ピクシブ百科事典

イリテーター

いりてーたー

白亜紀前期のブラジルに棲息していた大型の肉食恐竜。

データ

名前は「苛立たせる存在」を意味する英単語Irritatorをそのままラテン語化したもの。イリタトルと表記する事もある。
本種の化石の存在が公になった際、化石商が本種の化石に石膏で不器用な細工を施していた為に、化石のダメージを修復しようと試みた科学者たちを苛立たせた事からこの名が与えられた。

当初、頭骨しか見つかっていなかったが、後に別の場所で発掘された「アンガトゥラマ」と同一種である事が判明し、先に命名されたイリテーターに統一された。因みにアンガトゥラマの名はトゥピー語に由来し「勇者」と言う意味。

全長は8mほどで、スピノサウルス類としては小型だが獣脚類全体としては割と大型の部類に属する。背中に棘突起からなる低い「帆」があった他、後頭部にトサカがあったかも知れないとする学者も居る(筋肉の付着点に過ぎないとする説もある)。
近縁種と同様、ワニのような長い吻部と長い歯を持ち、主に魚類を食べていたと思われる。その一方で、イリテーターの歯が突き刺さった翼竜の化石も見つかっており、機会があればこうした獲物も躊躇なく襲っていたものと見られる。

関連タグ

獣脚類 スピノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「イリテーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 463

コメント