ピクシブ百科事典

カマラサウルス

かまらさうるす

カマラサウルスはジュラ紀に生息した中型の竜脚類である。
目次[非表示]

命名

十九世紀に勃発した『化石戦争』で有名な古生物学者エドワード・D・コープがコロラド州で発見された脊椎を購入・研究し、1877年に「カマラサウルス・スプレムス」と命名した。現在のところ四種類(今後の研究でさらに増える可能性がある)が確認されており、成体から幼体まで様々な年齢の個体の状態の良い化石が発見されている。

生態

ジュラ紀後期に北アメリカに広く分布した、カマラサウルス科の竜脚類。体重を抑えるつくりになっている脊椎の空洞に関連して、名前は「空洞のある爬虫類」を意味する。
全長13~20メートル、体重も20トン程度と竜脚類としては比較的小柄だった。

化石の発掘例が多いことから、当時最も個体数が多かった恐竜のひとつとされる。箱型の頭部と、前後であまり長さが変わらない四肢が特徴。ブラキオサウルスに比較的近い仲間とされる。
同時期に生息したディプロドクスと比べ、歯はスプーン型となっており、やや硬めの針葉樹などを食べていたとされている。共存していたディプロドクスやブラキオサウルスと比べると首の上下方向への可動性が高く、比較的色々な高さの植物を食べることができたらしい。

年齢の異なる複数の個体がまとまって発見されていること、歯の化石の酸素同位体の研究から、ある程度の群れを作って渡りをしていたと考えられている。

関連タグ

恐竜 竜脚類 マクロナリア類

pixivに投稿された作品 pixivで「カマラサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1421

コメント