ピクシブ百科事典

ショッキラス

しょっきらす

ゴジラに登場したトラウマ生物
目次[非表示]

データ

身長:1メートル
体重:45キロ


ゴジラ寄生していたフナムシが放射性物質の影響で突然変異を起こした生物ゴジラシリーズの生物ではデストロイア(微小態)を除けば一番小さい怪獣である。
フナムシのくせに吸血性であり、人間に襲いかかって体液を残らず吸いつくしミイラにしてしまう。
見た目に反して動きは俊敏であり、人間の身長ぐらいまでの高さならジャンプ可能。歩く時は謎の白い液体を撒き散らす。背中が刺さったり、包丁を刺されたぐらいでは死なず、前期の状況でで背中をざっくり刺されてやっと死んだぐらいと生命力もゴキブリ並に高い。

劇中では一匹しか登場していないが、設定上では4~5匹程で大黒島周辺を航行していた漁船「第五八幡丸」を襲撃し、船員一人(本作の主要人物の1人である奥村宏)を残してミイラにしてしまった。船内には鉈や銛を装備していたミイラが何体か転がっていたので、相当激しい戦いになったと思われる。

背中に銛の刺さった個体だけしか描写がないので、残りの個体は船員と相打ちになったのか、新たな獲物を求めてに入ったのかは不明。

余談

  • 初期稿および小説版では、ショッキラスの群れが漁村を襲撃する描写がある。また、アメリカ公開版では日本の海岸にショッキラスの死骸が漂着したことが語られている。
  • もともとはフナムシではなく、ゴジラの体に寄生しているダニという設定であった。また、「ゴジラに寄生する生物」という案自体はこれより前から存在していたとのこと。ちなみに「東宝特撮未発表資料アーカイヴ」にも収録された没企画「ゴジラの花嫁」には「ゴジラに寄生した巨大ノミ」が登場する。
  • 作中では「フナムシの化け物」とか「巨大フナムシ」としか呼ばれず、ショッキラスはあくまで設定上の名称である。


関連タグ

ゴジラシリーズ
84ゴジラ
ゴジラ怪獣
みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「ショッキラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20600

コメント