ピクシブ百科事典

ジュラシック・ワールド/炎の王国

じゅらしっくわーるどほのおのおうこく

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年夏公開の映画で、2015年に公開された映画『ジュラシック・ワールド』の続編にして『ジュラシック・パーク』シリーズの第5作目。『ジュラシック・ワールドII』、『ジュラシック・ワールド/フォールン・キングダム(原題)』とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

2015年に公開された映画『ジュラシック・ワールド』の続編にして、2018年に公開された『ジュラシックパーク』シリーズ第5作目である。監督は『怪物はささやく』などで知られるフアン・アントニオ・バヨナ(J・A・バヨナ)。
公開1年前の2017年6月22日に映画の正式タイトルが『ジュラシック・ワールド/フォールン・キングダム』(Jurassic World: Fallen Kingdom)と発表された。
アメリカでは2018年6月22日、日本では同年7月13日に公開。
画面サイズは、これまでビスタサイズが主流であった『ジュラシックパーク』シリーズとしては初めて、シネマスコープに変更されており、公開される年も前作までは奇数(1993・1997・2001・2015)となるのが基本であったが、これに対して本作は『ジュラシックパーク』シリーズとしては唯一偶数(2018)の公開となっている。

本作ではオーウェン・グラディクレア・ディアリングが引き続き主役を務めつつ新たな登場人物が追加されるのに加えて、前三部作の主要人物であったイアン・マルコムが再登場。恐竜もブラキオサウルスコンプソグナトゥスが再登場する他、新たにバリオニクスカルノタウルスアロサウルススティギモロクなどの恐竜、そして新たなるハイブリッド恐竜インドラプトルが登場する。なお、前作の恐竜はCGで描かれたシーンが多過ぎたため、本作ではそれを反省して、多くの恐竜はアニマトロニクスを使用して撮影されている。

前作の監督だったコリン・トレヴォロウ(本作では製作総指揮)は本作について、製作発表から間もない2015年6月3日時点で「兵器、医学、農業など非娯楽目的の利益の為に他の企業が恐竜を使用している可能性がある」と示唆していた。

そして公開前の2018年2月22日、本作よりさらに3年後の2021年6月11日に次回作を全米での公開を予定している事が公表され、スティーヴン・スピルバーグは本作に引き続き製作総指揮に、監督は前作と同じくコリン・トレヴォロウが、脚本は『パシフィック・リム アップライジング』などで知られるエミリー・カーマイケルが担当する事も明らかになった。

ストーリー

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスによる人災で、テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が閉園して3年後の2018年。イスラ・ヌブラルことヌブラル島ではここ数か月で火山活動が活発化し、パーク崩壊後に解放された恐竜達を脅かしていた。

元「ジュラシック・ワールド」のパークの運用管理者だったクレア・ディアリングは恐竜保護を命題とする「Dinosaur Protection Group(DPG)」を設立し、地球上で唯一恐竜が残された地、ヌブラル島に生息する恐竜の救済を訴えていた。
そんな中、クレアに差し伸べられた「ロックウッド財団」からの救いの手。財団の実質的運営者であるイーライ・ミルズに諭され、DPGのメンバーであるフランクリン・ウェブとジア・ロドリゲス、そして元恐竜監視員でもあるオーウェン・グラディと共にヌブラル島へと向かうクレア。
しかし、『恐竜の王国』たるイスラ・ヌブラルでは、新たなる陰謀が企てられていた。

登場人物

演:クリス・プラット(吹:玉木宏

演:ブライス・ダラス・ハワード(吹:木村佳乃

  • フランクリン・ウェブ
演:ジャスティス・スミス(吹:満島真之介

演:ダニエラ・ピネダ(吹:石川由依

演:イザベラ・サーモン(吹:住田萌乃

  • ベンジャミン・ロックウッド
演:ジェームズ・クロムウェル(吹:中田譲治

  • イーライ・ミルズ
演:レイフ・スポール(吹:内田夕夜

  • アイリス
演:ジェラルディン・チャップリン(吹:池田昌子

  • ケン・ウィートリー
演:テッド・レヴィン(吹:黒田崇矢

  • グンナー・エヴァーソル
演:トビー・ジョーンズ(吹:高木渉

演:B・D・ウォン(吹:近藤浩徳

演:ジェフ・ゴールドブラム(吹:大塚芳忠

登場する恐竜・古生物

以下の体長と体重は、あくまでも一個体のデータであるため、他の個体については不明。多くのデータについては公式twitterの発表に準拠している。当初は、スピノサウルスギガノトサウルスメトリアカントサウルスパキリノサウルスカマラサウルスエイニオサウルスも登場が予定されていた。

恐竜

肉食

Blue


前作に登場したラプトル四姉妹の長女であり、最後の生き残り。彼女が今作のメイン恐竜となる。

ティラノサウルス・レックス


前作及び1作目と同一の雌で、今作で最も早く全体像を現した恐竜でもある。

カルノタウルス


公開前から何かとフィーチャーされていた今作の裏の顔(ただし告知で登場するのは、ティラノサウルスに倒されたシーンばかりであるため、一部からはかませ犬と呼ばれる事も)。全長10.4m、体重1.5t(本作には2頭の成体が登場するが、どちらを指したデータかは不明(両方とも同じという可能性も))。
実はマイケル・クライトンの『ロスト・ワールド』小説版に登場しており(こちらは全長8mとされる)、こちらではカメレオンのような透過能力を持った恐竜と設定されていた(今作ではその設定はない)。このような経緯もあってゲームや派生作品においてもそれなりに出番があり、シリーズファンの間では知られた恐竜であった。

バリオニクス


カルノタウルスと同様、過去作にてちょくちょく存在が示唆されていた恐竜。今作にて満を持して完全登場。全長9.3m、体重2t。
設定は第1作の段階から存在し、ソルナ島には5頭が生息していた。前作ではスコミムスと同じくアトラクション「白亜紀クルーズ」にて生息していたとされており、公式イラストがカメオ出演している(参照)。この個体は黄土色のカラーリング、目の周りに鮮やかな緑色の模様、頭と腕に羽根を備えており、本作の個体とは大きく容姿が異なるが、これが雄雌の違いであるかは不明。

これまでファンでさえも予想だにしていなかったが、正真正銘の元祖ジュラ紀の肉食恐竜の代表がまさかの初出演。成体2頭と亜成体1頭の計3頭が登場する。
成体のうち1頭はヌブラル島にて火山弾の直撃を受けて死亡。もう1頭の成体と亜成体は本国に輸送され、ミルズが企てた恐竜オークションにて亜成体が2番目に落札された。

エリマキ恐竜


実際の姿とシリーズでの姿が全く異なる事で有名な恐竜。
前作ではホログラムとしての登場だったが、今作では本物が登場。ただし登場シーンは非常に短い(ほぼ鳴き声のみ)。ロックウッド財団の傭兵グループがラグーンでインドミナスの骨を捜索している時、付近のジャングルに潜伏していたが、レクシィが現れたため逃げ去った。
本国に輸送された描写がないが、恐竜オークションの商品リストに記載されたため、恐らく救われたと思われる。
後は中盤のロックウッド邸に展示されているオブジェがあったり、終盤の胚保存ケースにてこの恐竜の名前が微かに確認されたりする程度だ。

カルノタウルスやバリオニクスと同様、過去作にてちょくちょく存在が示唆されていた恐竜だが、やはり劇中には登場しない。恐竜オークションの商品リストに記載されたため、恐らく救われたと思われる。

ヌブラル島にて死骸のみ登場。

草食

全長21.5m、体重56t。
パーク崩壊後、無人化したパークのメイン・ストリートを徘徊していた。
初代「ジュラシック・パーク」崩壊後も「ジュラシック・ワールド」の管理域外に生息して、そのまま野生で独自に生き続けていた模様。
成体はあまりの巨体故に輸送出来ず、その1頭(1作目で後ろ足だけで立ったのと同一個体)がヌブラル島の波止場にて壮絶な最期を迎える。
但し、中盤の恐竜オークションの商品リストや終盤の胚保存ケースにて名前が確認された事から、恐らく数頭(幼体かDNAのサンプル、もしくは卵)は救われたと思われる。

全長27.4m、体重20-36t。
成体であっても体高が低かったために「アルカディア号」への搭乗が叶い、ブラキオサウルスとは対照的に再絶滅を免れた事が明確になっている。

JWStyle-Sinoceratops


全長8.1m、体重3t。
今作が初登場にしてシリーズで一番最近に発見された新種でアジア最大のセントロサウルス亜科に属する大型角竜。ウィートリーの麻酔で昏睡状態だったオーウェンを目覚めさせたり、噴火の際はオーウェン達に襲い掛かろうとしたカルノタウルスと一騎打ちしたりと意外とヒーロー役。フリルは穴の部分に皮膜がない復元となっている。元々はパキリノサウルスとなる予定だったが、この恐竜の産地である中国の観客向けに、急遽変更されたらしい。

全長8.9m、体重10t。
シリーズ皆勤賞。少なくとも成体と幼体を含む3~4頭が捕獲され、ロックウッド邸に収容された。

全長10.1m、体重5t。
名前だけを含めればシリーズ皆勤賞。傭兵に捕獲された1頭は輸送される前に、ウィートリーによって歯を抜かれる。

全長9.6m、体重6t。
ミルズが企てた恐竜オークションにて、最初に落札された恐竜。
因みにこの恐竜はインジェン社を買収したマスラニ・グローバル・コーポレーションが秘密裏に研究・誕生させたインジェン社の公式リストには含まれていない種類の1つであり、その中では唯一の現存種でもある。

全長3m、体重91kg。
通称「スティギー」。近年は「パッキー」ことパキケファロサウルスと同一種とされているが、今作では別種として登場。

シリーズ皆勤賞の一種。出番が増えたガリミムスとは対照的に、今作ではほとんど出番がない。

中盤の恐竜オークションの商品リストにて名前のみ登場。
元々は彼が登場する予定だったが、その出番はシノケラトプスに奪われた。

終盤の胚保存ケースにて名前だけが微かに登場。

通称「パッキー」。過去作にてちょくちょく登場していたが、本作には登場しない。恐竜オークションの商品リストに記載されたため、恐らく救われたと思われる。

劇中には登場しない。恐竜オークションの商品リストに記載されたため、恐らく救われたと思われる。

ヌブラル島にて死骸のみ登場。

雑食

全長4.7m、体重226kg。
シリーズ皆勤賞。傭兵に捕獲された1頭が縄で首を絞められながら必死でもがくなど、これまでよりも出番が増えてる。

通称「コンピー」。シリーズで最も小さな恐竜。
ソルナ島から移送され、それ以来ブラキオサウルスと同様に野生で生き続けていたと思われる。

ハイブリッド

インドラプトル


正式名称は「インドミナス・ラプトル」。前作の脅威となったインドミナス・レックスの骨から採取したDNAに、ラプトル(ブルー)や現生生物のDNAを加えて誕生させた新たなキメラ恐竜。他の恐竜や古生物と異なり、性別は(明確に判明してる中で)唯一のである。

前作で脅威となったハイブリッド種。今作では白骨死体としてのみ登場。

恐竜以外の古生物

全長6m、体重30㎏、翼長不明。
火山が最活発化する少し前に、大群で森の上を飛んでいた。
その後どうやって捕獲されたのかは不明だが、数羽がロックウッド邸にて収監されていた。それが終盤とED終了後のエピローグにて、割と重要な役割を担う事になる。

体長25.9m体重30t (場面によっては38m弱) という文字通りの化け物個体。ただしサイズについては16.7m以上、18.3m弱、21.9m以上、22m以上、25.9m弱など諸説あり、公式でもデータが定まっていない模様(他の個体のデータなのかは不明)。また、前作では予告編の度に姿が変化していた(参照)。
プロローグにてヌブラル島を一足先に脱走し、その後ED前のエピローグまで行方不明となっていた(姿を暗ましていた)ため、今作での出番はこの2ヶ所のみ。

序盤のマルコム博士の弁論シーンにて、前作で発生した事件のニュース映像にのみ登場。更に劇中では未確認だが、恐竜オークションの商品リストに記載されたため、恐らく救われたと思われる。

それ以外

この他、以下の恐竜&古生物(恐竜時代とは無関係の物も含む)が、ロックウッド邸に展示されているオブジェや骨格標本として登場している。


余談

カルノタウルスとティラノサウルスの描写については、散々因縁重ねてきたとある会社とある作品に対する風刺なのではないかと推測する声もある。

  • ちなみにカルノタウルスは、原作小説の第2作ではラスボス的な存在として登場した他、コミックスやゲーム作品でも大きな存在感を見せており、映画版への出演を待ち望んだファンも多かった。

これまで設定上でのみ存在を示唆されていたメトリアカントサウルスは、またしても登場ならず。ちなみに裏設定ではヌブラル島にて再絶滅の憂き目に遭ったとされており、遂にシリーズ登場の道が途絶えてしまった事になる。
その他、スピノサウルスケラトサウルスと言った肉食恐竜や、マメンチサウルスコリトサウルス、そしてハドロサウルスといった草食恐竜も、火山活動が活発化する2018年までにヌブラル島で絶滅したとされている。
また、火山噴火の影響で上記の16種以外の恐竜と古生物についても生存は絶望的とみられる。

理論上は「DNAがある限り再復活が可能」とは思われるが、種類が多い故に、現状ではどの種のDNAが残存しているかは不明である。

関連タグ

映画 洋画 恐竜 2018年
ジュラシックパーク
ジュラシック・パーク ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク ジュラシック・パークIII ジュラシック・ワールド
オーウェン・グラディ クレア・ディアリング イアン・マルコム ヘンリー・ウー ジア・ロドリゲス メイジー・ロックウッド

ダイナソー(映画)…カルノタウルスやスティギモロクが最初に映画に登場した作品

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92033

コメント