ピクシブ百科事典

ヘンリー・ウー

へんりーうー

「ジュラシック・パーク」及び映画「ジュラシック・ワールド」の登場人物。
目次[非表示]

概要

演:B・D・ウォン
吹:中村大樹(1作目)、近藤浩徳(『ジュラシック・ワールド』以降)、堀内賢雄(2017年の日本テレビ版『ジュラシック・ワールド』)

施設『ジュラシック・パーク』に登場する遺伝子学者。恐竜のクローン再生の最大の功労者であると同時に、コンピュータにも強く、パークの管理システムにも精通している。
映画では中盤の時点で船で本土に帰ってしまうため出番は少なかったが、原作シリーズではグラント博士、マルコム博士に次ぐレギュラーキャラである。
原作・映画共に笑顔の好人物だが、『ジュラシック・ワールド』以降は闇落ちマッドサイエンティストとなる。

原作版

ハモンドの熱弁に乗せられてクローン研究に参加したが、その目標が実現した現在、ハモンドからはもはや利用価値はないと思われている。恐竜に改良を加えるたび、ソフトウェアのようにヴァージョンをナンバリングするが、そのやり方にグラントは違和感を覚えた。
アーノルドの見落とした点にも気づいてシステム復旧に尽力するが、最後は古生物学者エリー・サトラーを助ける為、自ら犠牲となりヴェロキラプトルに腸を引きずり出されるなどして惨殺される。

映画版

1作目ではジョン・ハモンドに雇われた好青年として登場しアラン・グラントイアン・マルコムに誕生した恐竜の生態などを説明する。その後は原作と違い船で島を後にするが、デニス・ネドリーの起こした事件によりパーク計画は破断する。

その後はインジェン社に雇われ様々な古生物を作り出す権威となり、『ジュラシック・ワールド』では研究主任にまで昇格した。だが1作目でのパーク破断の際に相当な苦労を味わったことから、自身の技能を生かすためなら倫理観などお構いなしのマッドサイエンティストと化してしまい、インジェン社のセキュリティ部門幹部ヴィック・ホスキンスと結託、軍事目的のハイブリット恐竜の製作を行うようになった。そして上層部から展示用のハイブリット種の製作を命じられてインドミナス・レックスを誕生させ、惨劇を引き起こす元凶となった。

ホスキンスの部下の助力で逃亡した後は、騒動の元凶として指名手配されたうえ遺伝学者としての免許も剥奪されたが、ロックウッド財団の実質的運営者イーライ・ミルズの協力を経て、第2のハイブリット種インドラプトルを製作した。

関連人物

ジュラシック・パーク ジュラシック・ワールド ジュラシック・ワールド/炎の王国
マッドサイエンティスト 闇落ち
高遠遙一…同じく指名手配の天才犯罪者。共に敵対する主人公がブラック企業の社員という点も共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘンリー・ウー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 763

コメント