ピクシブ百科事典

ミモオラペルタ

みもおらぺるた

ジュラ紀後期の北アメリカに生息していた小型の植物食恐竜。

概要

全長2.7mほどの小型の鎧竜で、名前は「ミガットとムーア(発見者の夫婦2組)の盾」から来ている。盾というより鎧だが。
 
ほとんどが白亜紀に生きていた鎧竜類の中では最も古く、ノドサウルスに近かった。
しかし既にかなりの防御力を持っていたようで、にはが、装甲用のが、尻尾の先には小さな骨のかたまりがあった。見つかった化石はバラバラだったので、水たまりか沼のにはまり溺死したあとで肉食恐竜に食べられたと見られている。

関連項目

恐竜 鎧竜 ノドサウルス

関連記事

親記事

ノドサウルス のどさうるす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミモオラペルタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280

コメント