ピクシブ百科事典

トロサウルス

とろさうるす

白亜紀後期の北米に生息した大型の角竜。
目次[非表示]

概要

全長9m、推定体重7t以上にもなる、非常に大型の角竜である。現在2種が有効とされており、模式種のT.ラトゥスがアメリカ合衆国・モンタナ州やサウスダコタ州、ワイオミング州から、もう一つの種であるT.ユタエンシスがユタ州から見つかっている。他にも、トロサウルスらしき化石はアメリカのコロラド州やテキサス州、ニューメキシコ州、カナダのアルバータ州やサスカチュワン州からも見つかっている。
角竜の中でもひときわ長く伸びたフリルの縁にはあまり目立たない突起が並んでいる。フリルを含めた頭骨の長さは最大の個体で2.9mに達し、陸生動物の中では最大級とされている。
T.ラトゥスはトリケラトプスと同じ地層から見つかるが、数は圧倒的に少ない。化石は、ほとんどが頭骨に限られている。

トロサウルスはトリケラトプスなのか?

トロサウルスをトリケラトプスの老齢個体とする説が最近提唱された。
ネット上を「トリケラトプスが教科書から消える!」というセンセーショナルな話題が駆け巡ったことは記憶に新しい。これは完全な誤解であり、消えるとしたらトロサウルスの方である。(トリケラトプスの命名の方が2年早かったため。大体、論文のタイトルが「Torosaurus Marsh, 1891, is Triceratops Marsh, 1889 (Ceratopsidae: Chasmosaurinae): synonymy through ontogeny .」である。)
インパクトの大きかったこの説だが、あまり学会での評判はよろしくない模様。上の説では「トロサウルスの化石は全て老齢個体」とされているが、何だかんだでトロサウルスの亜成体(成長の止まりきっていない、若い大人。高校生くらいのイメージ)がいくつか見つかっていたりする。目下、否定意見の方が強いようだ。

関連タグ

角竜 カスモサウルス トリケラトプス

pixivに投稿された作品 pixivで「トロサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3453

コメント