ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

鼻先に一本の角を持つ草食恐竜で、大きさ5メートル程。名前はギリシア語で「一本の幹を持つ」という意味。

化石の特徴がセントロサウルスによく似ていることから「同種ではないか」との異見も出されたらしいが、「えりかざりに違いがあるじゃないか」ということで一応独立種として命名された(ちなみにコイツの名付け親はエドワード・D・コープ。エラスモサウルスとかカマラサウルスとかを付けた人)。
 
しかしたくさんの化石が見つかっているセントロサウルスに対してコイツのものといえる化石はかなり少なく、しかもコープは手柄を焦ったためか、化石が不完全な状態で命名してしまったのである。
※これと同じようなことを彼のライバルの「オスニエル・C・マーシュ」もやっている。とある化石にアパトサウルスと名付けて新種発表した後、やっぱり手柄を焦って別の個体の化石に「ブロントサウルス」と名付けて発表。しかしこいつらは同種だということで「ブロントサウルス」はアパトサウルスに統合された……という事件がそれ。
しかしこっちは近年「やっぱり別の種類だった」ということでブロントサウルス名義が復活した。
 
とにかく、このせいで「うむ、確かにセントロサウルスとは別の種類だな!」と断言できるだけの証拠が非常に少なく、現在モノクロニウスという名前は厳しい状況にある。
 
鼻の上に一本の真っ直ぐな角を持ち、皮膚は多角形の骨盤で装飾されていた。

創作作品では

トリケラトプスから角二本を抜いたかのような特徴的な容姿から知名度はそこそこあり、彼をモチーフにしたキャラクターもそれなりの数が存在する。

モノクロモン


モノクロニウスをモチーフとしたモノクロモンが登場。ご丁寧に体色までモノクロである。
進化すると全身が真っ赤に染まったヴァーミリモンになる。
おそらくPixivユーザーに一番馴染み深いモノクロニウスモチーフのキャラクターなのではないだろうか。

操作可能の恐竜の一体として登場。

第6話に怪獣モノラ、第7話に怪獣モロロとして登場。


関連タグ

恐竜 角竜

関連記事

親記事

ケラトプス科 けらとぷすか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モノクロニウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499

コメント