2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ホイーガ

ほいーが

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.544
ぶんるいまゆムカデポケモン
タイプむし / どく
たかさ1.2m
おもさ58.5kg
とくせいどくのトゲ / むしのしらせ / はやあし(旧夢特性) / かそく(新夢特性)


他言語版の名称

英語 Whirlipede
イタリア語Whirlipede
スペイン語Whirlipede
フランス語Scobolide
ドイツ語 Rollum


進化

フシデホイーガ(Lv22) → ペンドラー(Lv30)

ペンドラー一家



図鑑説明

ポケットモンスターブラック

かたい カラに まもられている。タイヤのように かいてんして てきに はげしく たいあたりする。

ポケットモンスターホワイト

ふだんは うごかないが おそわれると こうそく かいてんして はしりまわり たいあたりで はんげきするのだ。

概要

フシデがLv22になることで進化する姿。名前の由来はホイール(車輪)+イガ(またはシュティトノスナ・ストリーガ štitonosna strigaクロアチア語ゲジの仲間 Scutigera coleoptrata))と思われる。その割にあんまり刺々しいデザインというわけでも無い。
モチーフはダンゴムシだと思った人も少なくないであろうが、ダンゴムシにそっくりな丸まれるヤスデ『タマヤスデ』が元ネタである。
2回進化をする虫ポケモンの1進化といえばサナギ形態がお約束だが、ホイーガに関しては「まゆムカデポケモン」とはいうものの、本来ムカデには繭の時期など無く、ポケモン図鑑説明もやたらとアグレッシブであり、本当に繭と呼んで良いのか疑わしい。サナギラスも虫ポケでは無いのにサナギを名乗っていたり、ドラゴン系であるタツベイ繭に相当する時期があったりするのでそこまで気にすることでも無いのかもしれない。

見た目からしてフシデ族の中で一番ハードローラーする姿が連想されやすいと思われる。それにしても回転するときに触覚とか引っ掛かったりしないんだろうか。

ストーリーで出てきた場合は「てっぺき」を連打する上、迂闊に攻撃すると特性の「どくのトゲ」が刺さるので大変鬱陶しい。
強力な特殊アタッカーを用意しておきたい処である。

ちなみに進化後のペンドラーはBWとXYでは「てっぺき」を覚えないので、進化させるタイミングに注意。
BW2やORASでは教え技で、第七世代以降はレベル技で覚えるのでいつ進化させても良い。

対戦においては「しんかのきせき」込みで高い耐久を誇るため、ペンドラーと同じ様にかそくバトンで活躍…と言いたいところだが、ホイーガの時点では「バトンタッチ」を習得しない。残念。
しんかのきせき」か「くろいヘドロ」を持たせた耐久力と、特性「かそく」による素早さを活かし、「どくどく」や「どくびし」でダメージを稼ぐ戦術はそれなりの有用性を認められている。

主な使用トレーナー

アーティ / ジムリーダー(イッシュ)
ホミカ / ジムリーダー(イッシュ)

アーティさんと愉快な仲間たち
センシティブな作品



関連イラスト

ホイーガの おいうち!
【ポケナガ】 オクニとホイーガ



関連記事

ポケモン一覧 ポケモンBW
ウィリー:他ゲームのそっくりさん

関連記事

親記事

フシデ ふしで

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ホイーガ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ホイーガ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 325606

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました