ピクシブ百科事典

アラシャサウルス

あらしゃさうるす

白亜紀前期の中国に生息していた中型のテリジノサウルス類である。アルクササウルスとも。

概要

全長3.5~4mほどの中型のテリジノサウルス類である。
名前の由来は「阿拉善(中国の地名)のトカゲ」から来ている。
古竜脚類に似た体形をしていたが、半直立歩行であった。頭骨は小さく、長いと短いを持っていた。前足は長く、後足には幅の広いがある。口先にはがなく、になっていた。またこの恐竜の発見によって、これまで謎とされてきた恐竜テリジノサウルスの仲間の復元研究に大いに貢献した種でもある。

関連項目

恐竜 獣脚類 テリジノサウルス類
テリジノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「アラシャサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88

コメント