2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

名前は「分厚い鼻の爬虫類」と言う意味。全長5~8m、体重2~4トン。代表的な角竜の一種であり、スティラコサウルスなどのセントロサウルス亜科に属する。1950年に命名されて以来、パキリノサウルス属は現時点で3種が命名されており、カナダとアメリカ(アラスカ)から多数の化石が発見されている。
通常の角竜であれば円錐状のツノになる部分が、平たい瘤のような形状を為すのが最大の特徴。
同種間の力比べの際相手を傷つけないようこうした形状になった、或いは中に骨の芯を伴わないケラチン質の大きなツノを支える土台だった(ツノの組織を繋ぎとめていたと思しき靭帯の痕跡が化石に残されている)など、この瘤については様々な仮説が提唱されている。

NHKスペシャルのパキリノサウルス


現時点では「角質の大きなコブ」が上に載っていたという説が有力であるが、上記の「角質のツノ」復元も時々見られる
近年では寒冷地であるアラスカに生息していたこともあってか、体毛をもっていた可能性も指摘されている。

また、襟飾りの周囲を取り巻くスパイク(種によって形態が異なる)が非常に大きく派手なのも特徴的。スパイクの形状は個体間の差が非常に著しかったようだ。大規模な群れで生活していたことが確実視されており、個体識別に役立ったかもしれない。

化石は大規模なボーンベッド(大量の化石が狭い範囲に密集している状態)を形成していることが多く、様々な成長段階にある化石が発見されている。パキリノサウルスのボーンベッドの研究が、モノクロニウスを疑問名へと追いやることとなった。

古代王者恐竜キング


第3紀から登場。体格の割に強さが1800とえらく高めに設定された。必殺わざはパーで同時に登場した「ライトニングスラスト」を超必殺超わざとして使える。

  • ただし、登場したバージョンの超わざカードは「ライトニングスラスト(代わりにその前のバージョンで登場したエイニオサウルスが描かれていた。超必殺超わざではないのだが…)ではなく「ギガライディーン」の方に描かれていた。超わざではないものの「超必殺わざ」として使える「ネッククラッシャー」の方には描かれていたが。

バトルタイプは第6紀まではあいこタイプ、2007第1紀から2007第4紀+まではカウンタータイプ、激闘!ザンジャークではゆうきタイプ、目覚めよ!新たなる力ではグーグータイプ。ショルダーネームは「究極の角竜」で、スティラコサウルスが登場するまでは雷属性では最高の強さだった。

上記の「角質のツノ」のグラフィックで登場。

「北米のたまご」や「青い恐竜のたまご」を使用した時に出てくる事もある。

テレビアニメでは宇宙海賊ザンジャークのザッパーの恐竜として登場。わざカードはアンハングエラ・ダイブを使用した。

映画での活躍

ディズニー映画「ダイナソー」では脇役の草食恐竜として登場した。
2013年12月に公開した映画「ウォーキングwithダイナソー」では主役の恐竜として登場した。
なお主人公「パッチ」の声優はとんねるず木梨憲武が担当した。

関連項目

角竜 
ゴルゴサウルス…パキリノサウルスと同時期に生息した肉食恐竜で、彼らの天敵だったと考えられている。「ウォーキングwithダイナソー」でも群れでパッチ達の前に立ち塞がった。

関連記事

親記事

セントロサウルス亜科 せんとろさうるすあか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました