ピクシブ百科事典

ガニメ

がにめ

東宝制作の特撮映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣」に登場するカニの怪獣。
目次[非表示]

データ

身長20メートル
体重1万2千トン

スーツアクター:中島春雄

概要

宇宙生物がセルジオ島近海に生息するカニ、カルイシガニに憑依して誕生した怪獣。
銃火器を弾き返すほど強固な甲羅を持つ。主な武器は両手の巨大な
感情が昂ると口からを吹く。
寄生している宇宙生物が超音波に弱い為、コウモリを恐れる。

劇中では2体登場し、1体目は人間に倒されたが2体目はカメーバと戦った。

劇中での行動

1体目は突如海中から出現。小銃がある程度効いていたゲゾラとは異なり、機関銃ダイナマイトすら通用しない甲羅を活かして島を蹂躙し、巨大な鋏を振り回して島民に襲い掛かった。主人公の工藤太郎とヒロインの星野アヤ子を山上まで追いかけまわしたが、小銃による狙撃で眼球を潰され、視力を失って崖下に転落。太郎が機転を利かせて付近の弾薬庫に着火したことで誘爆に巻き込まれて爆死した。
しかし、憑依していた宇宙生物が別のカルイシガニに取り付いたことで2体目が出現。
同時期に現れたカメーバと共に島民を襲ったが、コウモリの超音波によって宇宙生物が死滅して発狂、カメーバと同士討ちを繰り広げた末に島の火山の噴火口に転落して死滅した。

余談

関連タグ

東宝怪獣 ゲゾラ カメーバ

関連記事

親記事

東宝怪獣 とうほうかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガニメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19899

コメント