ピクシブ百科事典

カメーバ

かめーば

東宝の特撮映画「ゲソラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」に登場した怪獣。それ以降の東宝特撮映画にもたびたび出演している。
目次[非表示]

データ

身長20メートル
体重2万8千トン


概要

無人宇宙船ヘリオス7号に付着していた宇宙生物が、
セルジオ島原産のであるマタマタガメに付着して怪獣化したもの。

怪獣というよりは巨大生物に近く、口から火炎を吐くような能力はない。
普段は甲羅へ引っ込めている首を伸ばすことができ、それを利用して敵を投げ上げる事が可能。
寄生している宇宙生物は超音波を浴びると死滅してしまう為、コウモリを恐れる。

出現直後に主人公の工藤とヒロインのアヤ子を襲撃したが、二人が偶然逃げ込んだ谷間の洞窟にコウモリが生息していたため、一時撤退した。

その後、宇宙生物に寄生された人間・小畑が洞窟内に火を放つと再出現。二匹目のガニメと共に島民たちを襲うが、アヤ子の説得により正気を取り戻した小畑が洞窟からコウモリを解放。コウモリに集られたことで超音波を浴びて宇宙生物が死滅してしまう。結果、思考能力を喪失し、怪物としての本能のままにガニメと同士討ちを行った末、火山の噴火口へ落下して死亡した。

他作品への客演

行け!ゴッドマン』でのカメーバ

まさかのTV出演を果たしたが、着ぐるみの劣化が激しく、おまけに下顎が取れているため非常に痛々しい。動きづらい着ぐるみのせいで一方的にゴッドマンに攻撃され、僅か3日で海へ逃げ去った(他の怪獣は倒されるまで6日要することが多い)。

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』でのカメーバ

ゲゾラガニメを差し置いてゴジラシリーズ登場を果たす……死体として

劇中の登場シーンは頭部に巨大な爪で引っ掻いたような傷跡のある死骸が九十九里浜に打ち上げられていた(作中では海中を移動中にゴジラに襲われたものと推測されている)シーンのみ。生前の様子は描写されていない。1972年と1987年にも発見されているらしく、書籍などでは2代目カメーバとも表記されている。発見者は『決戦!南海の大怪獣』に登場した宮博士と言及されているが、本作に登場した個体と宇宙生物の関係性は不明。また、登場人物の秋葉からは名前に対して「もう少しマシな命名の仕方は無かったのか」とツッコまれている。

誰も知らない戦い
ゴジラ対カメーバ



GODZILLA(アニメ映画)』でのカメーバ

劇中には登場していないが、前史設定では2002年にフィリピンに現れたとされている。前日譚小説『怪獣黙示録』では、グアムに出現した二匹目の個体(カメーバⅡ)がバンカーバスターの直撃をも防ぐ甲羅を持っていた事が語られたほか、大戸島近海でゴジラに倒されたと思しき四匹目(カメーバⅣ)の死骸が登場した。しかし、このカメーバⅣは「カメーバの近似種と思われる亀型の怪獣」だったらしく、体長が60mもあるうえに右前脚が欠損していた……本当にカメーバだったのだろうか?

ガメラ?


余談

特撮番組『ゴジラアイランド』の主題歌、「ゴジラのテーマ」の歌詞の中でカマキラスビオランテと共に省かれている。
この曲は、映画などで流れるゴジラのテーマにゴジラ怪獣東宝怪獣を加えた歌詞をつけたものだが、ゲゾラガニメは歌われているのにカメーバだけいない。(ちなみに、ゲゾラ、ガニメと来て次に歌われた怪獣はショッキラス。)
また、ゲームボーイのゲーム『怪獣王ゴジラ』でも同様にカメーバだけ登場しない

ちなみに、カメーバが形だけにしろ復活したのとバラゴンが土地神として復活したのは、共に33年ぶりであった。ゴジラと対決したのも同じ。また、同作では当初は怪獣サイズのリオプレウロドンが漂着する予定だった。実現していれば、大海蛇大コンドル大ダコなどの仲間入りをしていたかもしれない。

関連イラスト

カメーバ
カメーバ‐「決戦!南海の大怪獣」より‐



関連タグ

東宝 怪獣 東宝特撮 
ゲゾラ ガニメ
ガメラ - 会社は違うが、同じく亀の怪獣である。
ゴジラ・ザ・シリーズ - カメーバとガメラとアンギラスを合わせた様な姿の強豪怪獣「ジャイアントタートル」が登場している。ゴジラの嫁と卵の命を奪った仇敵である。

pixivに投稿された作品 pixivで「カメーバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23975

コメント