ピクシブ百科事典

スティギモロク

すてぃぎもろく

白亜紀後期のアメリカに生息した堅頭竜の一種である。現在、近縁のパキケファロサウルスと同一種ではないかで意見が分かれている。

概要

近縁のパキケファロサウルスと同じ白亜紀末期のアメリカで化石が発見されており、全長は3メートルほど。
属名は、その角が古代中東で神と称えられ後に悪魔に貶められた魔神「モロク」を彷彿とさせたことと、化石の発掘されたヘルクリーク(地獄の川)層をギリシャ神話三途の川「ステュクス」にかけて、「三途の川の悪魔」という意味である。
46センチの頭骨には、他の堅頭竜とは異なって、比較的小さく側面にかけてやや平らで梨型をしたドームがあった。さらに頭部の周りに生えた角も、近縁種に比べて長く精巧であった。この角は、単にディスプレイのためだとする説や、鹿などのように突き合わせて戦うための武器だったとする説があるもののはっきりしていない。

近年の研究から、本種と近縁種ドラコレックスは幼体の化石しか見つかっていないことから、成長途中のパキケファロサウルスに過ぎないという説が濃厚となっている。

映画ではディズニーの『ダイナソー』に脇役として登場している。また、漫画『現存!古代生物史パッキー』にも本種がモデルのスティギーが登場する。
恐竜映画では屈指の人気を誇る『ジュラシック・パーク』シリーズ第5作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』では常連だったパキケファロサウルスを差し置いて登場、大活躍した。

関連タグ

恐竜 パキケファロサウルス科

pixivに投稿された作品 pixivで「スティギモロク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3338

コメント