ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:木村良平

概要

ポケモンマスターズに登場するキャラクター。

WPM出場を目指しており、全うな正義感を持つ優等生

バディーズはイワンコ


WPM編2第2章で初登場し、ジュンとともにブレイク団を追いかけたところで出会う。彼もブレイク団を追いかけていて、撃退後WPMに出場するための仲間探しのヒントなどを教えてくれる。


ブレイク団に一人で勇敢に立ち向かうなど正義感が強く熱い少年。悪の組織編から登場する幼なじみのリッカからは「フェアで親切」「真面目すぎる」と評している。


最初は嫌味なライバルキャラだったライヤーが精神的に成長して仲間との協力を覚えていくのとは対照的に、色々一人で抱え込みはじめ…


プレイアブル化

  • メインストーリーの事情からリッカと共に未実装であったが、2023年9月4日にようやくプレイアブル実装がされた。

  • 最大3回BC加速が可能なスピード型で、シンクロ技で味方全員の4種能力を最大4段階上げる事が可能。

関連タグ

ポケモンマスターズ ライバル(ポケモン)

ケイ ユイ リッカ


メインストーリーでの活躍(ネタバレ注意)

WPM編

  • 決勝トーナメント第2回戦でウルップとガンピと共に本人にとって理想のチーム(実際、2人はカロス最後のジムリーダーと四天王である)を組んで主人公チームと対決するも敗北。理想のチームで全力を出してなお俺に勝てなかったことから自分の理想に思い悩みはじめる。

悪の組織編

  • 道中でロケット団のしたっぱに勧誘されたり、ロケット団のサカキから何らかの期待を込めたような視線を送られたり、ギンガ団ボスのアカギの「心があるから判断を間違える」という言葉に何かを感じ取ったり、マツブサとアオギリの関係を自分と主人公に置き換えたりしていたが………

キリヤ編

  • 彼とリッカは、幼い頃に野生のミニリュウを隠れながら育てていたが、悪い人間に見つかってしまい捕獲されたという過去があり、キリヤはそれ以来心に傷を負って「誰も失いたくない」という想いを抱くようになる。


  • ライヤーのフーパは今のキリヤをWPM編までのライヤーと重ねたからか、付いてくるようになる。

  • 強さに固執するがあまり大切なものを見失った経験のあるグリーン・チェレン・ライヤーの3人は彼のことを非常に心配していたが、ロケット団の騒動のせいとプラズマ団の暗躍によりリッカがダークトリニティに拐われてしまい、フーパと共にプラズマ団の拠点へと連れていかれる。

  • プラズマ団の拠点でダークトリニティを倒すがさすがにゲーチスのキュレム相手には叶わず自らのレンタルポケモン達が倒れてしまう。しかし、イワンコがボールから飛び出して自らの指示を無視してキュレムに立ち向かう。だが、そのイワンコの諦めない姿に自身の野望を阻止しようとする彼・彼女らと重ね激昂したゲーチスがキュレムに攻撃を指示した直後、何故かイワンコが姿を消してしまう。


  • 「奪われる悲しみを終わらせる」為、彼は「最後の悪」になる事をリッカに告げ、ときはなたれしフーパと共にどこかへと行ってしまう。

悪の組織・最終章

  • ブレイク団を従え、他の悪の組織に対して行きすぎた正義を執行。しかし、彼はブレイク団を利用してるに過ぎず、パシオにいる全ての悪の組織を滅ぼした後は「最後の悪」として主人公達に討たれる事を望んでいた。

  • ロケット団と全面抗争にまで発展するが、フーパは本能のままに暴走してる状態である為にミュウツーすら手懐けるサカキがフーパを手懐けてしまったうえに、ブレイク団にも手のひらを返されてロケット団へと付いていってしまう。その結果、フーパとフーパが呼び出す伝説のポケモンを利用してロケット団がパシオを侵略し、ジムリーダーやチャンピオン達すら苦戦する事態にまで悪化する。

  • ポケモンセンターで失意と後悔に暮れていたが、オーキド博士やリッカの説得・叱咤を受けた事、実はフーパによって逃されて生きていたイワンコと再会(それでも重傷であったらしく、サクサから「もう少し処置が遅れていたら大変だった」との事)し、フーパを止めるべく立ち上がる。



ネタバレ関連タグ





  • グリーン初代FRLGをプレイした人ならご存じだろうが、当時の彼は強さに拘っていた時期がある初代ライバル。実際、メインストーリーでもキリヤを止めようとしたり、祖父であるオーキドも彼を説得する際には初代時代のグリーンを思い浮かべていた。

  • チェレン:当初は典型的な上昇志向的で「強さこそ全て」という考えをもち、主人公に負け続けていくうちに自身の強さに葛藤し苦悩するようになるも最終的にポケモンバトルは勝敗だけではないと改心し、自分の弱さを素直に受け入れるようになる。ただし、漫画版ポケットモンスターSPECIALではNのような圧倒的な強さが欲しいと願っていた事を実感して冷徹に振る舞う様になり、最初のポケモンでパートナーであるはずのツタージャも育てなくなるという一時闇堕ちした事がある。

  • シルバー:「強さこそが全て」という信念の持ち主であったライバル。ただし逆にある人物からポケモンを盗んでいる。

  • スワマ:同上(ポケモンを盗んだ事があるのもシルバーと共通)。かつてのチェレンやシルバー以上にポケモンを酷使しており、最後まで改心しなかった。

  • ミツル:どちらかというと廃人化した疑惑がある。ただしチェレン、シルバー、ビートがクリア後には既に丸くなっている中で、彼は殿堂入り後に人外が変化している(飽くまで疑惑なので本当に捻れたかは不明)。

  • ヒュウ:BW2本編から5年前、幼いが故に亡き祖父が妹へとあげたポケモンをプラズマ団によって盗られたという悲しき過去を持つライバル。

  • ホップ:中盤において、敗北と兄への想いから手持ちを替える・相棒であるウールーを外すなど迷走していたライバル。

  • ビートローズの期待に応えたいという思いとそんな彼に選ばれた者だという自尊心が暴走したが、最終的にピンク堕ちしたライバル。


関連記事

親記事

ポケモンマスターズ ぽけもんますたーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77802

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました