ピクシブ百科事典

ベイピャオサウルス

べいぴゃおさうるす

白亜紀前期の中国に生息していた小型のテリジノサウルス類である。ベイピアオサウルスとも。

概要

全長2.2mほどの小型のテリジノサウルス類である。
名前の由来は「北票(中国の地名)のトカゲ」から来ている。
羽毛化石が残っている恐竜の一つである。長いと長い鉤爪を持つ前足前腕部には、房のような羽毛の跡が発見されている。羽毛は、体温を保つのに役立ったと思われる。後足は短く、の幅が広いため、速く走ることが出来なかった。

関連項目

恐竜 獣脚類 テリジノサウルス類
テリジノサウルス

関連記事

親記事

テリジノサウルス てりじのさうるす

兄弟記事

コメント