ピクシブ百科事典

勝てばよかろうなのだァァァァッ!!

かてばよかろうなのだぁぁぁぁっ

カーズ様の邪悪さを象徴するセリフ。
目次[非表示]

概要

言わずと知れたカーズ様の名台詞。
リサリサは駆け引きによりジョセフ・ジョースターワムウと、自身はカーズと1VS1の勝負に持ち込む事に成功。
最終決戦でジョセフは大きく疲弊しながらもワムウを撃破する事に成功し、今度はリサリサがカーズとの一騎打ちを繰り広げる…はずだった。

しかしカーズは端から正々堂々と戦う気は無く、自身の影武者と戦わせ、その隙をついて背後からリサリサの急所を刺し戦闘不能に。疲弊したジョセフを追い込み、一気に状況を圧倒的優位に持ち込んだ。
「勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」とはこの時のセリフであり、その他にも重体となったリサリサをエアギターに見立ててウィンウィンしジョセフを挑発している。

その卑劣ぶりはジョセフに「カーズ!てめーの根性はッ! 畑にすてられ カビがはえて ハエもたからねー カボチャみてえにくさりきってやがるぜーーッ!!」とまで罵らせたほど。さらに「そしてその行為は仲間であったワムウの「意志」をも裏切ったんだッーッ!!」とも批判している。

目的のためには手段は選ばず、結果そのものを最重視するジョジョ各部のラスボスの特徴を示す台詞でもあり(「過程や…!方法なぞ…!どうでもよいのだァーッ!」と承太郎に血の目潰しをかけたDIO、その思想を体現したかのようなスタンド「キング・クリムゾン」を持つディアボロなど)、「恐怖を乗り越える勇気」「真実に向かおうとする意志」といった「結果に至るための過程」を尊重する「人間賛歌」とは相反する思想だといえる。

また、この台詞のインパクトの強さのせいで、カーズに対して「卑怯者」「姑息」というイメージを抱いてしまう読者は多い(ただ、DIOを始めとするジョジョのラスボス達にある意味共通している部分でもあり、この「姑息さ」こそが作者である荒木先生の定義するところの「悪」の本質なのかもしれない)。
もちろん、究極生命体になってからもワムウやエシディシの仇(さりげなくサンタナだけが省られているのは内緒)としてジョセフを狙うなど、先述したような仲間思いな点もあるのだが…。

そのうち考えるのをやめた

カーズのもう一つの有名なシーンの一つにこれがある。詳細はリンク先を参照。

関連タグ

戦闘潮流 柱の男 吐き気を催す邪悪 騙し討ち ウィンウィン

pixivに投稿された作品 pixivで「勝てばよかろうなのだァァァァッ!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81

コメント