ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ギャラリーの みんなァ!
クララ中毒 服毒 注意!」

概要

ポケットモンスター・ソード・限定で登場するライバルキャラ。
どくタイプのポケモンを得意とし、マスター道場で修行に励む女性トレーナー。プレイヤーもショップで購入可能な毒系ユニフォームを独自のスタイルで身に纏い、自分のジムとスタジアムを持つために日夜修行に励んでいる。

背番号は「881」。毒の危険性を表す『ヤバい』だと思われる。

名前の由来は恐らくマメ亜科の多年草である「眩草(くららぐさ)」。毒トレーナーの例に漏れず元ネタも有毒である。髪飾りのデザインはドクケイルに類似しているが、色合いは異なりを基調としている。

なお、化粧が色々と凄いことになっているが、実年齢は不明である。

主人公とはブラッシータウンの駅構内で邂逅。本島に居ないガラルヤドンが列車に紛れて駅の道を塞いだ事が問題になり、それに立ち会った後旅立っている。

人物・作中での活躍

人気者への憧れから「かわいい」の追求に余念がなく、計算高さを武器に、いつも笑顔で過ごしている。カタカナの小さな母音を末尾に付ける特徴的な喋り方をする。胸もやたら大きい

クララ


その本性はかなりの腹黒で、時折ヤンキーっぽい独り言を口走るなど、そこそこ口も悪い。ボールを投げる前には上記イラストのように指でボールを押さえつける仕草をする。

元はインディーズでアイドル活動をしていたが、デビュー曲「クララにクラクラァ」のCD売り上げがたったの8枚に終わり、こっぴどい挫折をしたことから、ジムトレーナーとしての道を進むようになった。

なお、彼女が毒タイプ使いを志した理由は、「自分のイメージとマッチしていたから」に加え、「ライバル(需要)が少なそうで楽にトップを取れると思ったから」という、ガラル地方の歴代毒使い達に謝るべき不純なものである。

それ故か、ガラルに存在する本来の毒ジム(マイナーリーグ)での修行にたった2日で音を上げてしまい、楽に修行できそうな場所としてマスタードの元へ行き着いたという。

しかし、主人公と出会ったことで自身の立場に危機感を覚え、最後のバトルでは勝ちたいがためにフィールドにあらかじめどくびしを撒いておく(しかも猛毒になるため二重に撒いてある徹底ぶり)という不正を働いていた。

敗北後は、そんな事をしてまで勝てなかった自身に嫌気が差し、道場から破門される未来も潔く受け入れようとした。だが、事前に不正を見抜いていたマスタードは彼女を優しく諭し、「1人で道場のポケモンの世話を6か月する」という、厳しくも温情ある罰を与えた(曰く「心も一緒に強くなっていこう」とのこと)。

これらの経緯もあってか、漸く精神面にも前進が見られる様になり、次第に真剣に修行に取り組むようになっていった。もしかしたら小狡い性格も、そうでなくてはやっていけなかったアイドル時代に起因するものなのかもしれない。

通常リーグカードは自撮り写真を使用している。ぱっと見は女の子らしい仕上がりだが、よく見ると加工のしすぎで背景のヤドランガラルヤドラン)が歪んでおり、早速プレイヤーからネタ扱いされることに。
一方、レアリーグカードは鍛錬に打ち込むすっぴんの彼女の姿。ただし、素顔はパックをしているため見えない。

色んな意味で完全な腹黒になりきれていない面や、顔芸の多さから早くも愛嬌を見出すファンも少なくはなく、毒のある面も悪印象というより一種のスパイスになっているようだ(配信前から「黒い面があるに違いない」と予想する人が多かったことも一因か)。
その為、親しみを込めて「クララ先輩」や更に砕けてパイセンという呼ぶファンも少なくはない。

条件を満たすとヨロイ島内でのマックスレイドバトルに助っ人としてガラルヤドランと共に駆け付けてくれることがある。フルアタ構成なので確実にバリアを削ってくれる。時々「きあいだま」を外すのはご愛敬。
剣版のレイドに招待されれば、盾版のプレイヤーでも運が良ければ助っ人としてやってきたクララに会えることがある(これは対になるセイボリーにも言えることであるが)。

その後、「冠の雪原」のガラルスタートーナメントで、(マイナークラスではあるが)毒タイプのジムリーダーになれた事が明かされ、肩書きもポケモントレーナーからジムリーダーに変わる。

師匠であるマスタードのことはとても慕っており、マスタードの人柄もあって仲は良い様子。

研究のため道場に来ていた経緯で仲良くなったのかホップにとても懐いており、「ホップきゅん」という独特の呼び方をする。
新人ジムリーダーであるマリィのことは「マリィせんぱい」と呼び先輩として敬っている一方、同じく新人ジムリーダーであるビートのことは「ビートくん」と呼んでいる(なおビートからは若干の苦手意識を持たれている様子)。
人気者に憧れているためか、トーナメントでタッグを組んだマクワに媚びたりしていた。

手持ちポケモン

1回目~3回目のバトルでは、殿堂入りしているかどうかでレベルが変わる。前述通り、3回目のバトルではプレイヤーの場にどくびし(2段階)が設置された状態でバトル開始となる。

1回目 / 一礼野原


2回目 / 慣らしの洞穴


3回目 / バトルコート


バトルコート

鍋底砂漠でクララのレアリーグカード入手後、マスター道場にいるクララに話しかけると、1日1回バトルできる。


ガラルスタートーナメント

タッグバトルの対戦相手またはパートナーとして登場


バトルコート(ガラルスタートーナメント初回挑戦後)

ガラルスタートーナメント初回挑戦後、マスター道場で対戦時の手持ちポケモンが強化される。

  • ガラルヤドキング♀ Lv.68
  • ドラピオン♀ Lv.68
  • ガラルマタドガス♂ Lv.68
  • ペンドラー♀ LV.69
  • ガラルヤドラン♀ Lv.70(ダイマックス)

アニポケ

薄明の翼

CV:石川由依マリィと兼ね役。クレジットには記載がないが、担当声優のTwitterにて判明)

「EXPANSION~星の祭~」で登場。集中の森で籠を背負ってダイキノコ探しをしていたが、間違えてモロバレルを発見。その後、ダンデマスタードの模擬戦で起こった衝撃の余波で驚いていた。

また、ガラルスタートーナメントにも招かれており、多くの参加トレーナーに混ざって、ゲームのバトル開始時と同じ「クルっと回ってボールを押さえる」ポーズをしていた。

新無印

現時点では未登場。サトシらとはどのように出会うのかも未だ不明である。

余談(フォロー?)

確かにジムリーダーを目指す動機は一見、不純に見えるが、歴代の毒タイプエキスパートたちはたったの4人であり、しかも、そのうち1人は公職に就いていない一般トレーナーであるため、「ライバルが少なそう」という彼女の分析自体は、それほど的外れではない(しかし「ライバル」というのはあくまでガラル地方でのジム制度内によるものであるため、他地方でのライバルが少ないという事実が参考になるとは限らないが…)。

かつ、ライバルの少ない道を選ぶのは戦略としてはかなり理に適っており、アイドル時代の苦い経験が活きていると言える。鍛錬に明け暮れる姿を見るに、これも彼女なりの努力の方法なのだろう。

しかし他地方の毒使いトレーナーには人気バンドのヴォーカルとジムリーダーを兼業しているトレーナーや、ジムリーダーである父の跡を継ぎ幼い頃から厳しい修業に明け暮れる根っからの努力家で素直な良い子だったりとクララのコンプレックスを刺激するような正反対のキャラクターばかりである。
(ちなみに『ポケモンマスターズ』では上記の2人が「ガラル地方のヨロイ島にはどくタイプが得意な女の子トレーナーが修業をしているらしい」という話で盛り上がっており、「いつか2人で道場破りなんて楽しいかも」とまで話していた)

こうした分析力や戦略性、勝利への執念はポケモントレーナーに求められる能力であるので、彼女はアイドルよりもポケモントレーナー向きの人間だったのだと思われる。事実、最終メンバーにはエスパー無効のドラピオン・地面無効のガラルマタドガスが含まれており、「毒統一パーティでありながら弱点が一貫していない」など構成も考えられている。秘めたる才を持つ彼女ならば、トップに登り詰めるのも遠い夢ではないだろう。

また、エキセントリックで物騒な発言の数々のせいで目立たないが、「アイドルになるという夢をどうにもならない現実の前に叩き潰された」という強い挫折の過去を持つためか、彼女は根本的な所で「自分よりも輝かしい才能を持つ誰かと競い合いをすることそのもの」を恐れていた節がある。

事実、自分よりも遥かに才能を持つ主人公と出会った直後のバトル後、彼女はどうやったら競わないで今の立場を保てるかということしか頭になく、その結果として「道場は厳しいから止めた方がいい」と脅しつつ「帰ってしまったのかも」というすぐバレる嘘を付いていた。

間違いなく自信家ではあるのだろうが、1~2戦目の際に弱点技を受けた時の主人公を才覚を羨んで妬んで煽り散らすような反応や、二戦目で最後の1匹まで追い詰めたときの「また負けちゃうの?やっぱりうちはダメなの…?」という弱々しい発言などから察するに、根本的な所で「自分は非才な凡人であり、才能を持つ人間には勝てないんだ」という諦めが滲み出ており、それ故に前に進めない人間だと分かる。

なお、本当に後が無くなった最終戦では弱点を突かれてビビった表情を見せるものの、それでも諦めずに自分のポケモンにエールを送ったり、最後の1匹になっても「ぜってぇ 負けねえ! 最後の最後まで 喰らいつく!」と叫び、闘志を滾らせるようになっていく。恐らくこちらが彼女本来の性格なのだろう。

師であるマスタードはクララの事を、
「なまじセンスがある為に物事に本気で取り組んだことが無い」
「修行もテキトーにこなしていた」
と評しており、それをクリアすれば強くなれると見込んで辛抱強く手許においていた事を伺わせている。主人公の来訪によって追い詰められた事でクララが変わっていった事も、
「努力する才能がようやく花開いた」
と喜んでおり、最終戦での不正を温情ある罰で済ませたのも、クララの将来を見据えての事なのは間違いない。

道場内にはクララを一途に慕う門下生(なお一時期ホップに気持ちが揺らいでいたが最終的にクララ推しを貫く)もおり、最後の修業に感動してクララと(キラキラな目をした)ガラルヤドランがプリントされたTシャツ「アイラブクララTシャツ」まで自作している。しかし、本人に渡そうとした所「ゴミを見るかのような目で見られた」とのこと。

門下生「すごくいいデキなのに いったいどうしてッスかねー?」

pixivでの扱い

pixivではジムリーダーであるメロン同様にR-18のイラストが多い。

関連イラスト

クララさん
クララ


クララ
クララちゃん



関連タグ

ポケモン剣盾 鎧の孤島 マスター道場
残念な美人 どくタイプ

マスタード(トレーナー)
セイボリー(トレーナー)……シールド版における同じポジションのトレーナー
こうかはばつぐんだ!……戦闘中に弱点を連続で突くと「的確に弱点ついてさァ!効果バツグンマシーンかよ!」という特殊台詞が出る。ちなみに「効果バツグンマシーン」があの語録を思わせると評されることもあって、検索をかけるとだいたいR-18イラストが引っかかる。

似たようなトレーナー達

プルメリ……前作に登場した毒タイプ使いの先輩。何らかの挫折を味わっている点(厳密にいうと挫折したのは所属する集団だが)も共通し、ガラも悪いがクララと違い良識的である。
ホミカ……同じく毒使いでこちらはロックバンドのメンバー。口調は荒っぽいが内面はしっかりしている。
アンズ(トレーナー)……父親であるキョウの跡を継いだ毒使いジムリーダー。かなりの努力家で修業熱心。明るく素直で良い子でありクララとは正反対に見えるが、自分の力に自信が無いというところは少し似ているかもしれない。
ルチア(トレーナー)……現役アイドル。腹黒でぶりっ子気味なクララとは異なって、天然ながらも努力家な「善い子」である。
リュウキ(トレーナー)……ドラゴンタイプ専門だが、こちらも音楽と縁のあるトレーナーで雰囲気としてはホミカに近い。売れなかった時期があったものの引退したかどうかは未だに不明。また、リュウキもクララと同じくあく複合タイプのポケモン(ドラピオンジヘッド。ただし、ジヘッドはアニメ版限定。)がいる。
カベルネ……アニポケのオリジナルキャラクターでクララと同じく特定人物を自らライバル視する残念な美人。毒舌、目的の為には手段を選ばないところがある(クララはどくびしをバトル前に撒き、カベルネは詐称を数回行ったが、どちらも不発に終わった。)、メンバーにガラルのすがたが発見されたポケモンがいる(カベルネ側の該当ポケモンはいつものすがただが。)、挫折を経験している、前者5名に比べて顔芸が多い…と、多少の類似点が見られる。
オリーヴ(ポケモン)……クララと同じく剣盾から登場したキャラクター。メンバーにどく複合がいる(クララは全てのポケモン、オリーヴはエンニュート)、目的の為ならば手段を選ばないところがあったが最終的にかつての自分の起こした行いを反省する、クララにカベルネと同じく顔芸が多い残念な美人…と、共通する所がある。

その他

夢見りあむ……卑屈で胸が大きいピンク髪キャラ。クララが売れないアイドルなのに対し、りあむは現在進行形で大人気のアイドルであり、ソロ曲も貰っているという違いがある。

佐藤心……ぶりっ子と粗暴な発言を合わせて出してくるキャラ繋がり。りあむと同作品に登場することから共に「連想させるキャラ」として名を挙げられる。ただし、こちらは他人を妨害するようなことはせず、協調性も高いのでずっとまとも。また、彼女もソロ曲持ち

チエル……髪がピンク、更にリーグカードが彼女の公式絵の「左目を閉じ、右目を開いている。」と一致、更に独特の言語でしゃべるというカップ焼きそば現象

関連記事

親記事

鎧の孤島 よろいのことう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クララ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14461816

コメント