラシック・パークで飼育されている恐竜。

バリオニクスと同様、ビリーの台詞にのみ登場。

余談

生命倫理というテーマを作品の根底に据えていた前2作とは異なり、典型的な娯楽映画へと大きく舵を切った作品であり、シリーズを通してもやや異色の感が漂う一作と評されることが多い。
とはいえ、テンポよく出現する恐竜たちや障害を乗り越えていくアドベンチャー的な味わいを評価する向きもあり、そういったジャンル好きのファンには大いに刺さる内容と言える。

この映画で描かれた、スピノサウルスvsティラノサウルスという時代も生息域も異なる2種の大型肉食恐竜の激突については、国内外でかなりの物議を醸したことで知られる。
世界観的には「2001年のイスラ・ソルナ島において、スピノサウルスが若いティラノサウルスを打ち倒した」という事実がジュラシック・パークシリーズの歴史に刻まれたに過ぎないのだが、この対戦カードは現実世界において大きな話題を巻き起こしたのである。

本作の特典映像では、シリーズ監修を務めるジャック・ホーナー博士が「T-REXは捕食者というよりスカベンジャーだった可能性があるが、スピノサウルスは(T-REXをも襲う)捕食者だった」とし、スピノサウルスが知られうる限り最大の肉食恐竜であったことを指摘している。
もっとも、これらの主張はスピノサウルスの生態があまり解明されていなかった2001年当時のものであり、(T-REXスカベンジャー説にしてもそうだが)現在から見ると実際の生態と掛け離れたイメージも少なくない。

関連タグ

映画 洋画 恐竜 2001年
アラン・グラント
ジュラシックパーク ジュラシック・パーク ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク ジュラシック・ワールド ジュラシック・ワールド/炎の王国
スピノサウルス ヴェロキラプトル プテラノドン ティラノサウルス

ダークスパイナースピノサパー 本作の影響で生まれたと言われることがある。
ギャオス 排泄物からアイテムが見つかってしまう描写がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュラシック・パークIII」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23016

コメント