ピクシブ百科事典

ときはなたれしフーパ

ときはなたれしふーぱ

第6世代2体目の幻のポケモンで、フーパのもう一つの姿。
目次[非表示]

基礎データ

<
全国図鑑No.720
ぶんるいまじんポケモン
タイプエスパー/あく
たかさ6.5m
おもさ490.0kg
とくせいマジシャン


概要

第6世代初登場の幻のポケモン・フーパ
しかしあの可愛らしい姿は「いましめられしフーパ」と呼ばれる封印形態であり、その真の姿は魔神と形容していいものであった…。
どこから生まれ、どこから来たのか、その経緯は謎に包まれている。
分類の「まじん」とは、魔神、魔人、マジ(シャ)ン、(空)間(をつなぐ)神/ジン、とも捉えられる。
映画公式サイトなどでは「超フーパ」とも呼ばれている。映画での声優は山寺宏一

フーパがフォルムチェンジした形態。
変化前と比べると高さは13倍・重さは実に50倍以上と言う超絶巨大化を遂げてしまった。
身体はその全長に違わぬ屈強なものに変化し、腕も6本に増加している。
なお、第六世代までは、人型の体格をしているポケモンでは最大のサイズを誇る。何と人型最大だったゴルーグ2倍以上もある。ただし、第七世代では更なる化け物が出現した。それだけでなく、(実際は8肢だが)四肢があるポケモンとしても最大級である。

レイマンのように腕の間接などが存在せず、ファランクスのような動きを行う。腕と付随するリングは6つずつ。モチーフはおそらく「ランプの魔神」で、竜人のような顔や尻尾だけでなく、アゴヒゲや立派な歯列、「靴」のような足という点でも珍しい。爪はどことなくマニュキアっぽさがあり、髪型がある、装飾品を付けているなど、かなり洒落たポケモンでもある。

また、分類も「いたずらポケモン」から「まじんポケモン」に変化している。
フォルムチェンジによって分類まで変わってしまうポケモンはとなる。
なお、特性は引き続き「マジシャン」。

杉森氏いわく、「姿が変わるポケモン史上もっとも落差を意識しました」とのこと。

フォルムチェンジの方法は、劇場で入手できるフーパをホウエン地方のフレンドリィショップに連れて行く事でもらえるいましめのツボを使用するだけと言う簡単なもの。
但しフォルムチェンジできるのは何とリアルで3日間。そして元に戻ったらまたツボが使えると言う形になっている。また、シェイミ同様パソコンに預ける事でもFCが解ける。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
801606017013080

タイプはゴーストがあくに変化し、マーイーカカラマネロと同様のエスパー・あくタイプとなる。
ただこのタイプの組み合わせは耐性がかなり悪いのが気がかり。

戒められているフーパの時点で何かおかしい数値になっていたが、力が解放されるとさらに狂った数値に変貌する
何と攻撃は+50され160・特攻は+20され170まで上昇する。ここまで来ると努力値を振らなくても相当な火力を出す事ができる。
非メガシンカでこれ程の数値を出せるのはフォルムチェンジ後のキュレム位であり、あちらはレシラムゼクロムも必要なので単品でここまで出せるのはフーパ一匹だけである。

素早さも+10され80になるが耐久面はそのまま。こんなにでかくなったのに…。
特に低い物理耐久がそのままなのは痛い(壺のような胴体を見ていると、中身がスカスカで脆いのかもしれない)。が、攻撃面の数値がおかしいので防御重視の努力値振りも一手であろう。ただ下記の専用技で防御は落ちていく為難しいところか。

専用技としていじげんラッシュが存在する。詳しくはページ参照。
なお、フーパは形態によってレベル習得できる技が変化する。
いじげんホールは戒められた姿専用の技だが、いじげんラッシュとの両立は可能である。
両方とも相手の守りを許さない強力な技。能力値的に両刀自体は十分可能なので揃えてしまっても問題ないだろう。

映画『光輪の超魔神フーパ

フーパ本来の姿(ときはなたれしすがた)、及びいましめのツボに封じられていた力が暴走して実体化した『フーパの影』の姿として登場。
ハガネールを片手で楽々と投げ飛ばし、ビルを「ねじ切って」投げ付けるなど、その身に違わぬパワーを見せている。

使用する技はあくのはどういじげんラッシュサイコキネシスシャドーボール

詳細はフーパ参照。

余談

中の人的に、劇場版での振る舞いは某ランプの精霊っぽかった。巨大ながら無邪気すぎるなど、ある意味不気味でもある。

関連イラスト

Unbound Hoopa
超魔神



大分仲が悪そう

フーパルキア



違和感仕事しろ

封印されし…



関連タグ

ポケモン

pixivに投稿された作品 pixivで「ときはなたれしフーパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184191

コメント